FC2ブログ










佐賀県・嬉野市議会が「慰安婦」問題で国が世界に事実を主張しろとの意見書可決 

見落としていました(^^;

佐賀新聞 09月27日付より「慰安婦問題で国の主張求める意見書可決 嬉野市

嬉野市議会は定例議会最終日の26日、従軍慰安婦問題について、国が世界に対して調査研究に基づく事実を主張するよう求める意見書を賛成多数で可決した。
 意見書は米下院の「日本政府は公式謝罪をすべき」などの決議を受け、市議有志で起草して提案。同決議に疑問を呈するとともに、「謝罪を繰り返す国の外交政策は、現在や将来の国民の誇りを失いかねない重大な問題」と指摘。国にこれまでの研究に基づく事実を各国に説明していくことを求めている。賛成18、反対1で可決した。(後略)


嬉野市議会事務局は「県内10市で同様の意見書はこれまでなく、県町村議長会も県内の町村議会で同様の意見書は記憶にない」
同市議会の提案議員の1人は「事実はきちんと認めた上で、虚実については違うと強く主張するべき。地方から国にいろんなことを要求することも大事だ」唯一の反対議員は「外交にかかわる問題で事実についても見解が分かれており、慎重に対応すべき」
と、話していたと。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/28 23:59 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(13)












無料カウンター