FC2ブログ










靖国神社には、民間慰安所経営者が合祀されているんだそうです 

本題の前に「旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画  京都のブログ」さんの3/27付けの記事より、以下を引用して紹介させていただきたいと思う。

(安倍首相が「いま従軍慰安婦の問題は、続いているわけではない。拉致問題は、まだ日本人が拉致されたままという状況が続いている」と語ったことに対して)

___________________________引用開始
 日本軍によって性奴隷にされたおばあさん達の存在・証言からわかることは、この問題は決して「終ってはいない」ということ。日本軍にレイプされたときの様子が夢に出てきてうなされる、軍刀で斬りつけられた傷が痛む等々ーーー過酷な性暴力を受けた経験が、今でもなお、おばあさん達を苛んでいる。過去の記憶が、現在も生々しい暴力となって彼女たちを襲うのだ。遠く異国の地に置き去りにされたまま、何十年も故郷に帰れないでいるおばあさんもいる。
 少しでも「被害女性の立場」を理解しようとするならば、「この問題は続いているわけではない」とか「狭義の強制性はなかった」という発言が、いかにおばあさんたちを辱めているかに気がつくはずだ。それが、まさしく現在進行中の暴力そのものであることも。
 安倍晋三は「首相として、ここで(答弁などを通じて)おわびしている」というが、いったい誰に向って「おわび」をしているのか。そこに被害女性の姿がなければ、このような「おわび」も「強制はなかった」という発言と同じ妄言でしかない。
___________________________引用終了



以下、エントリータイトルの本題。
この話は知らなかったので、メモ。

東京新聞、20070329付けの記事「慰安所経営の一般人も合祀」
スポンサーサイト



[ 2007/03/30 17:31 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(0)












無料カウンター