FC2ブログ










EU議会「慰安婦」公式謝罪要求決議に対する日本マスメディアの反応いろいろ 

さて、12/16付のエントリーで保存させてもらったEUで採決された決議文をふまえて日本の報道をみると。
中日新聞(共同通信)2007年12月14日 01時57分より、
欧州議会が慰安婦決議 日本政府に公式謝罪要求

 (略)
採択は、慰安婦問題への対応をめぐる日本政府への不信感が国際社会で拡大していることをあらためて裏付けた。

 最大会派の欧州人民民主党、第2会派の欧州社会党など計5会派の代表が名を連ねた決議案は「過去の日本政府が慰安婦徴用に関与した」として、人権保障条約や国連決議に違反した「20世紀最大の人身売買の1つ」と非難した。

引用部分の前半。なぜ日本政府の対応が不信感を招いているか、せめてEの「無かった発言」が不信を招いたこと、 Fの「日本政府が自ら『慰安婦』システムの調査することを怠っている」と見なされている点ぐらいは報じるべきではないのか(なぜか、共同通信系は別の記事として慰安婦決議の要旨 」で箇条書きで挙げているんだけどね)。
 そして後半。細かいかもしれないけど、条約違反はともかく、国連決議に違反と指摘されている訳じゃない。「20世紀最大の人身売買の1つ」が発生したのはいずれの国連決議よりも前であり、日本政府の「対処」が決議を無視している点が指摘されている。いいかえれば、日本政府が無視していると指摘されている「国連決議」がどういうものであるかを注目すべきなのに、それに蓋をしてどうする。

時事通信 2007/12/14-08:52より、
慰安婦決議案を採択=日本政府に公式謝罪要求-欧州議会求(魚拓無し)」

 欧州連合(EU)の欧州議会(仏東部ストラスブール)は13日の本会議で、第2次世界大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題について、日本政府に公式謝罪を求める決議案を賛成多数で採択した。
 米下院は7月、オランダ、カナダ両国下院も11月に同様の決議を採択。決議に法的拘束力はないが、同問題に対する国際社会の関心の強さを改めて示した。

…これだけ。続報も無し。何をどう謝罪しろといわれているのか、他の報道をあたれということかな。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/12/17 18:00 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(14)












無料カウンター