FC2ブログ










映画「靖国」の話が収束していない 

 上映が決まって収束すると思いきや、なんか、話がまだ拡張中、、、なんですね。

少しほっとする話題が一件、北海道新聞04/12 08:09付から
映画「靖国」 見てから論じよう 民族派5団体が18日に試写会』より、一部のみ

「映画を見ないまま反対している人もいる。見たうえで是非を論議しよう」と、「一水会」(東京)など五つの民族派団体が中心となり開催を決めた。

…鈴木邦男氏の団体ですね。
080413追記;『JCJ機関紙部ブログ』さんの「映画『靖国』上映中止に抗議する緊急記者会見」より、4/10 10:00-の参議院議員会館第2・3会議室で開かれた記者会見にて、

鈴木邦男氏は、試写を見て推薦文を書いた立場から、「自分の力の至らなさが申し訳ない」とし、街宣右翼にも言論の場を与えるように提案しました。

と発言なさっていたとか。(追記、以上)

不安を感じる報道が、西日本新聞2008年04月12日 16:25付から
靖国神社、映像削除求める 高知での上映は延期

ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映問題で、撮影現場だった靖国神社(東京千代田区)が、境内での撮影許可の手続きが守られず、事実を誤認させるような映像が含まれているとして、李纓監督や配給会社「アルゴ・ピクチャーズ」などに対し、問題とする映像の削除を求める通知をしたことが、12日分かった。(略)
 一方、高知市の映画館「あたご劇場」が上映を決めたものの、アルゴ社の要請で延期したことが12日、分かった。また、市民団体などから上映会開催の希望が寄せられていた高知市の映画会社「四国文映社」にもアルゴ社から「待ってほしい」と連絡があり、見合わせているという。(後略)



AFPBB News 2008年04月11日 16:45では、
映画『靖国』の中国人監督ら、上映中止に抗議の会見

(略)
 李監督は、日本の国会議員が上映を妨害しようとしているとしか考えられないと述べ、遺憾の意を示した。
(略)
 この日の会見には、日本人ジャーナリストも多数同席し、日本の言論の自由に対する危機感を表明した。フォトジャーナリスト広河隆一(Ryuichi Hirokawa)氏もその1人。国民が政治家に任せているのは知る権利の保護であって制限ではないはずなのに、そのことを政治家は誤解していると述べた。



撮影許可の手続き云々については事実関係が解りませんが、なんで今頃とも思います。
で、この騒ぎ、とても海外からの注目を浴びているようなのですが。。。
その報道が、なんと申しましょうか。

スポンサーサイト



[ 2008/04/12 17:20 ] 四方山話 | TB(13) | CM(12)












無料カウンター