FC2ブログ










空が青い 


そんだけなんだけど
空を見上げて、この下に立ってられる事を実感して元気が湧いてくる私ってば、単純で安上がり。


で、これを撮っておけば何かに使えそうと思うあたりが貧乏性(笑
スポンサーサイト



[ 2007/09/16 19:20 ] 小ネタ | TB(4) | CM(11)

適正な検定手続きで高校教科書から沖縄戦「集団自決」の"軍強制"記述をなくすには 

沖縄戦「集団自決」教科書記述削除関係記事が連発になっている今日この頃。
本日付の報道をまず収集。
琉球新報 2007.9/16 9:31付報道にて「国会議員共同声明へ 『撤回が県民総意』

 29日に宜野湾海浜公園で開催される「教科書検定意見撤回を求める県民大会」(同実行委員会主催)を前に、(中略)県民大会に向けた座談会を開いた。各党とも大会に向けて所属議員の全員参加の方針を表明。大会後の超党派での要請に加え、県選出・出身国会議員11人による共同アピールを提出することで一致した。(後略)


照屋寛徳社民党県連委員長「(超党派の大会は)検定撤回、記述回復を求める上で大きなインパクトになる」
新垣哲司自民党県連幹事長「沖縄戦の実相を曲げてはならない。オール沖縄の問題だ」
喜納昌吉民主党県連代表「今回の大会で、解決に向けた一つの流れをつくりたい」
呉屋宏国民新党県連代表「撤回に向け可能性がある働き掛けはすべてすべきだ」
赤嶺政賢共産党県委員長「県の国会議員11人が共同アピールを出すべきだ」との意見に、各党とも賛同(注;引用者はここで驚いている)
『教科用図書検定調査審議会の日本史小委員会に沖縄戦研究者がいないまま記述修正を承認、実質的議論がなされていなかったこと』に
糸洲朝則公明党県本代表「現実を無視し、実情を把握していない。断じて容認できない」
下地幹郎政党そうぞう代表「文科省はそういう方向性を持つ人を選ぶ。一番政治介入が起こっている」

沖縄タイムズ 2007.9.16付報道(朝刊1面)にて「出版社、訂正は『無理』 『軍強制』記述回復(引用中の強調は引用者による、以降すべて同じく)

 (略)
日本軍の強制をめぐる記述を二○○六年度の検定で削除させた問題で、複数の教科書出版社の関係者が沖縄タイムスの取材に応じ、「軍強制」の記述を回復させるには検定意見の撤回や変更が必要との見解を示した。教科書会社が文科省に、内容を手直しする正誤訂正を申請して記述を元通りにさせることは、「手続きはできるが、検定意見がある限り、文科省は記述回復を絶対に認めないので無理だ」と口をそろえた。

…引用中断。「検定意見の撤回や変更が必要との見解」って、そりゃそうだろうという気が…

 (略)関係者は「南京大虐殺や従軍慰安婦をめぐる記述で社会科の教科書検定が注目されるようになり、検定が神経質さを増してきた。記述の自由を制約し、慎重さを求めるのが最近の検定の傾向だ」と話す。

 検定意見を渡されると、その後、十週間の修正期間で教科書調査官と教科書会社が意見がついた記述をどのように変更するかやりとりする。教科書会社側も「簡単に引き下がったわけではない」が、結局は調査官が考える歴史解釈の幅に収まる表現に改められる。

 出版社は検定意見を渡されてから十五日以内に反論書を提出し、検定意見の見直しを求めることもできるが、「よほどはっきり『検定は間違い』といえることでなければ難しい」という。「文科省と必要以上に争いたくない」との本音もある。
(中略)
 ある教科書編集者は、「検定制度がある以上、こうした問題は起こり続ける」と指摘した。



ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/16 15:00 ] 自爆史観 | TB(6) | CM(4)












無料カウンター