FC2ブログ










映画「南京の真実」の国会内試写会が行われたそうで 

 報道を見つけて魚拓を撮っておいたものの、 Apemanさんのはてな別館で取り上げられているのでスルーしようかと思ったが、どうにも不思議に感じてしまうことがあるので、遅ればせではあるがエントリにあげておこう。どうして?と書いておいたら、誰か教えてくれるかも(^^;

 私が見つけた報道は、テレビユー福島(中部日本放送) 2008年4月14日付の
映画「南京の真実」、国会内で試写会(以下、強調は引用者による、改行も少し調整)

 ドキュメンタリー映画「靖国」の上映中止が相次ぐ中、今度は、旧日本軍による南京大虐殺は“ねつ造”だったとする映画の国会議員向け試写会が行われました。その会場となったのは衆議院の講堂でした。(略)
 この映画は、南京大虐殺の責任を問われ処刑された南京攻略戦の司令官・松井石根大将にスポットを当て、「南京大虐殺はねつ造だった」と強く訴えています
 「南京事件と言われるものは通常の戦争であると。それ以上でも、それ以下でもないと。30万人の大虐殺とか婦女子に対する暴行とか、そんなことは全くなかったんだと。日本の軍隊、軍人は立派な戦いをしたんだと」(呼びかけ人代表 自民党・中山成彬 元文科相

 14日夜、国会内の衆議院の講堂で開かれた試写会には、自民党、民主党の保守系議員16人が参加しました。

 「私も前からいろいろ調べていましたから、それをちゃんと忠実に映画にしてたなという感想を持ちました」(平沼赳夫 衆院議員
 会場には、ドキュメンタリー映画「靖国」の事前上映を求めた稲田朋美衆院議員の姿もありました。

 引用中断。「南京の真実」に関する言及箇所は以上。
スポンサーサイト



[ 2008/04/17 07:45 ] 自爆史観 | TB(5) | CM(26)












無料カウンター