FC2ブログ










「ロットの人」がまた、衆議院外務委員会で「無かった」発言 

…お気楽な食い意地テロや猫テロエントリーを書きたいよorz
私の前に、撒き餌をまかないでほしい。

「しんぶん赤旗」2007年12月9日(日)より、
小沢代表訪中の最中 民主議員が国会で「南京虐殺」否定発言」(引用は強調者による、以降も同じく)

 (略)
 松原氏は、当時南京に進軍した元日本兵の「フランクな話」として、一度逃げ去った中国人らが戻ってきて「安全区」に大量に集まり、「ラーメン屋」や「散髪屋」を開いたと説明これらを根拠に、「虐殺は事実上なかった」「日本の兵隊の方々の生の声で、私は実感した」とのべ、当時の生存者や元日本兵らの証言でもすでに明白な大虐殺の事実を根本から否定しました。
(中略)
 松原氏の発言は、同日の小沢氏と中国共産党の胡錦濤国家主席との会談の直前におこなわれたもの。(中略)小沢氏は胡氏との会談で、「両国のきずなを深めることは、ひとり日中間のみならず、アジアと世界の安定と発展にも資することになる」と発言したと伝えられています。(後略)



はぁ~orz
今、時間がないので衆議院テレビは確認していません。
衆議院テレビのURLはこちら。平成19年12月7日 (金)付の「外務委員会」で10時 04分 から32分発言している模様。

恐らく松原議員はこれに参加したんでしょうね。
MSN産経 2007.12.6 19:42より、
真実求める南京事件の国民の集い 東京・九段会館で

 (略)
 検証する会の加瀬英明会長は冒頭あいさつで、「中国、米国を中心にこの事件を取り上げ、日本の非道を改めて告発する動きがある。これに対し南京事件の真実、その虚構性を世に訴えたい」と開催の趣旨を説明した。

 序論として日本「南京」学会の冨沢繁信理事が「当時、南京の市民は南京の安全地帯に集められていた。中国軍は南京を捨てて退却したが、一部は市民に紛れて安全地帯にいた。安全地帯以外に人がいない状況で事件が起こるはずがない。また、南京の当時の人口は20万人だったが、安全地帯の人口は少しも減らなかったとする米国人の証言もある」と述べた。

 本論では、南京戦に参戦した89~97歳の元兵士5人が証言。拓殖大の藤岡信勝教授の質問に答える形で「雨花台の激戦」「南京入城」「安全地帯の模様」などのテーマに沿って南京戦を検証した。当時の映像を使って雰囲気を再現した上で、虐殺や略奪については全員が「見聞きしたことはない」とし、「大混乱はなかった」と明言した。(後略)



スポンサーサイト



[ 2007/12/11 00:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(7)












無料カウンター