FC2ブログ










文科省の意志はやっぱり「『軍強制』文言回避」 

(23日に、全面書き直し)
世界の片隅でニュースを読む」さんがトラックバック下さった件。東京新聞あたりでも「軍による強制を示す表現が大幅に後退する可能性が高くなった」(魚拓無し)と簡潔に報じられているけど、22-23日時点の報道で、詳しそうなところを当方でも保存。

沖縄タイムス2007年12月22日(土) 夕刊 5面 より
『県民ばかにしている』/『軍強制』文言回避(強調等は引用者による、以降も同じく)

 沖縄戦「集団自決(強制集団死)」をめぐる教科書検定問題で、文部科学省が教科書会社に日本軍による「強制」の表現を避けるよう求め、会社側もほぼ従って再申請していることが分かった。「このままでは文科省の思い通りに史実が曲げられる」。二十二日、県民大会実行委員会の危機感は頂点に達した。
 県民大会実行委員長の仲里利信県議会議長は「強制記述の有無は非常に重大。内容を確認した後にコメントしたい」とした。(中略)
 琉球大学の山口剛史准教授は「三月の検定結果発表からまったく前進がなく、史実として間違った記述になる」と批判。「柔軟姿勢を示していた文科省が強硬になったのは、強制を否定する団体の巻き返しに力を得たのではないか」と指摘した。


琉球新報12/23 10:04より
『強制』外し、怒りの声 軍隊美化を指摘 『集団自決』検定問題

(略)
 訂正申請の記述内容について文部科学省の教科書調査官と教科書出版社が、日本軍による「強制」の文言使用を避ける形で調整していることに、「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員からは22日、怒りの声が上がった。
 代表団として25日に上京する副実行委員長の小渡ハル子県婦人連合会長は(中略)「文科省が記述にこだわるのは、軍隊を美化したいという思いが見え見えで、背景には軍事化が進む日本の流れがある。だからこれだけは譲れない」と強く訴えた。(中略)
 実行委員の「青春を語る会」の中山きく代表(白梅同窓会会長)は「手りゅう弾を渡し、受け取った側の住民は命令として受け取っているので強制。(中略)」と訴えた。


2007年12月22日(土)「しんぶん赤旗」より
『集団自決』教科書検定 撤回が沖縄の総意 野党議員が文科省要請

(略)来週はじめにも教科用図書検定調査審議会(文部科学相の諮問機関)が最終的な結論を出す見通しがされているなか、沖縄県選出・出身の野党国会議員五人が二十一日、沖縄県民の総意である検定意見の撤回と記述の回復を求めて文科省に要請しました。同省は年内に結論を出すことを明らかにしました。
 日本軍の強制を示した記述で訂正申請した教科書会社六社に対し、同省が書き直しを求める「指針」を伝えたことが関係者によって明らかになっています。(中略)対応した文科省の布村幸彦大臣官房審議官は「専門的・学術的意見を聞く」などと従来の答弁を繰り返したといいます。現在の状況については、日本史小委員会で数回審議を行ってきており「詰めの段階に来ている」とのべました。
 また、同審議官は「検定意見の趣旨、背景を確認し、沖縄戦、沖縄史、軍事史の専門的・学術的な状況を確認したうえで、審議会に判断をしてもらう」「(審議会に対し)年内には結論をお願いしたいと思っている。審議会の結論を受けて、大臣みずから結論の経緯を説明するということで検討している」としています。(後略)


2007年12月23日(日)「しんぶん赤旗」より
改悪教育基本法 具体化させない 全国集会 各地のたたかい報告

(略)
出版労連の吉田典裕さんは、沖縄戦「集団自決」の記述から軍の強制が削除された教科書検定問題について発言。「教育基本法を改悪し戦争をする国をつくるため『軍隊は住民を守らない』ことを隠そうとするのが狙い。検定意見を撤回させ、教科書に真実と自由を取り戻すためたたかっていく」と語りました。(後略)


そして、今回でた報道で一番呆れたのはこれ。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/12/22 18:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(3)












無料カウンター