FC2ブログ










アムネスティが中国政府の人権状況改善公約不履行を非難 

 こういう情報を見つけたので、思わずお持ち帰りで保存。

 アムネスティ・インターナショナル・ジャパンで、2008年7月28日(香港時間29日)付の「アムネスティ発表国際ニュース」で、「中国 : 中国政府が公約に反しオリンピックの遺産を危機に」。

 同記事冒頭より、

中国政府は人権状況を改善するという同国の公約を破りオリンピックの本質的価値に背いたと、オリンピック開幕まで10日を数えるのみとなった本日、アムネスティ・インターナショナルは報告書を発表し批判した。

「人権について訴える人びとを起訴し処罰し続けることによって、中国政府は、オリンピック招致が決まった7年前に自ら表明した多くの約束を反故にしてきた」と、アムネスティのアジア太平洋部副部長ロジーン・ライフは香港での記者会見で語った。

「中国政府はオリンピックの遺産を傷つけようとしている。政府は、すべての平和的な活動家を釈放し、国内外のジャーナリストに自由な報道を許可し、また、死刑廃止に向けてさらなる前進を遂げなければならない」。
(中略)
オリンピック開催に備え、中国政府が世界に向けて発信したい「安定」と「調和」のイメージを脅かす危険があると見なした個人を、拘禁し、自宅軟禁下に置き、そして強制的に排除してきた。

中国国内で人権問題に取り組む活動家やジャーナリストが、オリンピック期間中に特に人権侵害を受ける危険に晒されていると、アムネスティ・インターナショナルは考えている。(後略)


スポンサーサイト



[ 2008/08/03 14:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター