FC2ブログ










メモ「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」 

参議院法制局参議院議員提出法律案情報で、第164回国会参法一覧の7番目に「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」および「要綱」がPDFファイルで閲覧できる。これは、民主・共産・社民の3党と無所属議員(発議者=岡崎トミ子・円より子・千葉景子・和田ひろ子・喜名昌吉〈以上民主〉・吉川春子〈共産〉・福島瑞穂〈社民〉・糸数慶子〈無所属〉議員)らの共同で、昨年(2006年)の3月29日に提出されたもの。2001年以来7度目の提出になるという(前回の法案提出は2005/2/28で衆院解散にともない廃案だそうだ)。
その後の第165国会では提出されていないし、第166国会(現在進行中)でも提出されている様子はない。


法案提出理由として、

今次の大戦及びそれに至る一連の事 変等に係る時期において、旧陸海軍の関与の下に、女性に対して組織的かつ継続的な性的な行為の強制が行われ、これによりそれらの女性の尊厳と名誉が著しく害された事実を踏まえ、そのような事実について謝罪の意を表し及びそれらの女性の名誉等の回復に資するための措置を我が国の責任において講ずることが緊要な課題となっていることにかんがみ、これに対処するために必要な基本的事項を定めることにより、戦時性的強制被害者に係る問題の解決の促進を図る必要がある。これが、この法律案を提出する理由である

とある。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2007/05/03 19:30 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(0)












無料カウンター