スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「碧血剣」で一番気になるシーン 

 頻繁に閲覧に行くブログって、当然、自分のほしい情報があるから覗きに行くわけだけど、その情報の方向性によっては、ある種の困ったことが発生する。

 私がよくお邪魔させていただいているブログの一つは、一見こんな雰囲気で目をくらまされる………ごほごほごほ、善意あふれる心優しい方が運営しているブログだととんでもない誤解………こほん、思い込む人は多い様な気がするのだが。

 しかし、ここは実は、うっかり閲覧していると新しいMacは欲しくなるし、iPod touchは欲しくなるし、武侠ドラマは見たくなる、危険極まりないブログだ。

 油断して閲覧してると、嵌められてこんな事になる。







スポンサーサイト
[ 2008/08/31 18:00 ] 小ネタ | TB(3) | CM(20)

オーストラリアで「慰安婦」謝罪要求決議採択をめざす活動について、28日の報道 

(補足あり)
 

 28日付の、The Sydney Morning HeraldやらBrisbane Timesやら複数のオーストラリアの新聞で、慰安婦に関する論説(多分)が掲載されているようだ。

The Sydney Morning Herald August 28, 2008付
Past is still present with crimes against humanity』から、、、相当意訳になっているけど保存。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/28 21:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(2)

韓国で生存「慰安婦」被害者中最高齢だった方が、死去 

 8月24日付のエントリで、アムネスティインターナショナル・オーストラリアの7月18日付記事にあった「慰安婦」被害者、吉元玉(キル・ウォンオク)さんのメッセージを引用させていただいた。

「日本政府は、全ての『慰安婦』が死ねば、『慰安婦』は葬り去られ忘れ去られると考えています。しかし、そうはなりません。次の世代が知っている限り、忘れ去られることはないでしょう」


 26日付で、また、「慰安婦」被害者の訃報がでていた。
韓国で「慰安婦」であったと公表している方の中では、存命被害者中、最高齢だった方だ。

 OhmyNews 2008.08.26 13:38付、
생존자 중 최고령 위안부' 이옥금 할머니 별세 (『生存者中で最高齢慰安婦』 李玉琴(イ・オックム)ハルモニ死去』
 以下、OhmyNewsより概略。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/27 18:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

日本が「第三国定住」難民を受け入れ 

 ネットでニュースを見て回っていると、気になる単語が目に入ってきた。
毎日新聞 2008年8月25日11時22分付の、ある報道にあった「第三国定住」。
気になったので、報道をお持ち帰りしつつ、ひとまず調べた色々をメモ。

 以下、引用。

 政府は、紛争などで他国に逃れた難民が別の国に移住する「第三国定住」難民を受け入れることを決めた。(略)これまで日本はインドシナ難民を特例措置として受け入れた以外は、国外の難民の入国を拒んできた経緯があり、難民政策の転換と位置づけられそうだ。

 第三国定住は、紛争などで自国に帰れない難民を、欧米などが中心となって安定した生活を送らせる手段。現在の出入国管理・難民認定法は難民認定の可否を日本国内で審査する形を取っており、国外で暮らす難民を受け入れる前提がない。第三国定住はこれと異なり、現在の生活地で行う面接などで審査できる。(略)

 日本が受け入れれば、アジアで初の受け入れ国になる。(略)

 政府が「第三国定住」の受け入れに乗り出した背景には、国際貢献の一環として難民の積極的受け入れを求める声の高まりがある。(後略)

…なるほど。
「安定した生活を送らせる手段」あたりの表現が気になるが、「国際貢献の一環として難民の積極的受け入れを求める声の高まり」に応じて、国連人権理事会の理事国たる日本は、難民になってしまった人達を受け容れる方針に切り替えたらしい。

 しかし。
実は、この報道のタイトルはこんなだったりする。
[ 2008/08/25 20:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(3)

オーストラリアで「慰安婦」謝罪要求決議採択をめざすロビー活動が進行中 

 日本での報道が産経だけだったのであまり注目されていないが、昨年、2007年9月20日、オーストラリア上院で「慰安婦」に関する決議が採択されている。

 これは、アメリカ下院、オランダ下院、カナダ下院、欧州議会で採択された決議と違って謝罪や補償の要求はしていないが、『河野談話』が第二次世界大戦下での「強制的な性奴隷制システム(a coercive system of sexual slavery)について日本政府と日本軍の共謀を完全にまた公式に認めている」と明言しており、それが歴代日本政府と首相に継承されているものともはっきり言及した上で、被害者との更なる和解を促すものだ(当ブログ2007/09/27付「オーストラリア上院「慰安婦」和解推奨決議、その後 」)。

 この決議は、その前日、19日に野党である労働党、そして少数派の緑の党&家族党が提出して与党保守連合に否決された「慰安婦」謝罪要求決議翌日提出されて、多数派の自由党連合によって支持されて採択された。

 その後2007年11月の総選挙で、ラッド氏率いる労働党が、保守連合に変わって与党となった。そして、ラッド首相は2008年2月13日、それまでの歴代オーストラリア政府が成し得なかった、先住民であるアボリジニの人達への公式謝罪を行った。

 そんなオーストラリアで、最近また『慰安婦』関連の話も動いている。
 先だってトラックバックを頂いた「Stiffmuscleの日記」さんの8月15日づけエントリ『敗戦記念日の元「慰安婦」たちの声』や、当ブログでも8月18日付でアップしたエントリ「8月13日に韓国で「慰安婦」被害者ハルモニ達が日本大使館前にて第826回目の水曜デモ 」でも触れたように、そのオーストラリアでキャンペーンが進行中だそうだ。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/24 13:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

どれがそれ?これはどれ? 

 つい、この前、ネットでの縁は選択縁の最たるものだといった主旨の発言をした。
当然、血縁ではない。もちろん、地縁でもない。これらの(大抵の場合はほとんど)選択のできない縁とは違う、自ら選んだ縁だ。

 インターネットを介して、アメリカにいる人やオーストラリアにいる人と話すこともできるが、わざわざ話しかけるのだから、この人と話すことができれば面白そうという動機があるからこそ話しかける。そして、継続して話しかけに赴いて、友人と名乗らせてもらっても差し支えなさそうな関係を築くこともある。
 そんな経緯をたくさん経て、あらたに話が合う人と出会うこともある。
 あるいは、話が合うと思っていた人の、自分自身の価値観に照らして否定的に評価せざるをえない発言や、不信感をもってしまう振る舞いを見ることもある。その結果、友人と考えて差し支えなかったはずの交友関係が疎遠になることもある。

 これは、リアルの友人にだって、しばしば起こることだろう。ましてや、それよりもか細い、ネットの回線を通じた選択縁である交友関係なら、いわずもがな。


 では、自分自身の価値観に照らして否定的に評価せざるをえない発言や、不信感をもってしまう振る舞いを見ても、交流を疎遠にせず、我慢すべきなのか?


 他の人の価値観は知らないが、私はそうは考えない。初等教育や中等教育で同じような国語教育を受けているらしい者同志といったって、言葉が伝わらない事などざらにある。ネットでの交友関係ならば余計、よって立つ基盤が違うもの同志が出会っているのだから、考えの基本が違っているのは当たり前。同じ言葉でも違ったニュアンスで受け取ってしまうことも当たり前。ましてや、話がすれ違いだしたら。。。
 ならば、無理に交流して互いに不快になることはない筈だ。場合によっては、すれ違いの経緯で、言葉の暴力が発生する場合だってあるのだ。一方が暴力的と受け取る事態が生じるのなら、交流を避ける事は危機管理の側面をももつ。

 こうして交友関係があった物同士が疎遠になった場合、その双方と交友のある人にとって肯定的に受け取れられる状態ではないだろう。

 でも、その疎遠な状態を公に批判する事は、お互いに交友すべきであるという意思の表明として作用しかねない。ましてや、その批判に「袂を別って分断されていくことをよしとする」「勢力と闘う上での利敵行為じゃないのか、という提起」といった強い意味をもつ言葉を使って批判するなら。



[ 2008/08/22 19:30 ] 未分類 | TB(4) | CM(24)

「朝鮮人シベリア抑留問題」韓国紙の社説から 

 「慰安婦」問題に関心をもって、関連情報を集めるようになって以来、その他の問題も目につくようになった。この方面の問題は、あまりにも未解決のまま放置されているものが多いが、その事実から目を逸らすわけにもいかないだろう。
 この社説も、これは持ち帰って記憶しておきたくなったので、いくつかの自動翻訳サイトの仕事を併せてつじつまを合わせ、日本語として調整した意訳なので、誤訳はあり得るのは承知で保存。

 ハンキョレ新聞 2008-08-19 08:57:29付、キム・ヒョスン論説委員によるコラムより、
[김효순칼럼] 시베리아 억류와 정부의 무관심 ([キム・ヒョスンコラム] シベリア抑留と政府の無関心)』
[ 2008/08/21 00:00 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(7)

MacBookの憑きもの(ってほどの話でもないけど) 

 私の友人で猫と暮らしている面々には複数飼いのケースが多く、中には猫は3匹以上飼わなくちゃとか無茶を言い出すのはいるし、5匹の猫と暮らしている猛者もいる。私自身は歴代4匹(3匹は健在)の猫と暮らしたことがあり、大学時代には半のらの猫多数とつきあった経験もある。また、猫掲示板での話を見たりの機会もそれなりにあるのだが、それらの経験や体験談の多くでは、猫の女の子はマイペースでクール、男の子は甘ったれという意見ばかりが目に(耳に)つく。

 この意見は大抵一致しているので、そういうものかとは思いつつ、ジェンダーバイアスによる先入観が関係する「認知的不協和」なんてあったりもするのかな?とは思うが、全体的な傾向としてそれが本当であっても、実際に「うちの子」になる特別な一匹が当てはまるかどうかは分かったもんじゃない訳では、ある。

 そういう、なぜか一致している多数意見に逆らう猫は、現在の我が家にも一匹いる。


 さて、一方、話が飛ぶようではあるが、私のPCの嗜好は、なぜかひたすらノート型派である。ノート型はどこにでもおける(?)し、好きな姿勢で使えるのが魅力で、自宅では膝の上に乗せて使っている場合もよくある。そして、膝の上に愛用のMacBookを乗せて使っていると。。。
[ 2008/08/19 18:00 ] 猫便り | TB(1) | CM(15)

8月13日に韓国で「慰安婦」被害者ハルモニ達が日本大使館前にて第826回目の水曜デモ 

 フィリピンの「慰安婦」被害者ロラ達の日本大使館前抗議デモ報道のメモに続いて、韓国での抗議活動もメモ。しかし、これに関しては、オーマイニュースでしか見当たらず。オーマイニュースの記事中でも「日本に謝罪要求さえしない韓国政府の覚醒を促す」アクションについて言及があるし、彼の地でも関心が薄れているのかと心配ではある。

 OhmyNews 2008.08.15 12:29 付より、
해방 63주년, 진정한 해방을 꿈꾸다 (解放63周年、真の解放を夢見る)』
サブタイトルに、「세계를 달군 함성- 일본군'위안부' 문제를 해결하라!  (世界に響く叫び「日本軍『慰安婦』問題を解決しろ!」)」

…これは、自動翻訳からの超意訳での覚え書きであるのはいつもの通り。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/18 18:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

8月15日にフィリピンで「慰安婦」被害者ロラ達が日本大使館前デモ 

 台湾の「慰安婦」被害者阿嬤達の抗議書手渡しに続けて、フィリピンの「慰安婦」被害者ロラ達の抗議アクションをエントリに、と思っていたら、「Stiffmuscleの日記」さんから、The Associated Press August 15, 2008 付の『 Filipino women seek Japan's apology for WWII rapes』の訳を含むエントリ、『敗戦記念日の元「慰安婦」たちの声』をトラックバックいただきました。
ありがとうございました。

 で、リンクを貼って紹介だけにしようかと思ったら、
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/17 23:59 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(4)

8月13日に台湾で「慰安婦」被害者阿嬤達が日本政府に向けた抗議書を手渡し 

 やや遅ればせながら、8月15日やその前に、各国で『慰安婦』問題解決を求めるアクションがあったので集めて保存。
日本(政府)が、抗議を受けている立場だって事は、人目につくところにメモしておこうか、と。

 まず、台湾で。

 自由時報 大台北新聞 2008.08.14付より、
慰安婦阿嬤 向日遞交抗議信 (「慰安婦」阿嬤(=おばあさん)日本に向けて抗議の手紙)」
…例によって自動翻訳の手直しで、超意訳にして保存だけど、今回の自動翻訳は、これまでのと違ってえらく妙な訳を返してくる。どうも、自動翻訳は北京語対応で、広東語だとつらい、とかそういうことらしい。というわけで、意訳の要素が非常に強いので念のため。

 明日は、第二次世界大戦における侵略国の一つ、日本が投降した63周年にあたる。この日、韓国、フィリピン、アメリカ、ドイツなどの人権団体が「慰安婦」運動を開催するが、我が国では婦女救援基金會などの婦人権利団体が支援して「中元慰安祭」を同時開催する。

 13日には、日本交流協會前で、老齢の台湾籍「慰安婦」被害者に同行した百人近い参加者が「日本は謝罪して、私の尊厳を還せ」とスローガンを叫び、日本交流協會職員に日本政府が早急に正式謝罪と賠償するよう求める抗議書を手渡した。
 日本交流協會で接見した人物は、抗議書を受け取ると、即座に立ち去った。

 婦團與民進黨(党)の立法委員である黄淑英らは、立法院が「日本が一刻も早くに、『慰安婦』問題を解決し、被害者に賠償し、戦争責任を負い、被害者の名誉を回復するよう求める」決議を、一會期中に提案し通過させ、日本政府に圧力を加えると語った。


その他;
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/16 23:59 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(0)

魚拓保存;ドイツでは被告が89歳でも戦争犯罪は追求される 

 北海道新聞08/14 11:59
戦後63年「戦争犯罪」89歳法廷へ ドイツで続く追及』より

第二次世界大戦の戦争犯罪を追及し続けるドイツで、八十九歳の男性が九月、イタリア人を虐殺した罪で法廷に立つ。(中略) 
男性はバイエルン州在住の元村議、ヨーゼフ・S被告。ナチス軍がイタリア北部に展開した山岳狙撃部隊のリーダーだった。(中略)
 報道によると、S被告は、一九四四年のパルチザンとの戦いで隊員二人を失った報復として、イタリア中部のトスカーナ地方ファルサノ村で村民十四人の虐殺を指示したとされる。同村はパルチザン活動と無関係だったが、四人を銃殺、十一人を農家に閉じこめ、爆破した。生き残った村民(79)が一昨年、告訴し事件が発覚した。(中略)
 ミュンヘンの非政府組織(NGO)「ナチス独裁の犠牲者連盟」は「高齢戦犯の出廷はドイツが過去を直視し続けることの証左。罪は何歳になっても消えない」と主張、今後も戦犯の追及を強める姿勢だ。

 この報道の冒頭では、ワイツゼッカー元大統領の演説「過去に目を閉じる者は現在に対しても盲目となる」が引用されている。
 ドイツでは1979年に戦争犯罪追及のため計画的で悪質な殺人罪の時効を撤廃しているそうだ。しかし、被告の高齢化や、証言者の減少から近年は公判そのものも少なく、98年以降で公判が開かれた戦争犯罪は5件中3件では被告が死亡または体調を崩したそうで、公判を疑問視する声も出ているという。なお、報道中で被告の名がイニシャルなのは、人権保護のために公表されていないそうだ。

 この報道は、国内紙のネット版で他に探してみたけど、北海道新聞以外では見当たらない。
[ 2008/08/15 18:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)

東条元首相手記が国立公文書館に所蔵されているとの報道 

 8月12日に出ていた報道だが、東条元首相が1945年8月10日から14日に記した手記が、国立公文書館に所蔵されていることが解ったとのこと(2008年8月12日付 日経NETより)。これは、A級戦犯被告中に巣鴨拘置所で記されたものとは別で、その方面に詳しい方達から「終戦直前の手記が公になるのは初」と評価されているものの、「昨年から一般公開の扱いとなった」とも報道されている。

 …いつの時点で、この手記の存在が解ったのだろうと思ったりして。報道するタイミングをはかっているのだろうか。
それはともかく。


[ 2008/08/14 17:30 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(6)

「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」初会合についてのメモ 

 11日、「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」の初会合が官邸で開催され、12日分の報道が出そろった、、、といっても、熱心に報道する機関が少ないけど、集めて保存。

 8月4日、

(略)
 道の「アイヌ政策を考える懇談会」は四日、札幌市内で開いた初会合で、政府に対して、アイヌ民族の歴史教育の充実や生活向上などの施策を求めていくことなどを確認した。
 会合には高橋はるみ知事をはじめ委員五人が出席し、アイヌ民族が受けている差別や歴史的事実を全国にも広く伝えるため、政府に働きかけを強めていくことで一致した。(中略)委員の道ウタリ協会加藤忠・理事長は会合後、現行のアイヌ文化振興法だけではアイヌ民族の権利回復は不十分との認識を示した上で、「教育や生活などの課題をどうするのかということを、密着する立場として政府に言っていきたい」と述べた。(後略)

北海道新聞08/05 07:04付『歴史教育の充実要望 道アイヌ懇談会 国への政策提言で一致(魚拓無し)』より。
具体的な政策提言については、「有識者懇談会」での議論の行方次第となったらしい。

 8月10日、

(略)
 有識者懇の初会合を翌日に控えた10日、明治時代に東京へ強制連行されて亡くなったアイヌの人たちを供養する伝統儀式「イチャルパ」が東京都港区の芝公園で行われ、約80人が集まった。アイヌ民族は北海道以外にも住んでおり、祭司を務めた関東地方のアイヌ民族団体「レラの会」の長谷川修会長は「これまでのアイヌ政策は北海道だけの地域政策になっていた。国としての政策を求めていきたい」と有識者懇への期待を語った。(後略)

毎日新聞 2008年8月11日 北海道朝刊『アイヌ民族:伝統儀式に決意込め 有識者懇きょう初会合(魚拓無し)』より。
「文化振興策が中心だった従来のアイヌ政策を転換し、「先住権」の回復や生活・教育などの自立支援策にどこまで踏み込めるかが焦点」とのこと。


[ 2008/08/12 21:00 ] 四方山話 | TB(1) | CM(0)

肉味噌&焼き味噌、その後 

 8月9日付の「焼き味噌」のエントリを上げるに当たって、実はこっそり「世間で『焼き味噌』と呼ぶ食べ物はどんなだろう?」と、Google検索してみていた。

 すると出てきたのが「あんだんすー 」

 どちらかというと、これって肉味噌じゃないのか?と思ったのだが、これがまた美味しそうなので、レシピを調べてみた。
検索に引っかかったのが、CoockPadで「 ちゃんゆぅ」さんという方がアップしているレシピ。これがまた、すごく美味しそう。

 とはいえ、豚バラ肉の下ゆでやらなにやら、かなり手間がかかりそう(^^;
 この暑い季節に、そんな長時間、火を使いたくないなぁ(^^;

 と思いつつ、この「 ちゃんゆぅ」さんが他にアップしているレシピを見ていると。実にまめな方のようで、大量のレシピがアップされていて、それがしかも、私のツボを突いた路線で、実に美味しそうなこと。

 特に気になったのは、
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2008/08/11 23:59 ] 小ネタ | TB(0) | CM(4)

大阪府民は400人よりはたくさんいる 

 発見が遅れたので、ちょっと古い目ではあるが、こんな報道が出ていた。
朝日、毎日、産経あたりでもあったが、とりあえずの引用はこちらで。
大阪日日新聞2008/08/09付
橋下改革、府民の63%が支持 民間機関調査』より

 民間シンクタンクの関西社会経済研究所が八日発表したアンケート結果で、橋下徹大阪府知事の改革姿勢を支持する大阪府民が63%に上ったことが分かった。「財政破たん防止のためには(行政の)サービス低下を受け入れざるを得ない」と答えた人も53%と過半数を占め、調査結果から見る限り、橋下改革は信任されていると言えそうだ。(後略)

…ほんまか。

と思う人は多かろう。
 私も思った。どんな風に抽出した対象者にアンケートを実施したのだろう、とか、もろもろの疑問が湧いてくる。

 そこで報道を追加して引用。
ユーザータグ:  『痴事もしくは恥事』
[ 2008/08/10 23:59 ] 四方山話 | TB(3) | CM(7)

肉味噌の次は、焼き味噌 

 近ごろはネットで何かとレシピを探すが、それより前は、よく、新聞に載っていたレシピを切り抜いて集めていた。そんな風に集めたレシピで、この季節によく作るのが、焼き味噌。

 私の手元にある、十年以上前の新聞の切り抜きにレシピが載っているのだが、それが辰巳芳子さんさんの連載コーナーで、解説によると辰巳さんのお母様の発案による料理らしい。子供達に毎日、味噌汁を作っていたものの、夏の暑い盛りには子供達が嫌がるので、同じ材料でこういう料理を作ってみた、とか。この焼き味噌、どうやら後に単行本に作り方が収録されたらしいが、そちらの作り方は、私がもっている新聞の切り抜きとは若干違っているようだ

 切り抜きに載っているレシピから、概略を抜き出すと、
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2008/08/09 21:00 ] 小ネタ | TB(2) | CM(19)

国立国会図書館法や公文書管理関連の覚え書き 

 民主党における最も著名な「無かった派」といえば松原仁議員だと見なされている(注;当ブログ調べ)

 松原議員は、2007年5月25日の衆院外務委員会では、質問時間45分のほとんどで「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」がなかったと主張したり、12月7日の外務委員会でも『一度逃げ去った中国人らが戻ってきて「安全区」で、「ラーメン屋」や「散髪屋」を開いた』という根拠で「南京大虐殺」がなかったと主張したり、もちろん、"The FACTS"意見広告の賛同者として名を連ねたりしている議員さんだ。

 しかし、実は、これらに関連して、それなりに、いいことも言っている。

 前述の、5月の衆院外務委員会での発言で、「慰安婦問題や南京問題を、アメリカのランド研究所とかきちっとした研究機関で真実を研究してもらう」べきだ、と。アメリカの研究所というのは、ちょうど、時期的にアメリカ下院決議前だった事や、第三者機関といった発想があったのだと思われるが、かの松原議員だって事実なんてどうでもいいなどとは発言しないし、事実をきちんと検証すべきだという発想はおもちである訳だ。

 それは、松原議員が以下の法案の賛成者として名を連ねていることからも察することができる。
[ 2008/08/07 17:30 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(5)

寝相、わるい? 

 夏の暑さに布団を蹴飛ばしながら睡眠をとっているかのようなゲンタ様の寝相に触発されて、というか対抗心を燃やして、カメラを構えて早1週間以上すぎてしまったのだが。。。

 何故か、今年は猫の開きが不作で、困ってしまった。


得意げ

 これが今年よくみる光景。これでは寝相が悪いとは、とても言えない。

[ 2008/08/05 18:00 ] 猫便り | TB(0) | CM(3)

クレープを焼いた 

 一般的なクレープのレシピは、手元の古いレシピ本によると

バター  10g
薄力粉  125g
砂糖  20g
卵   1個
牛乳  250cc

1,ボールに粉類を入れ、真ん中をくぼませて卵を割り入れて、卵のみ混ぜる
2,牛乳を少しずつ入れながら、粉とあわせていく
3,溶かしバターを入れる
4,裏ごしして、ラップをかけて、30分寝かせて、フライパンで焼く

複数のレシピを見比べても、レシピによっては生クリームが入ったりもするが、大抵はこんな所。
 もちろん私も、このままは作らない。これを元にして変更。



ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2008/08/04 18:00 ] 小ネタ | TB(1) | CM(11)

アムネスティが中国政府の人権状況改善公約不履行を非難 

 こういう情報を見つけたので、思わずお持ち帰りで保存。

 アムネスティ・インターナショナル・ジャパンで、2008年7月28日(香港時間29日)付の「アムネスティ発表国際ニュース」で、「中国 : 中国政府が公約に反しオリンピックの遺産を危機に」。

 同記事冒頭より、

中国政府は人権状況を改善するという同国の公約を破りオリンピックの本質的価値に背いたと、オリンピック開幕まで10日を数えるのみとなった本日、アムネスティ・インターナショナルは報告書を発表し批判した。

「人権について訴える人びとを起訴し処罰し続けることによって、中国政府は、オリンピック招致が決まった7年前に自ら表明した多くの約束を反故にしてきた」と、アムネスティのアジア太平洋部副部長ロジーン・ライフは香港での記者会見で語った。

「中国政府はオリンピックの遺産を傷つけようとしている。政府は、すべての平和的な活動家を釈放し、国内外のジャーナリストに自由な報道を許可し、また、死刑廃止に向けてさらなる前進を遂げなければならない」。
(中略)
オリンピック開催に備え、中国政府が世界に向けて発信したい「安定」と「調和」のイメージを脅かす危険があると見なした個人を、拘禁し、自宅軟禁下に置き、そして強制的に排除してきた。

中国国内で人権問題に取り組む活動家やジャーナリストが、オリンピック期間中に特に人権侵害を受ける危険に晒されていると、アムネスティ・インターナショナルは考えている。(後略)


[ 2008/08/03 14:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)

アメリカ下院「慰安婦」謝罪要求決議後に起こったこと(追記有) 

(08/08/02 追記有り)

 これに言及せずに済ませるのはどうかという感が強いので、アメリカ下院「慰安婦」謝罪要求決議採択前のこれからはじめよう。

2007/06/16
 ワシントン・ポストに、「旧日本軍によって強制的に従軍慰安婦にされたことを示す文書は見つかっていない」と訴える"The FACTS"と題された、自民、民主両党の国会議員ら計44人その他の賛同者リスト付きの、全面広告掲載。

この強烈な後押しに加え、加藤駐米大使も協力した結果、
2007/06/26
 アメリカ下院外交委員会(ラントス委員長)にて、「慰安婦」謝罪要求決議案が通過

いろいろ、採択阻止の働きかけ(「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」のとか、水島総氏の、とか)。
そして、

2007/07/30
 アメリカ下院にて「慰安婦」謝罪要求決議案、が採択

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/01 18:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(6)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。