FC2ブログ










猫に台所 

三年あまり前に我が家に仲間入りしたしましまのお嬢様は、野良猫保護ボランティアさんから里子に頂いた。なんでも、都内某所にて路上生活を送っていた子猫を箱罠で捕獲し、二ヶ月あまりケージ生活で馴化した後に里親を募集したのだそうだ。

路上生活中に人間に怖い目に遭わされていたそうで、初めて会った時はケージの隅で縮こまっていた。この時点ですでに人手に飼われて二ヶ月は経過し、捕獲当初よりは人に馴染んでいたはずだったのだが、非常な恐がりさんだった。それも、私の前に里親候補とお見合いし、あまりに人を怖がるので破談になったというから、恐がりさんっぷりも徹底的だった。

お見合いに出向いた私はといえば、雉虎で尻尾の長い雌の子猫が欲しかったので、さりげなくその子の尻尾をチェックし、、、中長で先が曲がっていたので内心で少し迷った。しかし、破談の話で不憫に思った事もあり、気合いの入ったボランティアさん達の推しに降参することにした。

スポンサーサイト



[ 2007/05/30 19:10 ] 猫便り | トラックバック(-) | コメント(-)












無料カウンター