スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本会議国会議員懇談会が「教科書修正」反対決議採択 

カナダ動議関連報道をエントリーにする前に、こっちをメモ。

NHKニュース、11月29日 5時46分ウェブ配信分より

「議員懇」教科書修正に反対

超党派の国会議員で作る日本会議国会議員懇談会は、高校の教科書検定で沖縄戦のいわゆる「集団自決」に日本軍が直接関与したという記述が削除された問題について、日本軍の強制性を強める修正を行うことは教科書への国民の信頼を傷つけるとして反対する決議を採択しました。

…ふぅぅ~ん?
そんな集まりもあるのか、と検索してみる。

スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/30 19:00 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(16)

カナダ下院「慰安婦」謝罪要求動議を公式採択 

11月28日15時30分(カナダ時間)に採択されたそうです。

House of Commons DebatesにあったVOLUME 142, NUMBER 026, 2nd SESSION, 39th PARLIAMENT, OFFICIAL REPORT (Wednesday, November 28, 2007)…要するに議事録なんでしょう。ここから採択された動議の本文をもらってきました。同じ文章は、オリビア・チョウ議員のホームページ;Wed 28 Nov 2007.付の記事でも、

Moved by: Olivia Chow, MP Trinity Spadina
Adopted by Parliament on November 28, 2007, 3:30pm

Moved that, in the opinion of this House:

の文言付きで掲載されています。

Motions

By unanimous consent, Ms. Chow (Trinity―Spadina), seconded by Mr. Devolin (Haliburton―Kawartha Lakes―Brock) and, by unanimous consent, by Mr. Lee (Scarborough―Rouge River) and Ms. Faille (Vaudreuil-Soulanges), moved, ― That, in the opinion of the House:

i. During its wartime occupation of Asia and the Pacific Islands, from the 1930s through the duration of World War II, the Imperial Armed Forces of Japan officially commissioned the acquisition of young women for the sole purpose of sexual servitude, who became known as “comfort women”; and

ii. Some Japanese public officials have recently expressed a regrettable desire to dilute or rescind the 1993 statement by Chief Cabinet Secretary Yohei Kono on the “comfort women”, which expressed the Government's sincere apologies and remorse for their ordeal; and

iii. Japan has made progress since 1945 in recognizing and atoning for its past actions, and for many decades has been a major contributor to international peace, security, and development, including through the United Nations; and

iv. The Canada-Japan alliance continues to be based on shared vital interests and values in the Asia-Pacific region, including the preservation and promotion of political and economic freedoms, support for human rights and democratic institutions, and the securing of prosperity for the people of both countries and the international community; and

v. The government of Canada should therefore encourage the government of Japan to abandon any statement which devalues the expression of regret from the Kono Statement of 1993; to clearly and publicly refute any claims that the sexual enslavement and trafficking of the “comfort women” for the Japanese lmperial Forces never occurred; to take full responsibility for the involvement of the Japanese Imperial Forces in the system of forced prostitution, including through a formal and sincere apology expressed in the Diet to all of those who were victims; and to continue to address those affected in a spirit of reconciliation.

The question was put on the motion and it was agreed to.

オリビア・チョウ議員のWed 28 Nov 2007.付の記事は、もう一つ、「IN THE HOUSE: Speaking up for victims of sexual slavery」採択時の演説なども掲載されています。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/29 07:00 ] 自爆史観 | トラックバック(-) | コメント(-)

カナダ下院「慰安婦」謝罪要求決議について、ようやく日本で報道 

日刊スポーツ2007年11月28日16時32分より、「カナダも慰安婦決議案可決へ(強調は引用者による、以降も同じく)

 カナダのメディアは27日、第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり、同国下院が日本政府に謝罪などを求める決議案を今週中にも全会一致で可決する見通しだと伝えた。

…引用中断、27日にカナダの英語メディアが一斉に報道したのは確かだけど、もっと前から報道されてたって。

決議案には、慰安婦問題が「日本軍による戦争犯罪」であると日本の学校教科書に明記する要求も含まれているという。
 同問題では今年7月、米下院が日本政府に公式謝罪を求める決議を可決。今月にはオランダ下院が同様の決議を可決しており、カナダ下院が可決すれば、日本に対する謝罪要求がさらに国際的広がりをみせることになる。
 同メディアによると、日本政府が決議案を可決しないようカナダのハーパー首相らに働き掛けたが、主要4党は既に可決の方針で合意しているという。
 決議案は、日本が「20万人以上のアジアの女性に大戦中、軍の性奴隷になるよう強制した」ことを認め「公式で誠実、明白な謝罪」を行うよう求めている。(後略)



時事通信2007/11/28-14:18より「慰安婦問題で日本に謝罪要求へ=カナダ下院で動議採決の動き

 【ニューヨーク27日時事】第2次大戦中の従軍慰安婦問題に関し、カナダ下院で日本政府に公式な謝罪を求める動議の可決を目指す動きが強まっていることが27日、分かった。28日に採決に付される可能性が高い。これについてAFP通信は、全会一致で可決される見通しだと伝えた。ただ、動議に法的拘束力はない

…引用中断。なぜ、ニューヨーク?
はともかく、解ったの27日じゃないって。そしてまた、採決しないように働きかけておきながら、可決されそうになると「動議に法的拘束力はない」ですか。

 動議は、野党・新民主党所属で中国系のオリビア・チョウ議員が本会議に提出。カナダ政府は福田康夫首相と日本の国会に対し、「20万人以上のアジア人女性が性的奴隷となるよう強制された歴史的事実」を認め、元慰安婦に「公式、誠実かつ明確に謝罪する」決議案を可決するよう促すべきだとしている。
 また日本の教科書の中で、「軍の性的奴隷」に関する記述を復活させるよう要求した。

…情報自体に目新しさはありません。でも、日本でようやく報道されるようになったようで。

なお、オリビア・チョウ議員のホームページ、Mon 26 Nov 2007.付の記事に、以下の動議案が掲載されています。これは「Chinese in Vancouver」によると

NDP MP Olivia Chow submitted a new motion to the House of Commons on Friday, after discussions with ALPHA:
(ALPHAと討議した後に、下院に出した新しい動議案)

なんだそうで、元々の動議案(hagakurekakugoさんが紹介なさってた分)よりも、厳しい内容になっているような。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/28 17:58 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

27日にカナダ議会で元「慰安婦」達が証言 

27日にカナダ下院で4人の元「慰安婦」の方達が証言した報道を収集。
拾えるのは今のところ、英語のカナダ紙が5報(うち1組は内容が同じなので、実質4報)、中国語紙が2報、韓国語紙が2報。
中国語紙と韓国語紙の多くは、採択の可能性が高いと報道タイトルに書いている様子。

まず、26日で出ていた英語報道から;
TheStar.com Nov 26, 2007 04:30 AMで「Wartime sex slaves seek Ottawa's help for apology  (戦時性奴隷達は謝罪を得るためにオタワの助けを求める)」

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/27 20:00 ] 自爆史観 | TB(7) | CM(2)

「新しい歴史教科書をつくる会」会長氏の檄文 (追記有) 

コメント欄で教えていただきました「新しい歴史教科書をつくる会」の会長;藤岡信勝氏による激メールじゃなかった、これじゃビーストアーツの連絡用だよ、檄文をエントリ本文にて肝心部分を引用しつつメモ。
全文を御覧になりたい方は、日本文化チャンネル桜掲示板のこっちのスレッドの途中(2007-11-24 5:45のNo.110386)からと、続きはこっちのスレッドにありますのでどうぞ。
「検定審議会の意見聴取の人選につき文科省に抗議の電話を!」とのタイトルで、岩波訴訟原告支援団体の人が主催するMLに流したようです。
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/26 12:41 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(16)

岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明に賛同します 

遅くなりましたが、アジア女性資料センターからの下記声明に賛同し、署名メールを送りました。
多くの人の目に触れるように、当方でも転載させていただきます。

広島で起きた岩国基地所属米兵による集団レイプ事件について、広島検察庁が不起訴を決定したことに対し、アジア女性資料センターは本日、以下の抗議声明を発表しました。
この声明にご賛同いただける団体・個人の方は、11月25日(日)までに、お名前と公表の可/不可を、ajwrc.shomei@gmail.comまで、お知らせください。週明け26日に、広島検察庁および広島県警に送付する予定です。



岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に関する抗議声明

10 月14日に広島市中区で岩国基地所属の海兵隊員4人が女性をレイプした事件について、広島地方検察庁は11月15日、不起訴を決定しました。事件の公正な裁きを希望してこの間の経過を注視してきた私たちは、この決定に重大な疑問と懸念を表明し、広島地方検察庁および広島県警察本部に対し、不起訴処分取り消しと市民に対する説明責任を果たすよう要求します。

当初、日米地位協定に基づいて身柄引き渡しを要求するとしていた広島県警が、その後方針を転換し、身柄引き渡しを要求しないまま任意捜査とした経過を見るに、この間に性暴力の性質を適正に考慮し、犯罪性を立証するための十分な捜査が行われたのか、疑念を持たざるを得ません。加害米兵4人は、「合意の上」と主張していると報道されていますが、被害女性は、事件直後にはっきりと集団レイプの被害を訴え、告訴を行っています。女性は車の中で知り合ったばかりの外国人男性4人に囲まれ、助けを求めることのできない孤立した状況でした。強盗行為も行われています。このような被害女性の置かれた状況を考慮したとき、「状況にあいまいな点がある」として身柄を要求せず任意捜査にとどめた広島県警の判断、犯罪性はないとした検察の判断には、重大な疑念を抱かざるを得ません。

私たちがこうした懸念を覚えるのは、これまでにも、米軍基地所属米兵による性暴力事件の多くが適正な処罰を受けずにきたという事実があるからです。日米地位協定を盾に、多くの加害米兵がいかなる処罰も免れてきました。私たちはさらに、日本の警察・検察当局が、性暴力の適切な捜査と起訴を怠ってきたことが、こうした受け容れがたい不処罰の背景にあることを指摘したいと思います。2004年に在日外国人の女性が横須賀基地所属の米兵にレイプ被害を受けたケースでは、今回の広島で起きた事件と同様に、被害者が直後に警察に通報し告訴を行ったにもかかわらず、検察庁は理由を明らかにしないままに起訴を見送りました。この判断に不審を覚えた被害女性は、その後、民事訴訟で勝訴しています。現在、この女性は、事件を扱った神奈川県警の捜査が、性暴力被害者への配慮を欠く不適切なものであったとして、国家賠償請求を起こしています。

広島地方検察庁は、「本件の事案の性質」を理由として、不起訴とした根拠の説明を拒みましたが、被害者のプライバシーに配慮しながらも、説明責任を果たすことは可能なはずです。市民に対する説明責任が果たされないまま、このような凶悪犯罪を犯した米兵が処罰を免れるとすれば、日本の司法の信頼性を大きく損ない、将来にわたって、女性の人権保障に重大な影響を及ぼすことになります。私たちは、広島地方検察庁および広島県警察本部が、この疑念に応え、不起訴処分を取り消して刑事裁判事案として取り扱うこと、および事件処理に関する説明責任を果たすように要求します。

アジア女性資料センター



そして、以下は水葉団長によるエントリーからの引用

週末に、沖縄でカウンセラーをやっている女性と話をする機会があったのだけれど、米軍基地のある沖縄中部のカウンセリングセンターでは、米兵によるレイプの被害相談がものすごく多いとのこと。この広島の事件のことも「氷山のほんの一角」だと、顔を曇らせたのが印象的でした。

ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/11/24 12:30 ] ジェンダー関連? | TB(3) | CM(0)

"Motion Van Baalen cs on Comfort Women" voted on in Parliament on Tuesday November 20th 2007 

・・・・・・・・・実は、ファン・バーレン議員のホームページを見つけた時に、お便りコーナーがあるのを見つけていたわけですよ。
で、動議本文が見つからないなーっと思っていて、、、ご本人に聞けば話早いかもと考えついちゃったわけですよ。
そんで、ついつい、下手くそな英語を自覚しつつも「日本じゃほとんど報道もされない、動議の文章をメディアバイアスぬきに知りたいからそちらのホームページに掲載していただけませんか」って、お便りコーナーから英語で送っちゃったわけですよ。

・・・・・そしたら、ほとんど即座に、メールで英語バージョン動議のwordファイルをお送り下さったので、私の方がビックリしてしまいました(冷汗)。

以下、そのまま貼りつけます。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/24 00:00 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(16)

オランダで「慰安婦」動議関連情報を探してみる 

結論は「どうもよくわからない」、、、けど、メモとして保存。

オランダ下院動議提出者であるファン・バーレン議員のホームページから収集。
20 nov. 2007付で「Motie-Van Baalen inzake troostmeisjes unaniem door Kamer aanvaard

De Kamer heeft vanmiddag met algemene stemmen de Motie-Van Baalen aanvaard. Deze motie eist van Japan dat dit land het lot van de troostmeisjes, die tijdens de Japanse bezetting van, ondermeer, toenmalig Nederlandsch-Indië, tot prostitutie werden gedwongen, volmondig erkent. De Kamer wil dat de Japanse regering de troostmeisjes excuses en een directe vorm van compensatie voor het aangedane leed aanbiedt. De Japanse regering dient er voorts voor te zorgen dat de Japanse oorlogsmisdaden, waaronder het lot van de troostmeisjes, op objectieve wijze in de schoolboeken worden vermeld. De Nederlandse regering heeft bij monde van minister Verhagen van Buitenlandse Zaken, de motie-Van Baalen omarmd. Zij zal er bij de Japanse regering met klem op aandringen aan de in de motie gestelde voorwaarden te voldoen.

…当然読めません(笑)。
それでは芸がないので、自動翻訳をかけてみようとすると、、、オランダ語って手強い。オランダ語→英語の自動翻訳でも、ほとんどの翻訳サイトだと、なんか見るからに妙なんですよね。数カ所試してみて、こちらの自動翻訳が一番マシかなぁ。
freetranslation.com
ここを使って英語経由でざっと意味を取ってみる(不正確な訳です、念のため)。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/23 22:27 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

「岩波訴訟」メモエントリーへの大変親切な情報提供をご紹介 

(追記しました@071123 12:00)

当方の2007/11/18付のエントリー;「岩波訴訟・本人尋問関連の報道を保存」のコメント欄へ、「ある関係者」とのハンドルネームを名乗る方より大変親切な情報を提供していただきました。せっかくの情報提供ですので、より多くの方に御覧頂いた方がよろしいでしょう。当方へご訪問くださるROMの皆様方達にはコメント欄まではチェックしてくださらない方も多い様子ですから、この際、エントリー本文にてご紹介しておく事にしました^^

ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/22 12:11 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(6)

オランダ下院本会議で「慰安婦謝罪要求動議」採択 

 今月10日に共同通信・読売新聞あたりから「オランダ下院で日本に謝罪要求決元慰安婦の女性らへの謝罪、賠償などを求める決議案を全会一致で採択」という報道が出て、報道を読み比べていると新華網英語版11/9付「Dutch parliament to urge Japan to compensate "comfort women" (オランダ議会が「慰安婦」へ補償するように日本に迫る)」の報道で、

The motion, tabled by the Party for Freedom and Democracy (VVD),was signed by all parties in the lower house on Thursday. It will be put to vote next Tuesday, when it will very likely be adopted, spokeswoman Maartje Mol told Xinhua.
 自由民主国民党によって上程された動議は、木曜日、下院の全ての政党によって署名された。それは次の火曜日に投票にかけられ、まず間違いなく採択されるだろうと、広報担当者; Maartje Molは新華社通信に語った。

…とあって「あれ?」となっていたものですが、結局採択された模様。
 現時点で報道しているのは、日本の新聞社では産経新聞のみ。
MSN産経 2007.11.21 00:20付報道で、
慰安婦非難決議オランダ下院で可決 欧州議会でも動き

 【ハーグ=木村正人】オランダ下院本会議は20日、日本政府に対し「慰安婦」問題で元慰安婦への謝罪と補償などを求める決議案を全会一致で可決した。オランダ政府は日本政府に決議を伝え、回答を求める。欧州連合(EU)の欧州議会にも12月に慰安婦問題で非難決議案を採択しようという動きがあり、日本政府は対応に追われている。
(中略)
 決議案は8日、野党、自由民主党のハンス・ファンバーレン下院議員らが提出。旧日本軍の強制性を認めた1993年の河野洋平官房長官談話を堅持し、「強制売春」に対し責任を取る▽元慰安婦に謝罪と補償を行う▽教科書に慰安婦問題を記載する-ことを日本政府に求めている。
 同議員は産経新聞に対し、「わが国の元慰安婦に対する強制性は明らか。日本政府には年内の回答を求めたい」と話した。
 一方、欧州議会のジーン・ランバート議員(緑の党、英国選出)は12月13日に開かれる本会議で慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択するため、最大会派の欧州人民民主党と調整を進めていることを明らかにした。今のところ同党の同意は得られていないが、「決議案採択の日程で合意できれば決議案は採択されることになるだろう」との見通しを語った。

…産経にはちゃんとオランダに特派員がいたようです、良かった良かった(←そこが注目点だったらしい)。

21日12時時点では、日本語報道は産経のみ。英語報道では新華網があるので、、、以下、リンクのみ貼っておいて後ほど追記できればしたい、、、かな。
新華網英語版2007-11-21 00:24:38付「 Dutch parliament urges Japan to compensate "comfort women" (オランダ議会が「慰安婦」へ補償するよう日本に迫る)」
…報道のタイトルは9日とほぼ同じだ(和訳すると違いが出せない(^^;)
もう一件、新華網英語版2007-11-21 11:07:12付「 Dutch parliament demands Japanese compensation for "comfort women" (オランダ議会が「慰安婦」に補償するように日本に要求する)」


動議本文を探さなきゃ。どなたか見つけたら、収集しておきたいので教えてくださいませ。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/21 12:24 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(7)

ぶれない報道姿勢 

なんでも、今年から18日が「家族の日」というのになったのだそうで、内閣府がそれにあわせ「少子化対策と家族・地域のきずなに関する意識調査」なるものを、今年1ー2月に全国の18歳以上の男女4000人を対象に面接方式で実施し、2409人から回答を得たのだとか(面接方式なのに1591人は回答を拒否したのだろうか…?)。で、その結果を17日に発表したのだそうだ。
これの各社報道にウケた。

毎日新聞 2007年11月18日より「きずなの強さ:家族と87% 地域と45% 内閣府調査

(略)
同居家族とのつながりが「強い方だ」と考える人は87.8%で、「弱い方だ」の6%を大きく上回った。一方、地域とのつながりは「弱い方だ」が52.5%で、「強い方だ」(45.7%)より多かった。内閣府は「家族を大切にする半面、地域とのかかわりは薄くなっているのではないか」と分析している。(後略)

 

中日新聞(共同) 2007年11月18日より「地域とつながり弱い52% 人間関係の希薄化浮き彫り

(略)自分と地域の人たちのつながりが「弱い方だと思う」と答えた人が、「どちらかといえば」も含め計52・5%と過半数に上った。その一方で、同居している家族のつながりについては、「強い方だと思う」との回答が「どちらかといえば」を含め計87・8%に達した。
 核家族化や少子高齢化が進行する中で、人間関係が家庭内にとどまり、地域社会との交流が希薄になっている実態をうかがわせる結果となった。
 地域で参加している活動(複数回答)では「町内会・自治会」が47・6%で最多だったが、「特に参加していない」も42・8%に上った。(後略)



読売新聞 2007年11月18日より「家族で大切なのは「一緒に食事」が6割…内閣府調査

(略)家族間で大切にしていることとして約6割の人が「一緒に家で食事をする」を挙げ、一番多かった。
 また、今後大切にしていきたいこととしては「親の面倒をみる」がトップだった。
(中略)
 内閣府では、「家族間の対話を深めてもらうため、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)をもっと進展させたい」としている。

…同じ調査結果から、どういうタイトルをつけ、どういう内容を強調して報道するかに各社の個性が鮮明にでるものだ、と、とても感心する。

そして、お待ちかねの産経新聞(笑)だとこうなる。

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2007/11/19 18:56 ] ジェンダー関連? | TB(2) | CM(9)

岩波訴訟・本人尋問関連の報道を保存 

岩波訴訟についてのMSN産経報道の魚拓を断片的にとって、ブラウザのブックマークに入れてたものの、魚拓の仕様が変わってしまい、リンク元がないと表示してくれなくなって見れないという間抜けな事態に陥ってしまいました。で、残りの魚拓も撮って資料として手元に保存したエントリーにしておきたいけど、それだけというのも何だなと思っていたら、JANJANに被告支援側の記事が連発で掲載されたので、まずそれを引用。

JANJAN 2007/11/17より「大江・岩波沖縄戦裁判 本人尋問の報告
これは、11月14日の岩波セミナールームにおける「大江・岩波沖縄戦裁判を支援し沖縄の真実を広める首都圏の会」主催の「連続講座第4回」でも、大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判支援連絡会事務局長による報告のレポート。(以下、強調は引用者による)

(略)
裁判の争点と裁判によって明らかにしたいこと
 第一に裁判の争点ですが、沖縄戦の真実ではありません。大江健三郎氏がどう書いているか、それが名誉棄損かどうかということです。座間味島の元隊長梅澤裕氏は11月に91歳になられるので名誉を棄損しているか、渡嘉敷島の元隊長赤松嘉次氏は亡くなっているので、敬愛追慕の情を侵害しているかどうかが争点です。名誉棄損は被告大江・岩波側が立証しなければならず、敬愛追慕は原告赤松が立証しなければならないので、二つは少し違います。(中略)
 家永三郎氏の『太平洋戦争』の記述では梅澤氏が命令し、「集団自決」によって多数の死者が出たと書いてありますが、大江氏の『沖縄ノート』の記述では梅澤・赤松の名前は書いておらず、日本軍の命令による「集団自決」で多数の死者が出たと書いてあります。「罪人・悪人・極悪人」とは書いていません。

引用中断。つまり沖縄戦全般での自決命令の有無ではない、と。この記事の筆者は、この後に私の理解とは異なる書き方をしているので、そこの引用はなし。この後に、


 裁判で明らかにしたいことは、住民虐殺がどう行われたのか、軍が何をやったのかということです。
1.教育(皇民化政策) 沖縄は意識がないということで、本土よりもさらに徹底的に行われた。
2.戦陣訓 「生きて虜囚の辱めを受けず」 みんながそう信じていたことは梅澤も認めた。
3.軍のいたところで「集団死」があった。軍のいなかったところでは「集団死」は起こっていない。
4.基地建設に住民を動員し、軍の秘密を知ったということで、離れたらスパイとして処刑した。
5.軍の重要な武器である手榴弾が配られた。「1発を敵に、1発で自決」と言われた住民の証言がたくさんある。

 渡嘉敷島で「集団自決」を体験した金城重明さんは9月10日、那覇の出張法廷で次のように、証言しました。
 昭和20年3月27日、日本軍から、住民は北山(にしやま)に集結せよという命令が出て、行かなければならないと思い行った。村長の近くに集められ、軍から自決命令が出たようだという話が伝わり、村長は軍の自決命令を住民に伝達した。村長が「天皇陛下万歳」を唱えた後、住民は手榴弾を爆発させて、「集団自決」が行われた。(中略)このように日本軍が「集団自決」を強制したことが裁判の中で明らかになっています。原告のよって立つところは全くなくなりました。

元隊長らの証言
 赤松氏は一度は自分の責任を認め、文章にして残しています。梅澤氏は11月9日の証言で「集団自決」命令を出したのは「行政の上司」「那覇あたりの指令」で軍とは関係ないとし、以前の「村長・巡査など村の有力者」だという証言を翻しています。勝手に住民に渡るはずはない手榴弾を渡されたという証言が多いのに、梅澤氏は「あなたの命令なしに渡ることはないのですね?」という質問に「はい」と答え住民は忠魂碑前に兵隊がいたと言っているのに、「忠魂碑前に兵隊はいましたか?」という質問には「いません」と答えました

 さらに梅澤氏は、「『沖縄ノート』をいつ読みましたか?」という質問に「去年」と答えました。裁判を起こしたのは一昨年です。「どうして読んだのですか?」という質問には「念のために読んでおこうと思って」、「『沖縄ノート』にはあなたが自決命令を出したという記述はありますか?」には「ありません」と答えました。

 赤松秀一氏(赤松嘉次元隊長の弟)は「(大江が赤松氏を「極悪人」と書いていると主張している)曽野綾子さんの本を読んで、『沖縄ノート』をパラパラと読んでみたが、むずかしくてわからなかった」と証言したので、傍聴席からは失笑が起こり、それに対して裁判長が「退廷させますよ」と言いました。「赤松と梅澤が命令したと書いてありますか?」という質問には「ありません」と答えました。「山本明さんに裁判をするようすすめられたのですか?」との質問には「そういうことになります」と答え、あわてた原告側代理人が「裁判を起こそうとしたのはあなたですか、山本さんですか?」と尋ねると、「私の気持ちです」と答えました。山本明さんとは赤松嘉次さんと同期で、戦後は自衛隊に入った人です。

大江さんの証言
(略)大江さんは「命令」は隊長個人の性格・資質・選択ではなく、日本軍→第32軍→守備隊という縦の構造によるものなので個人名は出さなかったこと。曽野綾子さんが「大江が守備隊長を極悪人と書いている」と言っているが、「極悪人」とは書いていないので、これは明らかな誤読であることなどについても証言しました。(中略)

 相手側弁護士は3月30日の第9回口頭弁論後には「この裁判によって(軍の命令が)削除されたことは喜ばしい」と言いましたが、最近は検定問題で迷惑していると言っています。(後略)



ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/18 16:18 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(28)

「歴史教科書検定」に関し、つくる会がまた文科省に申し入れ 

一応エントリーでも保存。

MSN産経 2007.11.13 19:57より「軍強制記述復活なら損賠訴訟検討 沖縄戦集団自決でつくる会

(略)
「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)は13日、日本軍の命令・強制を明示した記述復活を文科省が認めた場合には、損害賠償訴訟を検討していることを明らかにした。

 つくる会は同日、文科省に、(1)沖縄県民大会を受けた方針転換は「不当な政治介入」ではないか(2)検定意見に誤りがあればその内容を明示してほしい(3)訂正申請に対して教科書検定審議会を開く理由-など5点の回答を求めた。

…「つくる会」は「損害賠償訴訟を検討している」と書いてあります。←確認。
回答を求めたのは5点、でも3点しかあげられていません。あとは何だろう。気になる。

毎日新聞 2007年11月14日 東京朝刊より「教科書検定:集団自決問題 つくる会「教科書訂正なら法的手段」

(略)
「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)は13日、文部科学省で会見し、教科書会社6社の訂正申請が認められた場合、出版差し止めの仮処分申請など法的措置の検討をしていることを明らかにした。

 「子どもの保護者として正しい教育を受けさせる権利がある。(訂正申請が認められれば)国家がその権利を侵しているわけだから、文科相と教科書会社に損害賠償を求めることになる」と行政訴訟や民事訴訟の可能性も示唆した。

…「つくる会」は「法的措置の検討をしていることを明らかにした」と書いてあります。←確認。

産経新聞11月14日8時0分配信 (via Yahooニュース)より「自決強制の記載 復活反対し集会

 沖縄戦集団自決をめぐる高校日本史の教科書検定で、軍命令・強制の記述復活に反対する集会が13日夜、都内で開かれた。「教科書検定への政治介入に反対する会」(代表・小田村四郎拓殖大前総長)が主催し、外交評論家の田久保忠衛氏や渡部昇一上智大名誉教授ら約300人が参加した。
(中略)
 一方、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)は同日、文部科学省に対し、(1)沖縄県民大会を受けた方針転換は不当な政治介入ではないか(2)検定意見に誤りがあればその内容(3)教科書検定審議会を開く理由-など5点の質問を提出し、回答を求めた。

…産経新聞さんが、主催者発表を鵜呑みにする報道をしています。ちょっと心配。航空写真で確認しなくて大丈夫なのでしょうか。
そして、この報道でも文科省に回答を求めたのは5点、でも3点しかあげられていません。
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/17 23:59 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(7)

学校にも熊 

学生時代以来、時々のぞいている「全国国公私立大学の事件情報」というサイトがある。この前、何の気無しに、その問題種別カテゴリーそれぞれの記事数を見て呆れた。2007年5月以降、その他をのぞけば、「君が代」・「日の丸」問題が12件、アカハラ問題5件、イラク戦争1件、セクハラ問題 35件、フリーター・ニート問題 1件、ポスドク問題 7件、不正経理 4件、不正論文問題 6件、任期制 2件、、入試関連 6件。
というわけで、おめでとう!セクハラ問題がダントツの一位ですっorz

まぁ、このセクハラ問題に分類されている中には、大学教員による痴漢逮捕事件も収録されているので、数として正確かどうかは、、、痴漢行為ならセクハラじゃないからOK~という問題でもないし、判断に迷うところではあるが、、、もごもご。
しかし、15日、16日と、でかいのが来ました(思わず魚拓を撮ってしまった)。引用されている報道そのものは14日以降。ワイドショーなどでも結構取り上げられている様子、、、かな(見ないからよく知らないけど、ネット上の反応からして)

asahi.com 2007年11月14日13時22分より「大学など45校のグループ総長 強制わいせつ容疑で逮捕(強調は引用者による、以降も同じく)

(略)
学校法人・都築学園グループ総長、都築泰寿容疑者(71)=福岡市南区玉川町=を強制わいせつの疑いで逮捕した。「絶対にしていない」と容疑を否認しているという。他の女性職員からも被害の相談があるといい、県警は都築容疑者が常習的にわいせつ行為を繰り返していた疑いもあるとみて、調べを進める。
 調べでは、都築容疑者は昨年10月14日午後6時半ごろ、自身が学長を務める福岡県太宰府市にある大学の校舎内で、エレベーターの前まで見送りに来た女性職員(23)を無理やりエレベーターに押し込み、両肩をつかむなどして暴行を加え、胸を触るなどのわいせつな行為をした疑い。女性職員が今年10月に被害届を出し、県警が捜査していた。
 県警によると、女性職員らは都築容疑者の前では1人で歩かないように申し合わせたり、今年に入って制服をスカートからズボンに変えたりしていたという。被害者の職員も事件当時、他の職員と手をつないで身を守ろうとしていたとされる。都築容疑者や上司らは、この職員らに「我慢しておいた方がいい」などと口止めしていたらしい。
 学校法人・都築学園広報室の諸井和樹室長は「寝耳に水だった。被害者が誰なのかも学校としては把握できていない。今後、事実関係を調べるとともに、動揺した学生のケアなど対策をとっていきたい」と話した。
 第一薬科大では同日、通常通りに講義が行われた。女子学生(22)は「(都築容疑者は)学内で会って会釈すると、にこにこと手を振ってくれた。優しそうなおじいちゃんと思っていたのでショックです」と話した。
 広報室によると、都築学園グループは9学校法人、1財団法人で構成され、第一薬科大や日本薬科大学(埼玉県伊奈町)、福岡第一高校(福岡市南区)などの大学や高校、専門学校など45校を全国に展開している。都築容疑者は創立者の次男で、グループ傘下の各法人の代表も都築容疑者や家族が占めている。 (後略)


ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/11/16 12:30 ] ジェンダー関連? | TB(5) | CM(17)

気になったニュースを二件、メモ 

中日新聞 2007/11/13 13:21より「海外派遣隊員16人が自殺 インド洋やイラクで任務

 インド洋やイラクなどへの海外派遣任務に就いた延べ約1万9700人の自衛隊員のうち、16人が在職中に自殺していたことが13日、政府が閣議決定した答弁書で明らかになった。社民党の照屋寛徳氏の質問主意書に対する回答。(後略)

 
報道された答弁書内容によると、テロ対策特別措置法に基づき約6年間でインド洋に派遣された海自隊員が延べ約1万900人、イラク復興支援特別措置法に基づき約4年間で派遣された陸、海、空自隊員が延べ約8800人。そのうち、在職中の死亡者は海自で20人、さらにその内の自殺者が8人。陸自で14人、その内の自殺者は7人。空自では自殺者が1人。
それ以外は病死が計7人、事故死・死因不明が計12人というが…。こういうのは身体の頑健な人達を派遣すると思うのだが、7人の任務中病死というのは、それぐらいなのだろうか。それに、事故死や死因不明が、自殺者に匹敵する数なんだな。
…抗マラリア薬を妙な使い方をしていたという報道もあったし、なんだか気になるニュースなので、メモ。

なお、答弁書は派遣と死亡の因果関係に関し「一概には申し上げられない」と指摘したのだそうで、退職後の自殺者数については「把握していない」としているのだそうだ。ちなみに、同様の報道を産経でもしていたが、退職後の自殺者数のセンテンスが省略されていた。なぜ?
…退職後、結構いるんじゃないのか。

もう一件。
いい加減に勘弁してほしい。
読売新聞 2007年11月13日19時42分より「『改革まだ足りない』小泉元首相、活動活発化の意向

自民党の小泉元首相は13日、訪問先のシンガポールで講演し「日本は改革をやりすぎたのではなく、まだ足りないという気持ちで、徐々に発言していきたい」と述べ、構造改革路線の堅持を目指し、政治活動を活発化させる考えを示した。(中略)
 首相再登板を求める声が消えていないことに関して、「完全燃焼した。私は表舞台に立つ政治家ではなく、表舞台に立つ人を応援する立場に徹する」と強調した。


……院政による改革推進宣言?
[ 2007/11/14 00:00 ] 四方山話 | TB(11) | CM(29)

オランダ下院「決議」に関する報道収集 

AOLで社説が掲載されているのを発見、収集。
ただし、Kyodoとか、Asia-Pacific pressとか、The Korea Heraldとか書いてあって、結局、、、KyodoなのかThe Korea Heraldなのか…(^^; とりあえず、アメリカやオーストラリアにも報道されたということで。

11日か12日付で「PRESSURE ON JAPAN  (日本にかかる圧力)」(以下、強調は引用者による、以降も同じく)

The Netherlands' Lower House unanimously passed a resolution last Thursday urging Japan to apologize for its wartime military sexual slavery and to pay compensation to the victims. This week, the Netherlands' Lower House will question Prime Minister Jan Peter Balkenende and other ministers about the Dutch government's approach toward Japan over the issue.

オランダ下院は、日本に、戦時性奴隷への謝罪と犠牲者への補償を促す決議を満場一致で採択した。今週、オランダ下院は、バルケネンデ首相や他の大臣に、オランダ政府がこの問題についてどう進めるかを質問する。


Three former military sex slaves are currently on a speaking tour through Europe to raise awareness of the issue there. While most of the estimated 200,000 women who were drafted into sexual slavery by the Japanese military are from Asia, Dutch nationals who lived in Indonesia under Japanese rule were taken away as well. Ellen van der Ploeg, 84, one of the three women touring Europe, was among them.

三人の元性奴隷が、ヨーロッパでのこの問題に関する注目を喚起するために、現在、講演で欧州各地を回っている。日本軍によって性奴隷として徴募された20万人にも上る女性は、アジアから集められ、日本占領下にあったインドネシア在住のオランダ人も同様に連れ去られた。三人の、欧州各地で講演している女性の一人、84歳になるエレン・ファン・デル・プロエグはその中に含まれる。


The courage of the women -- Gil Won-ok from Korea and Menen Castillo from the Philippines, in addition to van der Ploeg -- must be applauded.

ファン・デル・プロエグに加え、韓国からのギル・ウォン・オクとフィリピンからのメネン・カスチロは賞賛されるべきである。


Earlier this week, the survivors testified about their experiences at the European Parliament. Raul Romeva, who presided over the hearing, said that the European Parliament is nearing an agreement to include a resolution on Japan's sex slavery on the agenda for the next plenary session, scheduled to be held in France next week.

今週初め、生存者達は彼女らの体験を欧州議会で証言した。公聴会を取り仕切ったラウル・ロメバは、来週フランスで開かれる予定の、次の総会の議事予定に含まれる日本性奴隷に関する決議は、おそらく採択されるだろうと語った。


The resolution, when passed, would be added pressure on the Japanese government to apologize and offer compensation to the former military sex slaves. The U.S. House of Representatives adopted a similar resolution in July.

決議が採択されれば、日本政府に対し、元軍用性奴隷への補償と謝罪への圧力を加えるだろう。アメリカ下院は、類似の決議をこの7月に採択している。


In March this year, the former Japanese Prime Minister Shinzo Abe stirred up controversy when he said there was no evidence that women were forced into military sex slavery during World War II. It has recently been revealed that Abe was forced to retreat from that position when the United States expressed concerns that Abe's remark may damage U.S.-Japan relations.

今年三月に、安倍晋三・前日本首相は、第二次世界大戦中に、軍用性奴隷になるよう女性が強制された証拠はないと発言し、論争を巻き起こした。これは最近、日米関係が痛手を受けるとの懸念を安倍氏に伝えることで安倍前首相がその見解を後退させるように、アメリカが圧力をかけたと明らかになった。


Prime Minister Yasuo Fukuda is urged to take action soon to address this episode in Japan's history. If the Japanese government is hoping that the problem would simply go away as many of the aging survivors pass away, it is badly mistaken.

福田康夫首相は、日本の歴史におけるこの挿話を、すぐに言及するような行動を取るよう促されている。もし、日本政府が高齢の生存者が亡くなるのに従って、問題が収束するのを望んでいるなら、それは最悪の間違いだ。


History cannot be obliterated. Japan should apologize to the victims of military sexual slavery and offer just compensation. To do otherwise risks inviting even more international condemnation.

歴史は決して抹消できない。日本は軍用性奴隷の犠牲者に謝罪し、正当な補償を申し出るべきだ。他の方法をとるなら、更なる国際的非難を招く危険を冒すだけだ。



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/13 00:00 ] 自爆史観 | TB(7) | CM(0)

パンダじゃないけど、中国から動物ネタ 

捜し物は別だったんだけど(^^;

「人民網日本語版」2007年11月12日報道で、
モウコノウマが安定した繁殖へ 新疆

現在地球に存在する唯一の野生馬であるモウコノウマの故郷――新疆維吾爾(ウイグル)自治区の自然保護区は比較的安定したモウコノウマの生息地になった。
新疆野生馬繁殖研究センターは、2001年8月に初めて野生馬を放牧、以来計3グループ・55匹が生地である戈壁(ゴビ)砂漠を自由に駆け回り、種群は増え続けて、第2、3世代が野生で生まれ育ち始めているという。
完全に野生化したモウコノウマからは現在までに子馬36匹が誕生、27匹が成長し、平均成育率は70%に達した。

…そうかー、増えてるんだ^^
肉球のある生き物も好きだけど、蹄のある生き物も好き。中でも馬は好き。子供の頃に、イギリスに連れてこられたモウコノウマが脱走して故郷に戻る話を読んで泣かされたけど、、、あ、まだ売ってるんだ、あの本。
「タチ  はるかなるモンゴルをめざして」
パンダも持ち直してるそうだし(たまに暴れているらしいけど)、モウコノウマもこれなら大丈夫そう。どっちもいつ絶滅するかみたいな話だったような記憶があるのに。中国、すごいね。
[ 2007/11/12 18:35 ] 小ネタ | TB(1) | CM(12)

オランダ下院から「慰安婦」へ「謝罪要求動議」 

(公開@071110 12:30、追記に従って071111付に変更)
情報を下さいましたgegengaさん、ありがとうございます。

10日昼時点では、ネット上で見つけられる報道は、共同通信(同じく共同通信配信の東京新聞など、文章は同じ)と新華社ぐらいのようで、11日昼時点でもそれに読売が加わったぐらいでアウトラインしか解りませんが、オランダ下院が「慰安婦で対日非難決議」を全会一致で可決とのこと。

共同通信 2007/11/10 08:01付報道で、
慰安婦で対日非難決議 オランダ下院、全会一致

第2次大戦中の従軍慰安婦問題でオランダ下院本会議は9日までに、日本政府の対応を非難し、元慰安婦の女性らへの謝罪、賠償などを求める決議案を全会一致で採択した。(中略) 8日夜に採択された決議は、日本政府に(1)従軍慰安婦問題の全責任を認め、謝罪すること(2)元慰安婦女性に損害賠償を行うこと-などを求めた。(中略)
 発議者のファンバーレン議員は「安倍晋三前首相ら日本の政治家が問題を矮小化する動きを見せたことは容認できない」と述べた。

…13日の本会議では、バルケネンデ首相らに「今後の具体的な対日外交手段などに関する答弁」を求めるそうです。

オランダニュース by ポートフォリオ 2007-11-09 Fri 10:22より、
オランダ議会、慰安婦問題可決

昨日オランダ下院は日本政府に対する第二次世界大戦中のオランダ人慰安婦への償い要求案を満場一致で可決した。全党が自由党(VVD)によるこの提議に賛同したもの。内容は、日本が対戦中に蘭領インドネシアにいたオランダ人慰安婦の存在を認め、生存者に対して陳謝することを要求するもの。



読売新聞 2007年11月10日21時45分より、
オランダ下院、従軍慰安婦問題で日本に謝罪要求決議

(略)
 地元メディアによると、8日の本会議で採択された決議は、旧日本軍が戦時中、アジア諸国や西欧出身の女性を「性的奴隷」として働かせたとして、日本政府に元慰安婦への謝罪、賠償を求めている。決議に法的拘束力はないが、フェルハーヘン外相は同日、決議を日本政府に伝達する意向を示した。
 オランダ国内では、日本占領下のインドネシアの慰安所で働かされたというオランダ人女性らが、日本に謝罪を求める活動を展開しており、日本政府の姿勢に批判的な世論が強い。



現時点で日本語で得られる情報はこれぐらい。
英語分を含めてもかなり少ないのですが…(^^; (まぁ、それはオーストラリアの動議採択の時も同じだったけど)
オランダ語報道はうまく拾えないし、そもそもオランダ語は解らない…(^^;
英語・日本語を併せて判断して、一番詳しいのは新華社のようですので、以下ご紹介。

[ 2007/11/11 00:00 ] 自爆史観 | TB(5) | CM(2)

岩波訴訟・本人尋問関連の報道いろいろ 

とりあえず目をひいた当たりを魚拓収集で、メモ。後で整理予定…(^^;

中国新聞11月9日22時22分更新分「大江さんの証言要旨 大阪地裁

日経ネット関西版2007/11/10配信より「集団自決『軍の命令』で応酬、大阪地裁の出版差し止め訴訟で陳述──大江氏『軍の命令あった』、元隊長『村人を諭し止めた』

琉球新報11/10 10:13より、
岩波訴訟 大江氏『集団自決』軍命と認識、訂正拒否

琉球新報11/7 9:52より、
原告側の『ねつ造』指摘 岩波訴訟
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/10 12:25 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(6)

事実婚とか改姓とか 

 私の手元に、1992年1月21日に第1刷が発行された、当時、弁護士であった女性が著した新書がある。
岩波新書 「結婚と家族」 福島瑞穂著

 買ったのは5-6年ほど前だったか。当時、上野千鶴子さんの本を読みあさっていた頃だった筈で、どこかのネット掲示板で上野さんと並び称されていたフェミナチ(笑)が、福島さん。その時点では知らない人だったのだが、上野さんと並び称されるほどの人(笑)の本を読んでみたくて、本屋で探したのがこの本。まさか(弱小野党とはいえ)後に党首になる人とは思わなかったなぁ、当時すでに議員だったけど。

 この本は、戸籍・家族法・改姓・事実婚などについて、法律の専門家からの視点ながら気軽に読める文体で書かれており、私はこの本を読んですぐに福島瑞穂さんに好意を持った。なかでも、事実婚については、実際に実践している福島さんの経験が語られており、水葉さんのこちらの記事や、gegengaさんのこちらの記事を読んだ直後なので読み返したくなったのだが。。。
なんだか、改めて暗澹とした気分になった。そこで、gegengaさんや水葉さんのエントリーや当方の11/3付エントリーのコメント欄で言及したあたりに絡め、気になる箇所を紹介しておきたくなった。

 …それにしても、15年も前の本である。なのに、内容が古くなってないってどういう事だ。この本で福島さんが明るく、きっと数年後にはもっと良くなっているといった雰囲気で書いていることは、15年後の今、良くなった様には見えない。

 この本の214ページにこんな一節がある。(強調は引用者による、以降も同じく)

1979年に効力の発生した国際人権規約B規約(市民的及び政治的権利に関する国際規約)24条は、子供の権利を規定し「すべての児童は……出生によるいかなる差別もなしに、未成年者としての地位に必要とされる保護の措置であって、家族、社会及び国による措置についての権利を有する」とした。(中略)
国際人権規約B規約24条の解釈として、法定相続分の差別も含めあらゆる非嫡出子差別は許されないのである。
(IV 新しい関係に向けて、4 こんな場合はどうなるか)

…ここは、非嫡出時差別の相続に関する項なので、こういう表現になっているが。。。なんだかねぇ。15年前ですよ、この本(しつこい)。

[ 2007/11/09 00:00 ] ジェンダー関連? | TB(8) | CM(21)

EU議会からまで、対日謝罪要求が決議されるかも 

(追記有り @ 071108 18:00)
時事通信 2007/11/07-07:00より「対日謝罪要求決議を=元慰安婦、欧州議会に訴え

旧日本軍の従軍慰安婦として働かされた韓国、フィリピン、オランダの3女性が6日、欧州連合(EU)の欧州議会を訪れ、米下院が今年7月に採択したような慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議を採択するよう訴えた。(後略)

 80歳近い被害者たちは、「日本が正式な謝罪をするよう働き掛けてもらうために欧州にやってきた。死ぬ前にそれが実現するよう望んでいる」「日本兵にされたことを一度も忘れたことはない」と訴えたとのこと

参考;
www.theparliament.com @ Mon, 5 Nov 2007 15:46:27
‘Comfort women’ urge EU to pressure Japan  (「慰安婦」EUに日本へ圧力をかけるよう訴える)

Digital Chosunilbo (English Edition) @ Nov.6,2007 10:27
‘Comfort Women’ to Testify Before European Parliament (『慰安婦』EU議会前で証言)

PR-inside.com @ 2007-11-06 18:17:00
Former "comfort women" seek EU help to secure apology from Japan (元「慰安婦」、日本から確実に謝罪させるためにEUの助力を求める)

KOREA.net @ November 06, 2007
'Comfort women' to tell European Parliament about sexual slavery (「慰安婦」が欧州議会で性奴隷制について話す)

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/11/07 12:55 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(33)

沖縄集団強制死に関する教科書検定問題メモ(071106時点) 

11/1時点
・検定意見によって日本軍の強制に関する記述を削除・修正した教科書出版社5社のうち東京書籍と実教出版が1日午後、文部科学省に訂正申請を行った。 報道は、審議会に検討を要請 沖縄戦検定で渡海文科相@琉球新報(魚拓無し)「日本軍の強制」明記 2社が初の訂正申請@沖縄タイムス(魚拓無し)など。
以下は、出版2社が教科書訂正を申請=沖縄集団自決で@時事通信出版局(魚拓無し)より引用(強調は引用者による、以降も同じく)

(略)
 文科省は、申請が出そろった段階で教科用図書検定調査審議会を開いて意見を聞き、年内にも可否を決定する。
 関係者によると、東京書籍が訂正申請したのは、日本史Aの教科書。「日本軍によって『集団自決』においこまれたり」と記述し、「これを『強制集団死』とよぶことがある」とする注釈を付けた。検定意見撤回を求めた9月の沖縄県民大会の説明や、「軍から命令が出たとの知らせがあった」とする沖縄戦生存者の証言も新たに書き加えた
 実教出版も、軍の強制を強調する表現にしたとみられる。
 東京書籍の検定前の記述は「日本軍がスパイ容疑で虐殺した一般住民や、集団で『自決』を強いられたものもあった」としていた。
 しかし、検定後は「『集団自決』においこまれたり、日本軍がスパイ容疑で虐殺した一般住民もあった」と変更。強制の主体を不明確な表現にし、合格した。
 訂正申請は、教科用図書検定規則に基づき、検定合格した教科書の記述を修正する手続き。誤植や脱字などのほか「学習上、支障となる記載」がある場合などに発行者が申請し、文科省の承認を得て訂正する。(後略)



・文科省が検定撤回に応じない理由は、「撤回に関する法令の規定がない」からとのこと。
以下は検定意見撤回には応ぜず、妥協点探る=文科省@時事通信出版局(魚拓無し)より引用、

 沖縄戦の集団自決をめぐる教科書検定問題は1日、教科書会社が文部科学省に訂正申請したことで、新たな局面を迎える。沖縄県側は検定意見撤回による同省の責任明確化を求めているが、同省は「撤回に関する法令の規定がない」として応じておらず、教科書会社との妥協点を探る格好になった。(中略)
 関係者によると、教科書会社はいずれも「学習上、支障がある」とする規定を根拠に申請するという。ある社の担当者は「この間、体験者の新たな証言などが出され、記述をそのままにするのは不適切という理由付けだ」と話している。
 検定意見に不服がある場合、申請者に認められている「意見申し立て」を行った社はゼロだった。ある社は「納得はいかなかったが、検定を通らなければ売り物にならない」と明かした。執筆者の1人は「徹底して抗議しなかった責任を(新しい記述で)果たしたい」としている。



アルジャジーラTV 教科書問題で北農高生徒を取材@琉球新報(魚拓無し)より

(略)1日、名護市の北部農林高校を訪れ、生徒らの県民大会への取り組みなどを取材した。(中略)
 取材班はアジア諸国のニュースを配信するマレーシア・クアラルンプール支局所属。インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が教科書問題を報道したのをきっかけに取材を進めている。東京で評論家へのインタビューを実施、渡嘉敷島では「集団自決」生存者の証言を取材した。



11/2時点
・検定で記述を削除した教科書会社5社のうち2社が前日に訂正申請を出したことを受け、渡海文部科学相が『教科用図書検定調査審議会(会長・杉山武彦一橋大学長)に内容や訂正理由について「意見をいただきたい」と要請をした。同審議会は検定意見の是非について判断するが、訂正申請で審議を求めるのは極めて異例。』 報道は審議会に検討を要請 沖縄戦検定で渡海文科相@asahi.com(魚拓無し)など。

・清水書院と山川出版社が2日、訂正申請を文部科学省に提出。 報道は「集団自決」教科書検定問題 計4社が訂正申請@asahi.com(魚拓無し)など。

・訂正申請を行った5社のうちの1社の執筆者が、2日、記者会見で訂正案を公表。
新たに2社 訂正申請/教科書検定@沖縄タイムス(魚拓無し)より引用、

(略)
 執筆者によると、この会社は日本史Aで「日本軍は、住民に手榴弾をくばって集団自害と殺しあいを強制した。犠牲者はあわせて八百人以上にのぼった」と日本軍の強制を明記した。日本史Bでも「日本軍により、戦闘の妨げになるなどの理由で県民が集団自決に追いやられたり」との表現で強制性を示した。(後略)

執筆者、訂正原案を公表 「集団自決」検定@琉球新報(魚拓無し)より

(略)
 原案は、日本軍の主語を復活し「日本軍は、住民に手榴弾(しゅりゅうだん)をくばって集団自害と殺しあいを強制した」と軍の強制性を明記している。7日に各社の執筆者らと会見し、検定意見の撤回や検定過程の公開を求める声明文を発表することも明らかにした。(中略)
 執筆者は記者会見で、軍強制を明確にする理由について(1)座間味島で自決命令があったとの新たな証言が出た(2)自決命令を否定していた渡嘉敷島の副官が、隊長と一緒に行動していなかったことを裁判で明らかにした―などを挙げた。
 「集団自害」と記述する理由については「『自決』だと自らの意思で死んだことになる。現実は家族同士が殺し合う悲惨な状況だった。勇んで命を投げ出したのではないことを反映したかった」と説明した。(後略)



11/3時点
・相変わらず解っていない社説を「読売新聞」が掲載。 
沖縄集団自決 禍根を残しかねない政治的訂正(11月3日付・読売社説)魚拓)より、

(略)
政府が訂正申請に「真摯(しんし)に対応する」と方針転換する契機となったのは、9月29日に沖縄県宜野湾市で開かれた検定意見の撤回を求める県民大会だった。「参加者11万人」と主催者発表の数字が伝えられた。渡海文科相は「沖縄県民の気持ちにどう応えるか」と語った。
 しかし、県民大会の俯瞰(ふかん)写真に写っている参加者を1人ずつ丹念に数えた東京の大手警備会社は、1万8000~2万人と指摘している。主催者発表の5分の1以下だった。
 検定で「日本軍に集団自決を強制された」などの記述が削除されたのは、近年の様々な証言などを通じて、集団自決の際に軍の「強制」や「命令」があったか否かが、必ずしも明らかではなくなったためだ。
 「沖縄戦の実態について誤解する恐れがある」との検定意見が付けられた。(後略)

ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/06 18:00 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(7)

小沢さん、辞任って? 

はぁ?!

とりあえず、魚拓をとって。
asahi.com2007年11月04日18時48分より、
小沢氏「混乱にけじめ」 「報道に憤り」とも 会見全文

…後の考察は、トラックバックを投げて、
こういうネタが得意なkuroneko師兄にお任せすることにしよう。
うん、勝手に決定。


手抜きだ(^^;
[ 2007/11/04 18:59 ] 四方山話 | TB(6) | CM(3)

「そういう人」って「こういう人」? 

話題に乗り遅れること甚だしいが、debyu-boさんのエントリー;「『こういう人』にどう対応するか」を読んで思い出した話のネタ(2007-09-14付だって、乗るの遅すぎ…笑)。


[ 2007/11/03 23:59 ] 体験談 | TB(2) | CM(19)

裁判所からトンデモ認定を受けている 

(追記有り@071103 13:00)
夏淑琴さんの勝訴ですね。よかった。ほっとしました。



注目箇所を繰り返してみる。
教授が解釈を誤った可能性を指摘。
教授の翻訳では、前後の文脈などから資料全体に不自然な点が生じる」と述べた。
その上で、「解釈は妥当なものとは言えず、学問研究の成果に値しない」と批判した。


…裁判所から認定ですね。


追記;
コメント欄にてj.seagullさんから、現時点では朝日の記事が一番詳しいと教えていただいたので、エントリー本文にてご紹介します。
asahi.com 2007年11月02日22時48分報道より
南京大虐殺本『被害者と別人』 名誉棄損認定 東京地裁(強調は引用者による)

(略)
 訴えていたのは、中国・南京市に住む夏淑琴さん(78)。8歳だった37年12月、自宅に押し入った日本兵に両親ら7人を殺され、自身も銃剣で刺されたという。
 判決などによると、事件翌年に米国人牧師が現地で撮影した16ミリフィルムがあり、解説文の中に「8歳の少女」が登場する。東中野教授はこの解説文を検証して、著書で「『8歳の少女』と夏淑琴は別人で、事実を語っていない」という趣旨の指摘をした。

 三代川裁判長は、解説文中の「銃剣で突かれた」という意味の英語を東中野教授が「銃剣で突き殺された」と訳したために別人と誤って解釈したと認定。「通常の研究者であれば矛盾を認識するはずで、原資料の解釈はおよそ妥当ではなく学問研究の成果に値しない」とし、教授の指摘は「真実であるとする理由がない」と判断した。(後略)

…通常の研究者であればしない筈の事をした(つまり、通常の研究者ではない)とまで、認定されてしまったようです。東中野教授は「非常に心外だ。控訴する方針だ」とコメントを発表とのこと。

追記2;いつも勉強させていただいている「Apes! Not Monkeys! はてな別館」さんが詳細な記事をあげられましたので、リンクを貼らせていただきます。
夏淑琴さん損害賠償請求訴訟、原告勝訴

追記3;しんぶん赤旗も結構詳しいのでメモ。
南京大虐殺生存者が勝訴 東京地裁 “ニセ被害者”は名誉棄損」記述がかぶる部分は省略。

(略)
判決後の記者会見で、原告の夏淑琴さんは「来月は事件が起きてから七十年。本当に私にとって記念すべき年になりました。なくなった身内や家族に、このうれしい知らせを伝えたい」と喜びを語りました。一方で「これからも歴史の事実を語り続けなければならない」と、法廷で被告の東中野修道亜細亜大学教授と、一回も対決できなかったことに無念さをにじませました。

[ 2007/11/02 22:57 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(13)

ここまで口が軽いのもどうかと思う 

(追記有り@071103 14:00)
この人大丈夫か? と呟きたくなりました。いや、大丈夫ではないぞ、これは。
そういう訳で、うちでもメモ。とむ丸さんzaraさん経由の、鳩山法相の話。

ZAKZAK 2007/11/01より「鳩山また衝撃発言…秘書時代は『米国のスパイ』だった(強調は引用者による)

(略)
 衝撃発言は、民主党の河村たかし議員の質問中に飛び出した。河村氏が日本の情報収集について質問していたところ、鳩山氏は指名もされていないのに突然、「委員長!」と手を挙げて立ち上がり、河村氏が「大臣、何ですか?」と驚いている間に、こう語り始めたのだ。

 「思い出を話させてほしい。私が田中角栄先生の私設秘書になったとき、毎月のように、ペンタゴンがやってきて食事をごちそうしてくれた。当時、私は金がありませんから『ウナギが良い』とか『天ぷらだ』などと言ってた。私は1円も払っていない」
 公式HPによると、鳩山氏は1972年3月に東大法学部を卒業、同年、田中氏の秘書となったとある。
 72年といえば、田中氏は(中略)7月に宿敵・福田赳夫氏を破って自民党総裁となり、第1次田中内閣を成立させた年である。
 同盟国である米国といえども、日本の最高権力者に登りつめ、「今太閤」ともてはやされた田中氏の表に出ない動向や心中、プライバシーについて情報収集するのは、冷酷な国際社会では常識といえる。(中略)
 鳩山氏は発言後、「(中略)日本の外交や防衛も情報収集には(お金を)潤沢に回した方がいい」と真意を語ったが、国防総省のヒューミント(人間による情報収集)で、自分が協力者(スパイ)だったことを事実上認めたもので、お金うんぬんといったレベルの話ではない。(後略)



「友達の友達はアルカイダ」もすごかったし、「死刑を乱数表でベルトコンベア式に執行」にも呆然とさせられたけど、これでさすがに三度目の正直? 金銭関係が綺麗なだけ(なんだろうな、多分)でも、大臣の有資格者って訳じゃないなぁ。
さすがに福田内閣になってからは、閣僚がマンガを演ずることはなくなるだろうと思ったのに。自民党の人材は層が厚くて侮れない(笑)。

追記;11月3日14時時点で、この件は、ネットで拾えるマスコミ報道でほとんど触れられていない様に見えます。
私が見つけた範囲では、「人類猫化計画」さんが「鳩山法相ペンタゴンからごちそうに(画像つき)」のエントリーで、10月31日付のANNニュースで報道があったことを画像付きでご紹介になっているぐらいです。鮮明な画像を掲載なさっている上記エントリーは必見ですよー。
[ 2007/11/02 17:59 ] 四方山話 | TB(5) | CM(19)

やっぱり教科書会社の訂正申請で手打ち? 

共同通信2007/11/01 16:11報道より「教科書会社が訂正申請 沖縄の集団自決検定

 沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史の教科書検定問題で、教科書検定審議会の検定意見を受けて日本軍の強制に関する記述を修正した教科書会社のうち1社が1日、文部科学省に訂正申請をした。関係者によると「軍の強制」を復活させる内容。一連の問題で訂正申請は初めて。
 ほかの教科書会社も近く訂正申請する方針で、文科省は申請が出そろい次第、教科書検定審議会に訂正を承認するかどうかを諮る方針。年内に結論が出る見通し。(後略)


そして、なぜか魚拓がとれない時事通信の2007/11/01-00:33とに2007/11/01-16:16報道をまとめると、
・日本史Aの教科書。「日本軍によって『集団自決』においこまれたり」という表現にする。さらに「これを『強制集団死』とよぶことがある」という注釈を加える。
・強制の記述が消えたため、検定意見撤回を求めて開催された沖縄県民大会(9月29日)や、沖縄戦生存者の「軍から命令が出たとの知らせがあった」とする証言も新たに盛り込む。
・記述を削除して合格した教科書会社5社のうち、東京書籍(東京都北区)が1日、文部科学省に対し、削除部分に関する初の訂正申請を行った。
・関係者によると、他の教科書会社も同日以降の近い時期に申請を予定している。
・文科省は申請が出そろった段階で教科用図書検定調査審議会を開いて意見を聞き、可否を決定する。

以上の要点を盛り込んだ報道は、何故か産経新聞からもでているけど引用はせず(笑)。
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/11/01 19:14 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。