FC2ブログ










「良き隣人」の振る舞いに関する情報 

 毎日新聞2008年2月18日付の『発信箱:欧州からみた米兵事件=町田幸彦(欧州総局)』を目にした人は、多分、結構多いのではないかと思う。

(略)
 どうして駐留米軍はヨーロッパで規律がしっかりしているのに、アジアの一角・日本になると米軍関係者の凶悪事件がなくならないのか。
(略)沖縄の忌まわしい事件のことを欧州の人々に話すと誰もが驚く。そして、「そんなこと私たちの国で起きたら、大変なことになる」と皆、思っている。なぜなら、国と人への尊厳がかかわる問題だから。(略)米軍はヨーロッパ各国で地元の住民生活に治安の不安をかけることなく駐留している。なぜ、日本・沖縄で同じようにできないのか。米担当者は自問すべきだ。

町田記者は後(2/25日記事)に主張を後退させ、

(略)その後、欧州でも米兵の強姦(ごうかん)事件があったという読者の指摘をいただいた。確かに過去に事件はいくつかある。伝聞に終わらせず十分確認すべきだった。(略)「各国で米軍人の起こした事件数・内容の正確なデータ」を知りたいというメールも受け取った。英内務省と在英米大使館に問い合わせたが、駐留米軍兵士の犯罪の項目で統計はないという。(略)沖縄県では昨年の米軍構成員の刑法犯検挙数が46人に上る。これと比較できる資料も必要だが、日欧で米兵の行動に差異があるのか。この疑問にはさらに具体的に再論できるようにしたい。

欧州の米兵事件=町田幸彦(欧州総局)(リンク切れ、魚拓取り忘れてたのでキャッシュへリンクより
という話だったが、これを連想させる話を共産党の井上さとし参議院議員の3/26付メールマガジン凶器法教基法時のアクション以来、配信されるようになっちゃった)で受け取った。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2008/04/01 00:00 ] 四方山話 | TB(8) | CM(7)












無料カウンター