スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Macで表計算 

 生まれて初めて触ったパソコンがMacだったわけではないのだが、いつの間にやらMacユーザーになっていた。そして、今となっては、マイクロソフトの独占寡占状態に加担はしないぞと、妙なこだわりをもっているので、マイクロソフトから出ているソフトも避ける傾向をもつにいたってしまった。

 しかし、世間はWindowsマシン使用者絶対多数。添付ファイルで送られてきたメールにテキストで書いてくれればいい程度の文章が書かれたファイルの拡張子が.docだったり.docxだったり、画像一枚を添付ファイルで送ってくるのにPowerPointのファイルだったりというのは、よくあることである。

 私は以前から、プレゼンソフトはKeynoteを使っているので、これのPowerPoint互換性を使えば、パワポファイルは読める。こちらから添付ファイルで送る場合はjpegかpdfに書きだして送れば無問題。ちなみにこのKeynote、Appleらしいこだわりなのか、表示やアニメーションがとても綺麗なプレゼンソフトで実際のプレゼン時に見栄えがよくて気に入っているのだが、お絵かき機能が正直実にしょぼい。バージョンが進んでかなり使いやすくなって、プレゼン作成に要する時間が少なくなって助かっているが、お絵かきの必要がある場合は、思わずAppleWorksを引っ張り出している始末だ。AppleWorksは、既にAppleから見捨てられているようなので、今後どうしようと密かに心配している(^^;

 一方、.docの拡張子付の添付ファイルは、かねてから使っているワープロのNisus Writerが対応できる。あっちもこっちも、なんだか、隅っこを選んで歩いているようなアプリの選択に、思わず我ながら感心しそうになるが、勘違いだろう。

 さて、問題は.xlsの拡張子付のファイルが送られてきた時。というか、それ以前に、表計算ソフトの需要は私自身にある。OS9時代は、MS Excelを単体で購入して使っていたのだが、OSXに移行した時点で再度の購入を迷い、MS製品の高額さと持病のMS嫌いで、MS Officeを即決で買うのを躊躇っていた。MS OfficeのパッケージにしてもMS Excel単体にしても使わない多機能がてんこ盛りで重いし、その分、高いのだ。迷っていた私の目に、Apple Storeに列挙されていた、あるアプリが目についた。

スポンサーサイト
ユーザータグ:  電脳林檎とその周辺
[ 2010/02/20 18:20 ] お仕事 | TB(0) | CM(2)

猟豹・美洲山獅・美洲豹・豹・虎・豹・雪豹 

 随分と前、私が初めてパソコンなるものを触った当時、その頃は出身大学に出入りしていた頃だが、ラボにあった共用のパソコンを使ってデータの整理をしたり計算をしたりしていた。ラボにある共用のパソコンで追いつかない複雑なことをしている人たちは、Telnetとか呼ばれていたアプリ(正確には、確かNCSA telnetだったような…)を使って、中央電算センターのうにっくす様にアクセスして何かしていた。そういう人には後光が差しているように見えたものだが(頼りたい時には特に)、ある時、そういう技をもっていた友人達若干名が、何か法律が変わったとかいう話をしながら「今までやっていたことが違法行為になった、気をつけなくちゃ」なんてヒソヒソやっているのを耳にした時には、コイツら一体何をやっとるんだ?と思ったものだった。

ユーザータグ:  電脳林檎とその周辺
[ 2009/08/26 18:13 ] お仕事 | TB(0) | CM(4)

キャノンはひどい 

 といっても、「偽装請負が」といった志の高い話ではなく、超低空飛行が墜落した上に地面に激突してめり込んでいるような、志の低い話。



ユーザータグ:  電脳林檎とその周辺
[ 2008/03/30 00:00 ] お仕事 | TB(0) | CM(8)

よくある日常風景 

昨日、仕事しすぎたので、本日、集中力がない。
なのに、本日、ただでさえ底をついている仕事をする集中力のとどめを刺すために狙い澄ましたかのようなタイミングで、電話がよくかかってくる。

[ 2007/05/08 19:11 ] お仕事 | TB(1) | CM(2)

誤変換の楽しみ 

わたくし、一応、世間一般では堅気に見えるはずのお仕事をしているので、たまにというかしばしばというか結構というか、硬い文章を書く必要に迫られます。
今の時代、文章は大抵、パソコン様でワープロ打ちします。
ひらがなで入力した文字列は、インプットメソッド様が適当に漢字の変換候補を提案してくれるので、これ、と指定するわけです。
今時のインプットメソッド様は、学習とやらをしてくれるので、飼い主がよく使う単語を、よく使えば使うほど変換候補の上の方に指し示してくれます。

このインプットメソッド様の親切心は、時として飼い主にとって不幸を招く様な気がします。

[ 2007/04/28 17:45 ] お仕事 | TB(2) | CM(19)

へろへろな「MacOSXでCGIとかPerlとか」 

CGIとPerlって、同列に並べていいのかという気がしつつ…。

別のことで手一杯だったので、2月始めに購入した後は最低限のアプリだけ追加して、ほとんど何もせずに使っていたMacBookの改造(←大げさ)に本日着手しました。生意気なことに、ローカルでCGIを動かそうという企画です。

以下、どうせならネタにしてやれと思いつつも、どっちかといえば、自分自身のための覚え書きですので、ご了承を。
ユーザータグ:  電脳林檎とその周辺
[ 2007/03/10 18:02 ] お仕事 | TB(2) | CM(0)

PCトラブル(涙 

愛用の12インチPowerBookの調子が悪かったのは、よく考えたらこの前の秋からだった。
いや、さらによく考えると、そのかなり前に猫がキーボードをはがしたのをはめてそのまま使っていたんだけど。
この前の秋は、ノートン先生もFirstAidも修復できないの何のというエラーが出ていたのを、プレゼンの連続やら会議準備やらをこなしていたので、だましだまし、、、一応動くのでそのまま使っていたのだった。

ユーザータグ:  電脳林檎とその周辺
[ 2007/02/03 22:00 ] お仕事 | TB(0) | コメント(-)

シャチハタ不可 

とある日の事。
とある書類を作って、離れた部署へ持参した。要印鑑の書類だった。

提出先の女性が書類をしげしげ見て、言った。「これ、シャチハタですよね。シャチハタ印のは受け取れないんですが。」
「エー解るんですか? 大丈夫ですよ。たいていの人は区別つきませんよ。」笑って誤魔化そうとした。
「駄目です。解ります。書類、作り直してきて下さい。」怒られた。

うちの部署に戻ってそういったら、当たり前だと怒られた。三文判であろうとシャチハタよりは世間に通用するものらしい。

そして、さっき。
うちの部署の事務担当者に、回ってきた書類を見せられた。
何かの申請らしいのだが、「シャチハタ不可」の但し書きがきっちり書いてあった。
最近、全ての書類に「シャチハタ不可」の但し書きがつく様になったそうな。
「誰かのせいで」と、きっちり言われた。

シャチハタ、便利なんだけどなー。
[ 2006/09/15 00:01 ] お仕事 | トラックバック(-) | コメント(-)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。