FC2ブログ










沖縄「集団自決」記述の教科書検定問題、報道から気になる情報を保存 

EUの「慰安婦」公式謝罪要求決議後にでた社説でのけぞった人は多かったようですが、「慰安婦」問題に限らず、近頃、読売新聞は産経新聞化している様子が見受けられます。また、思わず拾ってもってきてしまうような社説が出てました。

読売新聞 2007年12月27日2時9分より
『沖縄』教科書 “政治的訂正”の愚を繰り返すな(12月27日付・読売社説)引用魚拓)」(以下、強調などは引用者による、以降も同じく)

 検定意見を正面から否定するような記述訂正は認められなかった。とは言え、きわめて疑問の多い“政治的訂正”であることに変わりはない。
(中略)
 今回、9人の専門家から意見聴取した審議会は、集団自決が日本軍の命令で行われたことは「確認できていない」、集団自決の要因には「様々なものがある」などとする見解をまとめている。
 集団自決の際の軍命令の有無が裁判で争われていることなどを踏まえて、軍の「関与」はあったが「強制」は明らかでないとした、今春の検定意見の趣旨から逸脱するものではない。
 しかし、日本軍が「自決しなさい」と言って住民に手榴弾を手渡したとの記述も訂正申請で認められた。これについては、その根拠となった住民の証言の信頼性を疑問視する研究者もいる
(中略)
 検定済み教科書に対するこのような訂正申請がなし崩し的に認められていくのであれば、内外の政治的思惑によって、教科書検定制度そのものが揺らいでいくことにもなりかねない。
 政府が異例の訂正申請を認める発端となったのは、9月29日に沖縄県宜野湾市で開かれた検定意見の撤回を求める県民大会だった。
 「参加者11万人」という主催者発表の数字が伝えられたが、その後、俯瞰(ふかん)写真に写っている参加者を数えた東京の大手警備会社は、1万8000~2万人と指摘している。
 実数を5倍以上も上回っていた主催者発表の数字に、政府が驚いたことで始まった“訂正劇”だった。
 政府は、教科書検定に対する政治介入の愚を二度と繰り返してはならない。

…だーかーらー。その県民大会が開催されたのは、沖縄戦の集団自決をめぐる学術的見解に大きな変化もないのに、係争中の裁判や、沖縄戦専門家著作の一部を書籍全体の結論と違う方向にもってった恣意的引用を根拠に、「つくる会」とつながりのある教科書調査官が作った検定原案を、沖縄戦の専門家がいないどころか、「つくる会」とつながりのある委員が入っている審議会で実質的な審議無しに採用した検定意見に対する異議申し立てって事を報道しないで、大きくかき立てるのが「県民大会」の後に「教科書が修正されました」だけ?
(ここ、しつこくコピペでつっこむ気、満々)

そして、お約束通りな反応が。
NHKニュース 12月27日 15時1分より
教科書訂正で自民議員が会合

沖縄戦の集団自決をめぐる教科書問題で、文部科学省が教科書会社の訂正申請をすべて認めたことを受けて、自民党の歴史教育を考える議員の会は会合を開き、出席者から「軍の強制をにおわせる書きぶりに変更されたことは違和感を感じる」などといった意見が出されました。


なお、「つくる会」が「怒りの記者会見で文科大臣の責任を追及」していました。はい。
でも、もう、あっちは取り上げません(飽きたから)。


スポンサーサイト



ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/12/27 17:30 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(10)












無料カウンター