スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9・29「教科書検定意見撤回を求める県民大会」 前 

実際のアップは10/1。
長くなったので、県民大会前に拾っておいた情報をこちらに。

スポンサーサイト
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/30 23:59 ] 四方山話 | TB(1) | CM(0)

ミャンマー軍事政権による民衆デモ武力弾圧の件 

(初出9/27のエントリーを整理・加筆して、29日付に修正)

8/15の燃料費大幅値上げに対して市民から抗議行動を受けているミャンマー軍事政権は、9/26にデモの武力弾圧に踏み切り、報道関係の外国人(日本人)を含む多数の死者を出す事態に至っています。
この暴挙に対する抗議の意志を、こちらの署名で伝えることができるそうです(詩音さんによる村野瀬玲奈さんのブログコメント欄への情報提供です)。
"AVAAZ.ORG THE WORLD IN ACTION"による、Stand with the Burmese Protesters(ミャンマーの人々と共に抗議に立ち上がろう!〈このタイトルおよび本文の日本語訳はStiffmuscleさん提供していただきました〉)
上記署名サイトの説明文;

After decades of military dictatorship, the people of Burma are rising – and they need our help. Marches begun by monks and nuns have snowballed, bringing hundreds of thousands to the streets. Now the crackdown has begun...
(何十年間も軍事独裁政権が続く中、今、ミャンマーの人々は立ち上ろうとしています。そして、彼らにはわたしたちの助けが必要です。僧侶や尼僧が始めた抗議の行進は雪ダルマ式にその数を増し、何十万の人々が街頭に集まってきました。すでに弾圧が始まっています。)

When the Burmese last marched in 1988, the military massacred thousands. But if the world stands up and supports their struggle, this time they could succeed. We'll send our petition to United Nations Security Council members (including the dictatorship's main backer China) and to media at the UN, while also alerting the Burmese to our support:
(1998の前回のデモ行進では、数千人のミャンマー国民が軍によって虐殺されました。しかし、世界が彼らの戦いに賛同し支援すれば、今回は実を結ぶかもしれないのです。わたちたちは、請願書を国連安全保障委員会のメンバー国(ミャンマー軍事政権の後ろだてである中国も含む)と国連にいるメディアに送ります。もちろん、ミャンマーの人々にも送りわたしたちの支持を伝えます。)



28日正午で154,737、29日正午現在で209,672の署名が集まっています。
[ 2007/09/29 12:34 ] 四方山話 | TB(13) | CM(9)

佐賀県・嬉野市議会が「慰安婦」問題で国が世界に事実を主張しろとの意見書可決 

見落としていました(^^;

佐賀新聞 09月27日付より「慰安婦問題で国の主張求める意見書可決 嬉野市

嬉野市議会は定例議会最終日の26日、従軍慰安婦問題について、国が世界に対して調査研究に基づく事実を主張するよう求める意見書を賛成多数で可決した。
 意見書は米下院の「日本政府は公式謝罪をすべき」などの決議を受け、市議有志で起草して提案。同決議に疑問を呈するとともに、「謝罪を繰り返す国の外交政策は、現在や将来の国民の誇りを失いかねない重大な問題」と指摘。国にこれまでの研究に基づく事実を各国に説明していくことを求めている。賛成18、反対1で可決した。(後略)


嬉野市議会事務局は「県内10市で同様の意見書はこれまでなく、県町村議長会も県内の町村議会で同様の意見書は記憶にない」
同市議会の提案議員の1人は「事実はきちんと認めた上で、虚実については違うと強く主張するべき。地方から国にいろんなことを要求することも大事だ」唯一の反対議員は「外交にかかわる問題で事実についても見解が分かれており、慎重に対応すべき」
と、話していたと。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/28 23:59 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(13)

オーストラリア上院「慰安婦」和解推奨決議、その後 

(若干加筆修正しました@09/28 1:30)
9/27現在、20日に採択されたオーストラリア上院決議に関する報道が、この問題にかねてよりの深い関心をもっている産経さんだけ、というなかなかすごい状況ではある。
赤旗さん、そちらまで福田内閣関係で手一杯ですか?

でも、まぁ、せっかくの報道をStiffmuscleさんから教えていただいたので、うちでもメモ。
Sankei WEB 2007/09/25 19:19付で「豪州上院、慰安婦謝罪決議を否決

 オーストラリアの上院で、慰安婦問題について日本に公式謝罪を求める決議案が否決される一方、同問題などで日本政府の取り組みを評価する決議案が採択された。7月末に対日非難決議を採択した米国下院とは対照的な結果となった。(中略)

19日分の野党によって提出された謝罪要求度合いの高い動議が与党に否決されたとの言及の後、

20日に賛成多数で採択された、自由党提出の決議案は「“慰安婦”は日本の歴史におけるおぞましい出来事だ」とする一方、慰安婦問題での日本の取り組みを評価。被害者たちとの対話継続を促す内容となっている。(シンガポール 藤本欣也)


この報道を見たときの第一印象;
なんで5日も後なんだ? 何でシンガポールの記者がレポートしているんだ? 産経はオーストラリアに記者がいないのか?
だったのはともかく。

すでにStiffmuscleさんがぎたぎたにつっこみ入れているけど。
非常に良い所どりに走った報道であることに感心したので、改めて採択された動議を再掲。そしてStiffmuscleさんの訳をもらって来て並べてみる(《》でくくった注釈もStiffmuscleさんによるものです)。

なお、改めて見つけなおした(文章はPDF版と同じ)The official record of the Senate HTML版のの当該部分へのリンクはこちら
[ 2007/09/27 20:19 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(9)

呆然… 

現時点でもgegengaさんが取り上げているし、お玉さまも取り上げていし、さらに他の皆さんも取り上げるだろうけど、私もこの報道を見て呆然。

共同通信2007/09/25 11:51 より「『署名なしで死刑執行を』 記者会見で鳩山法相

鳩山邦夫法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑執行について「法相が絡まなくても、自動的に客観的に進むような方法を考えてはどうか」と述べ、法相の署名がなくても執行できるように制度を変更すべきだとの考えを示した。


はぁ?
…上記の共同に加え、読売産経毎日朝日、どれもだいたい同じような感じに発言を淡々と伝える調子の報道である。それらから鳩山氏の発言を抜き出してみる。発言そのものは拾っていないので、発言順は元々のを反映していないと思うし、下記は重複もあるとは思う。

大臣に責任を押っかぶせるような形ではなく執行の規定が自動的に進むような方法がないのかと思う」
誰だって判子ついて死刑執行したいと思わない
法務大臣が絡まなくても自動的に(執行が)進むような方法を考えたらどうかと思うことがある」
「(執行命令書を出す)職責から逃げようというのではなく、『次は誰を執行』という話題になることがいいとは思えない。」
「大臣の死生観によって影響を受ける」
「判決確定後6カ月以内に法相が執行を命令しなくてはならないという法律は守られるべきだ。」

執行の順番について;
ベルトコンベヤーと言ってはいけないが、(死刑確定の)順番通りにするか、乱数表にするか、そうした客観性がある何か
「(確定の)順番なのか、乱数表なのか分からないが、自動的に進んでいけば『次は誰』という話にならない」
「(誰を執行するのかを法相が最終的に決めるやり方で法相が)精神的苦痛を感じないでもない

死刑執行は「特に慎重を期する必要がある」として法相の命令を必要としている事に対し;
「我が国は非常に近代的な司法制度を備え、三審制をとり、絶対的な信頼を置いているわけだから、(法相が執行対象者を)選ぶという行為はあってはならない」

法務省が執行の対象者を公表しない現状について;
「遺族感情や他の死刑囚の心情などがある」と、公表になじまないとの見解を示した。


なお、これは問題提起の発言であって法務省に検討は命じていないとのこと。また、これは退任会見での発言で「元」法相の発言ではある(注;再任されました)。しかし、この感覚の人物が国会議員をやっているというだけで溜息が出る。

ツッコミどころは、どこからか迷うほど根本的にあれだけど、とりあえずは一点だけ。
結局、鳩山氏は死刑執行書に判子(署名?)せずにすんだことは喜んでいるらしい。
しかし、法務省もお役所だ。執行にあたって誰の決済も必要ないということはないだろう。たとえ、法務相の署名捺印をしない制度にしたところで、誰かの署名なり捺印を伴う決済無しに執行されるはずはない。ヒトの命を絶つという、どう考えても「特に慎重を期する必要がある」決断なんだから(大抵は物品購入一つでも決済が必要なんじゃないのか)。

その決断の責任を、省のトップである大臣が負わないつもりか?
「大臣に責任を押っかぶせるような形ではなく」だって?
責任引き受ける立場が大臣じゃないのか?

この責任感覚はあんまりだ。
だいたい、自分が死刑執行書の判子つきたくないと思うのなら、何故、そもそも死刑執行書の決済が必要ない制度にしようと思わない?


参考;鳩山前法相が「絶対的な信頼を置いている」「非常に近代的な司法制度」に対して、国連拷問禁止委員会が発表した最終見解にあたっての日弁連会長声明がこちらで閲覧可能
日本における代用監獄や取り調べ方法あるいは死刑制度は、国連拷問禁止委員会から深刻な懸念を表明されているのです。。。

追記;国連拷問禁止委員会勧告書暫定訳が「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)」さんにて掲載されていたのでリンク

再追記(9/26)を三つ;
1,鳩山氏は、福田内閣でも法相をするそうです。今後を注意深く見守りたいと思います。

2,gegengaさんの「かめ?」コメント欄にてみなみ虫氏が紹介してくださっているYahooアンケートにて「法相が絡まなくても、死刑執行が自動的に進む方法があれば」に対する回答が、現時点で賛成の人が84%(64675票)、反対の人が12%(8973票)、残りが5%がわからない。
って、えええ~っ!?
…いや、そりゃ、これはネットアンケートにすぎませんけどね。でも、ほんとーに、この国で裁判員制度を導入するんでしょうか。。。

3,jo_30さんの「こころはどこにゆくのか?」の「なんでも自動化」が、この件に対する大変優れた批評エントリーでした。
[ 2007/09/25 18:00 ] 四方山話 | TB(17) | CM(25)

説伏三昧 

注;タイトルには誤字があります。

ついつい、スコーンに凝っている今日この頃。
本場のレシピを拾ってきて、試してみる。
(元レシピにあるレーズンと照り用の卵はなし、その他、計量単位が違うので多少アレンジ)
強力粉       200g
薄力粉       50g
ベーキングパウダー 小さじ2.5
グラニュー糖    37g
バター       45g
卵         1個
ミルク       115ml
これで、約9個分。うちのオーブンの天板だとちょうど一枚分。
作り方は基本通り。卵は溶いておいてミルクと合わせて加えるだけ。

見た目が微妙に黄色っぽい(当たり前)。味は、プレーンスコーンよりケーキっぽい感じ。


さらに別バージョン。基本配合をスケールアップしつつ、一部違う材料に置き換えてみる。
強力粉       190g
全粒粉       60g
砂糖        大さじ2.5
ベーキングパウダー 小さじ2.5
醗酵バター(有塩) 60g
ミルク       130g

基本より、ちょっとつぶつぶと色が濃い感じ。
で、これが、基本より美味しい、、、様な気がする。発酵バターはポイント高いっすよ。団長
クロテッドクリームその他が手に入ってないので、コンデンスミルクをかけてみると大変美味でございました。
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2007/09/24 00:00 ] 小ネタ | TB(1) | CM(7)

なんか間違ってる気がする 

例えば、布団に寝っ転がって本を読んでいたりする。
脇腹あたりに、ポフっとした感触の柔らかいものが触ってくる。
何かは予想が付くので、そうすぐに確認したりはしないけど、何かの拍子に視線を向ける。
と。





[ 2007/09/23 21:38 ] 猫便り | TB(1) | CM(10)

オーストラリア上院って結局なにをやっているんだろう? 

色々と報道を探していると、こんなのを発見。

Supporters angered by 'weak' Australian comfort women resolution
…ああ、採択されなかったオーストラリアの動議について報道してるのか、と思いつつ目を通す。AOLの20日付の報道。

(導入部略)
 The upper house resolution, backed by the ruling Liberal-led coalition, stops short of calling for an official apology or compensation for the euphemistically named comfort women who were forced by the Japanese to work as sex slaves in military brothels during World War II.
 Instead, the resolution "encourages" Japan to "take further steps" to raise awareness of and engage in reconciliation with the comfort women, who historians estimate numbered about 200,000.

 多数派の自由党連合によって支持された上院決議は、第二次世界大戦中に軍事売春施設で性奴隷としての労働を強制されて婉曲に「慰安婦」と呼ばれた女性達に公式謝罪と賠償を要求するにはいたっていない。
 代わりに、決議は日本へ、歴史学者が20万人にも達すると算定した「慰安婦」と和解するための「更なる手段を採ること」を「奨励」している。


…は?
なんか知っている話とは違うぞ?
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/22 23:59 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(12)

米軍基地よりジュゴンが好き 

例えば、2008年の洞爺湖サミットのコンセプトの一つは「【環境との共生】 環境重視の日本を世界にアピール」なんだそうだし、与党の掲げるお約束(リンク先はクリックしない方がいいです)には「国際社会において、環境外交を戦略的に展開する」やら「美しい郷土をつくる」やらある訳なので。

当然、こういう意見書には真摯に対応するんですよね。

日本自然保護協会 は9/20に、アメリカ軍普天間飛行場代替施設に関する環境影響評価(アセスメント)方法書の撤回を求める意見書を沖縄防衛局の鎌田昭良局長に送付したとのこと。

報道は、沖縄タイムズ2007年9月21日(金) 朝刊 26面「自然保護協が撤回要求/『普天間』代替アセス方法書」、琉球新報9/21 9:36付「方法書、撤回求める 日本自然保護協会」、毎日新聞2007年9月20日 18時47分付「普天間移設:日本自然保護協会が環境影響評価で意見書」あたり。
内容はどの報道も似たり寄ったりですが、琉球新報の出だしが簡潔かな。

米軍普天間飛行場代替施設の環境影響評価(アセスメント)の方法書に関し、日本自然保護協会は20日、IUCN(国際自然保護連合)の勧告(2004年)で求められている複数の代替案の検討が行われていないことなどから必要な要件を欠いているとして、方法書の撤回と位置選定を含めた手続きのやり直しを求める意見書を沖縄防衛局に送付した。協会理事の吉田正人江戸川大教授は同日、環境省で会見を開き「このまま調査を進めれば辺野古に生息するジュゴンなど希少生物への影響が過小に評価される恐れがある」と述べ方法書の撤回を強く求めた(後略)。



[ 2007/09/21 19:25 ] 四方山話 | TB(8) | CM(4)

オーストラリア上院で「慰安婦」動議は採択されず 

The Senate DYNAMIC REDというサイトで、逐次結果が掲載されるようなので見ていたら、採択されなかったようです。

そのスクリーンショット(魚拓は変になってとれなかったので)


Negatived Senate divided: Ayes 34; Noes 35



今年の2月の動議が賛成34・反対36で否決だったので、、、否決が一票減っただけでしたね。

…これは、否決してくれてありがとうと、歴史議連の議員さん達がオーストラリア上院の議員さん達にお礼状を書くといいのではないでしょうか。 あるいは否決に対する謝礼広告を出すとか。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/19 17:25 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(4)

19日にオーストラリア上院で「慰安婦」動議が採択にかけられる予定 

(19日、非採択だったのでせこくタイトル変更(^^;)

StiffmuscleさんからTBをいただいて、明日、オーストラリア上院で慰安婦決議が動議採択されそう…という事で情報を探してやっとめっけ。
オーストラリア上院のサイトにあったJOURNALS OF THE SENATE No. 161 (TUESDAY, 11 SEPTEMBER 2007)によると、

General business notice of motion no. 882 standing in the name of Senator Wong for today, relating to Japan and sexual slavery during World War II, postponed till 19 September 2007.


Wong上院議員によって本日提出された動議882は、19日に延期って。。。あれ? Nettle議員じゃない。
調べてみると、Wong上院議員は労働党所属。
現在のオーストラリア上院は(外務省の情報によると)定員が76人で「保守連合39、労働党28、民主党4、グリーン党4、家族優先党1」という構成。前回のオーストラリア上院の「慰安婦」動議を提出したのは緑の党で、、、賛成34・反対36で否決

これは恐らく。。。

どうやら、多分こちらで中継するみたいようです。
http://webcast.aph.gov.au/livebroadcasting/eventdetailsSenate.aspx?eventid=436253

以降に、今回の動議の関連箇所を抜き出しておきます。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/18 20:57 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(33)

異常事態発生! 

週末、当ブログに妙なアクセスが激増した。
検索経由なのだが、その検索フレーズが「脳内メーカー前世版」。

おかげで、9/13-9/15の「脳内メーカー☆前世版」のページビューが151もあった。当方のような辺境の弱小ブログでは驚きの異常事態。
検索フレーズも「脳内メーカー前世版」なら54アクセス。
「脳内メーカー 前世版」なら54。『「脳内メーカー」前世版』なら2。

もちろん、それ以前はそんなことはない。
9/10-9/12ではページビューはたったの3。「脳内メーカー前世版」での検索アクセスもたったの2。
9/7-9/10なら、ページビューはわずかに1のみ。

一体どういう事だ!
と驚いていると、見慣れた(笑)リモートホストからのアクセスが、当方のブログ内で「脳内メーカー」を検索している。訊きに行こうかと思いつつも、まずは自力でと、自分で検索してみたらすぐに謎が解けた(笑)。

9/13発売の女性セブンで、「脳内メーカー」前世版が面白いという記事が掲載されていたからだった。そして、9/15時点で、Google検索でのトップヒットがその女性セブン、二番目がうちの記事だったのだ。

しかしねぇ。
Googleの検索結果でも、「道場」や「軍団」のみなさんを云々書いてあるのに、、、どんな人物かも解らない相手に関する脳内メーカーの判定結果を見たところで、何か面白いのかねぇ?
どうせなら、こう言うのだったら、全然関係ない人でも楽しめただろうけどね。


[ 2007/09/17 07:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(3)

空が青い 


そんだけなんだけど
空を見上げて、この下に立ってられる事を実感して元気が湧いてくる私ってば、単純で安上がり。


で、これを撮っておけば何かに使えそうと思うあたりが貧乏性(笑
[ 2007/09/16 19:20 ] 小ネタ | TB(4) | CM(11)

適正な検定手続きで高校教科書から沖縄戦「集団自決」の"軍強制"記述をなくすには 

沖縄戦「集団自決」教科書記述削除関係記事が連発になっている今日この頃。
本日付の報道をまず収集。
琉球新報 2007.9/16 9:31付報道にて「国会議員共同声明へ 『撤回が県民総意』

 29日に宜野湾海浜公園で開催される「教科書検定意見撤回を求める県民大会」(同実行委員会主催)を前に、(中略)県民大会に向けた座談会を開いた。各党とも大会に向けて所属議員の全員参加の方針を表明。大会後の超党派での要請に加え、県選出・出身国会議員11人による共同アピールを提出することで一致した。(後略)


照屋寛徳社民党県連委員長「(超党派の大会は)検定撤回、記述回復を求める上で大きなインパクトになる」
新垣哲司自民党県連幹事長「沖縄戦の実相を曲げてはならない。オール沖縄の問題だ」
喜納昌吉民主党県連代表「今回の大会で、解決に向けた一つの流れをつくりたい」
呉屋宏国民新党県連代表「撤回に向け可能性がある働き掛けはすべてすべきだ」
赤嶺政賢共産党県委員長「県の国会議員11人が共同アピールを出すべきだ」との意見に、各党とも賛同(注;引用者はここで驚いている)
『教科用図書検定調査審議会の日本史小委員会に沖縄戦研究者がいないまま記述修正を承認、実質的議論がなされていなかったこと』に
糸洲朝則公明党県本代表「現実を無視し、実情を把握していない。断じて容認できない」
下地幹郎政党そうぞう代表「文科省はそういう方向性を持つ人を選ぶ。一番政治介入が起こっている」

沖縄タイムズ 2007.9.16付報道(朝刊1面)にて「出版社、訂正は『無理』 『軍強制』記述回復(引用中の強調は引用者による、以降すべて同じく)

 (略)
日本軍の強制をめぐる記述を二○○六年度の検定で削除させた問題で、複数の教科書出版社の関係者が沖縄タイムスの取材に応じ、「軍強制」の記述を回復させるには検定意見の撤回や変更が必要との見解を示した。教科書会社が文科省に、内容を手直しする正誤訂正を申請して記述を元通りにさせることは、「手続きはできるが、検定意見がある限り、文科省は記述回復を絶対に認めないので無理だ」と口をそろえた。

…引用中断。「検定意見の撤回や変更が必要との見解」って、そりゃそうだろうという気が…

 (略)関係者は「南京大虐殺や従軍慰安婦をめぐる記述で社会科の教科書検定が注目されるようになり、検定が神経質さを増してきた。記述の自由を制約し、慎重さを求めるのが最近の検定の傾向だ」と話す。

 検定意見を渡されると、その後、十週間の修正期間で教科書調査官と教科書会社が意見がついた記述をどのように変更するかやりとりする。教科書会社側も「簡単に引き下がったわけではない」が、結局は調査官が考える歴史解釈の幅に収まる表現に改められる。

 出版社は検定意見を渡されてから十五日以内に反論書を提出し、検定意見の見直しを求めることもできるが、「よほどはっきり『検定は間違い』といえることでなければ難しい」という。「文科省と必要以上に争いたくない」との本音もある。
(中略)
 ある教科書編集者は、「検定制度がある以上、こうした問題は起こり続ける」と指摘した。



ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/16 15:00 ] 自爆史観 | TB(6) | CM(4)

「システム上の問題はない」教科書検定 

文部科学省が高校歴史教科書の沖縄戦でも「集団自決」に関し、日本軍の強制をめぐる記述を検定で削除させた件についての報道が沖縄タイムズだけという点は多少は気になっていたのですが、14日朝に琉球新報でも出ていました。琉球新報でも独自にインタビューをとって確認の上での報道しているようでしたので、それを取り上げようと思っていたら、本日、さらに話が展開していました。

琉球新報9/15 9:44付報道によると、「文科省、専門家不在認める 『集団自決』軍強制削除」(以下、強調は引用者によります)

(略)沖教組や高教組などが加盟する平和フォーラムと野党国会議員らは14日、文科省に同検定の撤回を求める署名約41万7千人分(第二次集計分)を提出した。(中略)
 布村幸彦審議官は教科用図書検定調査審議会委員に沖縄戦の専門家がいないことは認めたが、実質的審議がなされないまま検定意見が承認されたことに「システム上の問題はない」と述べ、手続きは適正だったとの認識を示した。


…引用中断。「システム上の問題はない」、、、でも、そのシステムが変。手続きだけは適正でも、結果が不適切。はぁ。

 検定意見を受けて「日本軍」の主語が削除されたことについて、布村審議官は「(修正前の記述では)すべての住民が日本軍によって追い込まれたと高校生が誤解する可能性がある」と説明した。


…検定意見が付された教科書の一つ、清水書院の申請段階記述(こちらより引用)「日本軍に集団自殺を強制された人いた」→検定意見が伝えられ修正された記述「集団自決に追い込まれた人びともいた」ふぅ~ん?
そして、累計52万7217人分の署名に関しては「重く受け止める」と述べたそうです。
要請した方達は、署名提出に先だって横路孝弘衆院副議長、江田五月参院議長に検定撤回に向けた協力を要請し、記者会見で「審議会の委員が沖縄問題を分からない素人で、調査官の原案を追認した。出された結果が間違いなら、訂正する手段があるべきだ」と指摘したそうです。

ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/15 12:30 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)

沖縄「集団自決」に関する教科書検定についてのメモ 

沖縄の報道をあたっていると、またこんな話に行き当たってしまいました。

沖縄タイムズ2007.09.12付報道(朝刊1面)により、「検定 審議実態なし/小委、文科省意見を追認 『集団自決』軍命削除/沖縄戦研究者は不在」なんだそーです。

 文部科学省が高校歴史教科書の沖縄戦における「集団自決(強制集団死)」について、日本軍の強制をめぐる記述を二○○六年度の検定で削除させた問題で、検定を担当した教科用図書検定調査審議会(教科書審議会)の日本史小委員会では「集団自決」の記述について審議委員の話し合いはなく、意見も出なかったことが十一日、分かった。文科省の教科書調査官が検定意見の原案を示して説明し、そのまま意見が素通りしていたことが明らかになった。(中略)

 日本史小委員会は十人以下の大学教授らで構成され、うち四人がアジア太平洋戦争など日本近現代史の専門家。だが、沖縄戦について詳しく研究した委員は皆無だ。文科省は全審議委員の氏名、所属は公表しているが、担当教科・科目や部会、小委員会の審議内容はこれまで明らかにしていない。

 委員の一人は「日本史担当の審議委員の中に沖縄戦を専門としている先生はおらず、議論のしようがない」と振り返った。その上で「日本史小委員会では『集団自決』に関する検定意見について教科書調査官の説明を聞いただけ。話し合いもせずに通してしまった。歯痒い思いだ」と語った。

 別の文科省関係者も、「日本史小委員会で『集団自決』についての具体的な議論はなかった。『調査官の意見、説明を聞いただけ』といわれればその通り。審議会では学問的な論争はしていない」と認めた。文科省はこれまで、「『集団自決』は日本軍の強制によるものだった」とする記述に対し「沖縄戦の実態について、誤解する恐れのある表現である」と検定意見をつけ、日本軍の強制に関する記述を削除させたことについて、「学術的な検討を得た審議会の決定」と説明してきた

 伊吹文明文科相は、衆院文部科学委員会で「文部科学省の役人も安倍(晋三)首相もこのことについては一言も容喙(口出し)できない仕組みで教科書の検定は行われている」と答弁、政府の関与を一貫して否定し続けている。

 しかし審議会には検討の実態がなく、文科省から発案された調査意見が追認されただけであることが明らかになった。(後略)


(強調は引用者によります。以下も同じく。)
ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/14 00:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(0)

沖縄戦と共通構造をもつといわれている「パラオ虐殺」 

沖縄「集団自決」訴訟関連報道を探していて見つけた話。
こういう話もあったんですね…。
アジア・太平洋戦争中におこった「旧南洋群島で起きた日本軍のハンセン病患者虐殺事件」を調査している研究者の報告会が11日に行われたとのこと。
沖縄タイムズ 2007.9.10付報道(夕刊9面)にて「パラオ虐殺 沖縄戦と共通/藤野准教授、あす報告会

[ 2007/09/13 18:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(5)

総理辞任会見質疑、一問一答 

総理辞任会見が面白そうだったので、携帯用通話端末に付属のICレコーダーに録音しました。
案の定、質疑が大変面白かったのでおすそ分けにテキストに起こしました。
あまりいい録音機能じゃないので音が悪く、聞き取り辛い箇所があるのを適当に直していますので、そのままじゃないことをご了承下さい。
…それでも、爆笑ポイントには力が入っていますが。


一人一問、所属と名を名乗ってからという注意の後、スタート。

[ 2007/09/12 18:06 ] 四方山話 | TB(10) | CM(23)

『家庭だんらん法』? 

時事通信 2007/09/11-12:51 より「『家庭だんらん法』に言い換え指示=『残業代ゼロ法』で舛添厚労相」(via.「こころはどこにゆくのか?」、たびたびすみません
「『残業代ゼロ制度』と批判を浴び法案提出を見送った」「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション制度(WE)」を言い換えて、「「残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる」と評価」

[ 2007/09/11 18:24 ] 四方山話 | TB(7) | CM(21)

沖縄「集団自決」訴訟も自爆中? 

琉球新報2007.09.10付報道にて「金城氏、軍強制を証言へ 『集団自決』訴訟(魚拓無し)」

 沖縄戦中、渡嘉敷・座間味両島で起きた「集団自決」(強制集団死)をめぐり、岩波新書「沖縄ノート」などで日本軍の隊長命令だったと記述され名誉を傷つけられたとして、戦隊長だった梅澤裕氏(90)らが岩波書店と作家の大江健三郎氏に出版差し止めなどを求めている訴訟で、大阪地裁(深見敏正裁判長)は10日午後、福岡高裁那覇支部で所在尋問(出張法廷)を開始した。
 渡嘉敷島の「集団自決」の当事者だった金城重明沖縄キリスト教短期大学名誉教授(78)が被告・岩波側の証人として出廷した。(中略)渡嘉敷島では米軍上陸翌日の1945年3月28日に「集団自決」が起き、住民329人が命を落とした。当時16歳だった金城氏も母や妹、弟を手にかけた。(中略)
 高校の歴史教科書から「集団自決」に対する日本軍の強制の記述を修正・削除させた文部科学省の3月の教科書検定が、原告の陳述書を一方的に検定意見の根拠とするなど、訴訟は沖縄戦の史実をゆがめようとする動きに大きな影響を与えている。沖縄現地に赴いた裁判官が体験者の言葉をどう受け止め、判決に反映させるのか。金城氏の出廷に関心が高まっている。



沖縄タイムズ2007.09.10付報道にて「沖縄法廷 軍命存在強調/『集団自決』訴訟(魚拓無し)」

(略)「住民は崇高な犠牲精神で自ら命を絶った」などと主張する原告側に対し、被告側証人として渡嘉敷島で「集団自決」を経験した金城重明氏(78)が出廷。(略)
 七月に大阪地裁で行われた証人尋問では、渡嘉敷島の戦隊長だった故赤松嘉次氏の元副官や部隊の中隊長が、原告側証人として「住民への命令はなかった」などと証言した。金城氏はこれに相対する被告側証人となる。
 金城氏は当時十六歳。米軍の上陸を受け、渡嘉敷島の住民は軍の陣地近くに集められ、「天皇陛下万歳」と叫んだ村長の一声を皮切りに手榴弾による「集団自決」が始まった。手榴弾を持たない家族は互いに家族を殺し合った。金城氏も兄とともに母や弟、妹に手をかけた。
 同訴訟は今年三月にあった高校の歴史教科書検定で、「集団自決」への軍関与の表現が削除される際の根拠の一つになった。検定撤回に向けて開かれる県民大会を二十九日に控え、自身の体験を語る金城氏の証言にあらためて注目が集まる。


なんでも、「原告の元戦隊長側が、隊長命令の有無だけを争点とし」ているそうなのに、原告側が「住民は崇高な犠牲精神で自ら命を絶った」とも原告が主張しているのもよく解らない事態ながら、11日分の報道をピックアップ。

ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2007/09/11 18:00 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(4)

今度は「噂メーカー」 

「こころはどこにゆくのか?」のjo_30さんが、面白そーなものをご紹介だったのでお持ち帰り。
「あなたの一言がどのように広まるかをシミュレートしてくれる『うわさメーカー』」だそうで(^^;

とりあえず、二つばかり噂を流してきました。

[ 2007/09/10 07:30 ] 小ネタ | TB(2) | CM(18)

「米国に長崎広島原爆投下の謝罪を求める地方議員と市民の会」が 

9/5付でアメリカ大使館へ、「慰安婦」公式謝罪決議に対する、抗議と謝罪要求をしたのだそうです。

この「米国に長崎広島原爆投下の謝罪を求める地方議員と市民の会」というのは、同会のホームページによると今年の8/6に設立したのだそうで、代表は高山博光福岡市議。参加者一覧はこちらにリストアップしてくれていました。見たような名前がたくさんありますが、イセザキの方は、今のところ見当たりませんね。

で、 9/5 15:30(時間まで書いてあった)アメリカ大使館に赴いたのだそうです。 高山博光福岡市議・伊藤玲子元鎌倉市議・古賀 俊昭東京都議・宍倉清蔵千葉市議・三橋弘明茂原市議と、事務局の増木重夫氏と西村修平氏が。
そのレポートがこちらにアップされていましたが、修飾部分を取っ払って以下に引用しますと;
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/08 01:12 ] 自爆史観 | TB(5) | CM(23)

『慰安婦』関連の国際大会が10月にロスで開催 

朝鮮新報 2007.9.7付報道にて「『慰安婦』問題世界大会 朝鮮はじめ11カ国参加
日本軍「慰安婦」問題解決のための「アメリカでは初めての『慰安婦』関連の国際大会」が10/3ー7日、ロサンゼルスで開催とのこと。

 大会準備委員長の李鍾和ロヨラ・メリーマウント大学教授は、「日本軍『慰安婦』問題は、ある国、ある人種だけの問題ではなく、全世界で共に解決すべき人権と平和の問題」としながら、今大会は「このような認識を共有し女性に対する戦争犯罪が再び起こってはならないと確認、決議する場になるだろう」と意義を強調している。

 大会は、同準備委員会が主催し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などで行われる。日本軍「慰安婦」問題を通じて世界平和と人権の重要性を高めるための国際的協力と連帯を深め、学生たちを教育する場に機会を提供、日本政府の責任認定と公式謝罪や賠償を要求することなどが目的だ。

 現在、北南朝鮮、日本、台湾、中国、インドネシア、フィリピン、オランダ、ドイツ、オーストラリア、米国などからの団体が参加予定だ。朝鮮からは「朝鮮の日本軍『慰安婦』および強制連行被害者補償対策委員会」の関係者らが参加する。

 大会期間中、参加者による記者会見をはじめ各国の非政府組織(NGO)代表による日本軍「慰安婦」問題の実状や運動の歴史についてのシンポジウム、専門家による講演、演劇、絵画展、写真展、映画上映などが行われる予定だ。大会では、「日本軍『慰安婦』被害者のための人権宣言」が発表される。


さらに「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」第5回会議も同時期にロサンゼルスで行われる予定だとのこと。

"The World Conference on Japanese Military Sexual Slavery"のページはこちら
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/07 20:19 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(2)

「歴史修正主義に反対します」のリングに参加 

D_Amonさんがリングを作成してくださってたので。
ええ、もちろん、歴史修正主義に反対しますとも。

というわけで、参加してきました。。。
っていうか、今時点では参加申し込みをしてきただけともいいますが(^^;
タイトルに偽りありかもしんない(焦)。



追記;参加させてもらっていることを確認しました。
[ 2007/09/06 07:00 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(4)

賛同お願い・二つ転載 

その一、Greenpeaceのサイバーアクション;「この環境アセスメント書は無効です」を世界から那覇へ

緊急メッセージ募集! 9月26日締め切り
「この環境アセスメント書は無効です」を世界から那覇へ
--- 1万人のメッセージで救う沖縄の絶滅危惧種ジュゴン ---
9月26日まで、グリーンピースは沖縄の絶滅危惧種のジュゴンを救うため、「環境アセスメント書は無効です」という世界中からの緊急メッセージを募集します。このメッセージは、メールで安倍首相、高村防衛大臣、鴨下環境大臣に届きます。また、9月27日にはグリーンピース・ジャパンが防衛省と環境省に直接届けます。



その二、アジア女性資料センターからの賛同おねがい;政府は拷問等禁止条約のフォローアップを!
…う、締め切りが9/15です、すみません。見つけるのが遅かった。

5月に出た国連拷問禁止委員会の日本審査最終所見では、日本軍性奴隷制、人身売買やDV、基地周辺の性暴力など、さまざまなジェンダーに基づく暴力について是正を勧告し、さらに日本政府に1年以内に追加報告を出すように求めました。
しかしそれから3ヶ月経った現在も、政府は勧告に対して何の反応も示していません。このままではせっかくの勧告が無視されて終わってしまいます。


…詳細は上記リンク先へ。
「政府は拷問等禁止条約のフォローアップを!」の申し入れ書本文は「続きを読む」以下に。
[ 2007/09/05 07:00 ] ジェンダー関連? | TB(1) | CM(2)

浮気しました 

女王サマのご命令に従おうとはしたのですが。
姫のテロ攻撃に屈しました。




ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2007/09/04 00:00 ] 小ネタ | TB(3) | CM(10)

やってもーた 

一仕事終わったからって、いちいち「自分にご褒美♪」するのもどうかとはおもうものの。
帰りに秋葉を通りがかったのが運の尽き(笑
つい、ふらふらとヨドバシ秋葉館に入ってしまいました。
前からちょっと欲しかったもんで(^^;
思わず「自分にご褒美」の無駄遣い。
[ 2007/09/03 23:59 ] 小ネタ | TB(0) | CM(4)

読書メモ;「戦争とジェンダー」 

Apemanさんの「Apes! Not Monkeys! はてな別館」に気になる記事があったので、この前読んだ本にあった記述をエントリーにしておきたくなりました。

気になる記事とは、8/30付の「否定論の「性暴力」観」。
記事内容は、「映画『南京の真実』製作委員会」代表の水島聡氏によってスタッフブログに記された「強姦やり放題だったとすれば、慰安婦など必要無い筈」という見解と、ほっけさんのブログコメント欄に出てきた「似たようなことをほんの少し上品ないい方で表現」した人物の見解紹介で、Apemanさんはそれぞれの見解を

水島歴史学によれば旧軍が考えていたのはひたすら“将兵が性欲を充足させること”だけであり、強姦が多発していたのであればそれはそれで結構なことだ、と考えていたことになってしまいます。
(中略)
この(引用者注;似たようなことを表現した人物の)解釈によれば、日本軍は性病への罹患や占領地での強姦の発生といった事態への危惧が存在しないにもかかわらず、将兵の“福利厚生”のために慰安所を設置したということになります。

とまとめた上で、

慰安所制度弁護論の中には目的(=強姦防止)は間違ってなかったんだから…というものがあるくらいで、(中略)保守派・右派ですら多くの場合認めている大前提を否定してまで、この二人が守ろうとしているのは一体なになのでしょうか?

と立てた問いに

ヒントになるのが、二人の議論が性暴力をただただ「性欲」の問題としてのみ捉える態度を共有していることです。

との答を提示してらしたので、以下を抜き出しておきたくなった次第。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/09/02 18:00 ] 四方山話 | TB(2) | CM(20)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。