FC2ブログ










「慰安婦」問題に対する、外務省のこれまでの取り組みとして聞いた話(追記有) 

12/8付の「『慰安婦』決議連発に、外務省が(今頃)あたふたしているらしい 」の補足。
ただし、こっちの方が長い。

さて、わたしは手元に「戦争と性」(第25号)『特集「慰安婦」問題の現在』(2006年5月30日発行)をもっているが、ここには戸塚悦朗氏による「日本軍性奴隷問題への国際社会と日本の対応を振り返る」という文章が掲載されている。
この文章は見出しが、まず、

第一部 日本軍性奴隷問題の国際的提起
 I  はじめに
 II  国連からILOヘ
 III 国連審議の発展と女性国際戦犯法廷
  一「売春から性奴隷へ」の国際的なパラダイム転換
  二 女性国際戦犯法廷

とあり、この第一部で日本軍性奴隷問題に関する国際社会への問題提起と、それに対する国際社会の対応が述べられる。

次に

第二部 日本の対応
 I はじめに
(略) 日本政府と日本の民衆の多数は、まだ戦前の思考方法から脱却できていないようである。全体としての日本は転換できていないが、野党勢力を中心にして、相当程度の積極的な対応がある。被害者への支援を含め被害国市民と日本の市民の民間レベルの交流、真相究明への研究者・市民の努力、上記した「女性国際戦犯法廷」、立法解決を目指す市民議員立法運動など肯定的な側面も少なくない。
 しかし、日本が総体としては当面の対応に失敗してきたことは、紛れもない事実である。(中略)「女性国際戦犯法廷」を報道しようとしたNHKの報道への政治介入にも象徴される。政府与党首脳による言論に対する検閲まがいの露骨な政治的介入など真相隠薮を含む対応は、戦前の情報操作を彷彿とさせる。これらは、問題解決を遅らせこそすれ、進めることはない。(中略)日本政府の失政は否定しようがなくなった。問題は、どこに失政の原因があったのかの分析も反省も不十分なままに事態が推移しそうな気配があることである。

…この箇所の執筆時点は去年の春ってとこでしょうか。推移してしまいましたね。

そしてこの以降に“戦後処理の立法を求める法律家・有識者の会『政策資料冊子・「慰安婦」問題早期立法解決のために』二〇〇二年五月"の戸塚氏の「官僚に操られた政治の誤り?」が再掲される。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/12/09 15:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(11)












無料カウンター