FC2ブログ










沖縄県議会がアメリカ軍基地の辺野古移設反対を決議 

19日に報道を見つけて、とりあえず暫定アップした後、諸般の事情で書き直せなかったのを、21日に書き直し。

 沖縄県議会は、六月定例会の最終本会議である18日に、野党六会派が提出した普天間飛行場の移設先となる名護市辺野古沿岸域への新基地建設に反対する決議・意見書を野党の賛成多数で可決した模様。報道は、例によって、全国紙では短い報道なので、全国紙に入っている情報は全部網羅した上で、一番詳細な沖縄タイムスから、魚拓を保存して、一部引用。

 沖縄タイムス2008年7月19日(土) 朝刊 1面 、
県議会 辺野古移設反対を決議』から、

(略)日米両政府の合意した現行案(V字形)に県議会が反対決議をしたのは初めて。決議・意見書は日米両政府や仲井真弘多知事に対し、新基地建設の断念を求める内容で、同飛行場の移設協議に影響を与えそうだ。
(略)
 賛否の討論では与党の桑江朝千夫氏(自民)が「具体的対案もない『反対のための反対決議』であり、普天間基地の早期移設を否定し、その危険性を放置するものだ」と批判。
 野党側は照屋大河氏(社民・護憲ネット)が「たらい回し的に県内移設したところで抜本的解決にならない」、前田政明氏(共産)が「海外侵略の恒久的な米軍新基地を建設させてはならない」と支持を訴えた。

 採決は議長を除く四十七人で行われ、社民・護憲ネット、共産、社大・ニライ、民主、改革の会、無所属クラブの計二十五人が賛成し、自民、公明県民会議の計二十一人が反対。無所属の吉田勝廣氏は退席した。(後略)

スポンサーサイト



[ 2008/07/19 12:42 ] 四方山話 | TB(1) | CM(2)












無料カウンター