スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日進市花火大会での福島県製作花火打ち上げ中止に関する反響の一部 

 先日のエントリ、「日進市花火大会で福島県製作花火打ち上げ中止」は、多くの人に知られずに過ぎてしまう事を危惧して急いでアップしたのだが、危惧は杞憂に終わったようで、その後に昼のニュースぐらいからテレビのニュースでも、その後全国紙の新聞でも報じられ、日進市にご意見が殺到することとなった。

 19日から20日にかけてメールと電話合わせて約200件毎日新聞 2011年9月20日12時52分、20日午後までに約500件スポニチ2011年9月20日 18:16)、20日17時までに約1850件朝日2011年9月21日2時26分、21日夕方までに約3350件毎日新聞 2011年9月22日 2時08分寄せられたご意見は9割方批判や抗議だったと報じられている。

 また、川俣町も20日に『「打ち上げ中止が川俣町への新たな風評被害を引き起こす原因となる」と指摘した上で、日進市民に対して「被災地の状況、放射性物質に対する正しい知識の周知徹底」』といった内容を含む抗議文書の送付を決めたと伝えられており中国新聞'11/9/20、そういったリアクションをうけた日進市市長は、20日に花火を製作した業者さんと花火製作業者がある川俣町の町長に謝罪訪問することを決めたと報じられ朝日2011年9月21日2時26分、「花火打ち上げ中止により風評被害を広げた」と謝罪すると共に、中止に至った経緯を説明する予定だそうで毎日新聞 2011年9月22日 2時08分、実際の訪問は22日に実現したと報じられている。

 ここで、打ち上げ中止となった経緯を復習しておこう。

夢花火   ~ 秋の夜空を彩る2,000発 震災復興の願いを込めて ~


(略)
点火式や東北3県(岩手、福島、宮城)から購入したスターマインの打上げで、東日本大震災の復興を応援します。
(略)

(略)
第2部のスターマインとして福島県川俣町の菅野煙火店の花火80発が打ち上げられる予定だったが、中止となり愛知県内の業者の花火に代えられた。

同様に計画していた岩手、宮城県の花火は予定通り打ち上げた。
(略)
 実行委は当初、「花火店のある場所は国の放射線許容量を下回っている。室内で保管され、まったく問題ない」として実施する考えだったが、直前の17日午後になって取りやめを決めた。

 実行委事務局責任者の宮地勝志・市産業振興課長は「安全性に問題がなく、取りやめは苦渋の決断だ。一人でも多くの人に気持ちよく花火を見てもらいたいという考えで判断した」と理由を説明した。(後略)


(略)
 実行委は、菅野煙火店の敷地内の放射線量が国の許容値以下であることを確認しており、一度は計画通り打ち上げる方針を固めた。だが前日の17日に再度、協議し「花火の放射性物質の数値をデータで出せない。市民が不安を感じる状況では難しい」と、中止と差し替えの判断を決めた。打ち上げられた2000発のうち、岩手、宮城のものは計画通り使用された。

 同煙火店の菅野忠夫社長(77)によると、今回の花火は福島第1原発の事故の前に製造し、屋内保管してあったものばかりだという。また同社の敷地は計画的避難区域の外だった。(後略)


 県内の花火製造業者によると、震災後、山梨県や滋賀県など多くの県から「復興支援のために福島の花火を上げたい」との依頼を受け出荷したが、日進市のような対応は初めてという。




スポンサーサイト
[ 2011/09/23 20:19 ] 四方山話 | TB(0) | CM(4)

愛知県日進市の花火大会で福島県製造の花火打ち上げ予定が中止 

 ちらっと見かけた話題に関して、ざっと情報を集めたので覚え書きとしてエントリに保存。

2011年9月18日の日曜日、18:30から開始された第10回の愛知県日進市の「にっしん夢まつり」では、福島県で製造された花火の打ち上げ予定があったのだそうだ。

夢花火   ~ 秋の夜空を彩る2,000発 震災復興の願いを込めて ~


目の前に迫る花火、天白川の河川敷からワイドに打ち上げます!
迫力あふれる多数のスターマイン、花火職人が芸術性を追求した「匠の業」花火、200mに渡る光のカーテンと花火の乱れ打ちなど。
フィナーレは、特大スターマインとステージが芸術的なコラボを繰り広げます!
点火式や東北3県(岩手、福島、宮城)から購入したスターマインの打上げで、東日本大震災の復興を応援します。
日進でしか見られない、超絶した花火を堪能ください。


 という告知が、いつ時点で公開されていたのかはよく分からないので恐縮だが、「第2回にっしん夢花火実行委員会」が以下のお知らせを17日付で出していた。
[ 2011/09/19 10:08 ] 四方山話 | TB(1) | CM(5)

2011年3月11日以降、原子力発電所関連「実は…」報道あれこれ 

 昨日ぐらいからだったか、急に、そして立て続けに、原子力発電所の事故関連で「実はあの時…」な報道が出ている様な感があるのだが、気のせいだろうか。

 もしかしてこれからまだ出てくるかもとは思えるのだが、一体いくつ「実はあの時…」系ニュースが出てくるのか、数え上げて見たくなったので、私の記憶に鮮明な件を加えて、メモしておこう。

1,
[ 2011/05/16 12:37 ] 四方山話 | TB(2) | CM(3)

1東京都民として、口を開かないでいただきたいと切望する(究極に&この先ずっと) 

 やることが多すぎて、すっかり時機を逸しているが、これにはやはり言及しておこう。

 その発言があったと目にしたのは、twitterで見かけたからだった。

副長官番A)節電の要請に訪れた蓮舫・節電啓発担当相と会談した石原都知事。会談後に「震災への日本国民の対応をどう評価するか」と質問したところ、石原さんは「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べましたMon Mar 14 09:01:53 via ついっぷる/twipple

ユーザータグ:  『痴事もしくは恥事』
[ 2011/03/22 23:59 ] 四方山話 | TB(4) | CM(2)

今しない方が良いこと 

 この度の大きな災害で被災されました地域、皆様方には衷心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く『日常』が戻ってくることをお祈りしています。そして、原子力発電所が静かに冷えて止まることと、作業にあたって下さっている方たちの無事も祈ってます。



 というようなニュースから目が離せなくて気分は落ち着かない状態ではありますが、震度5弱ぐらいには揺れたらしい地域に住んで働く私個人は申し訳ないぐらいに平穏です。

[ 2011/03/16 20:15 ] 四方山話 | TB(1) | CM(12)

日本の水源の森ってどう危ないのだろう?(その1) 

 いつもの事ではあるが、19日に産経新聞が日本の現状を憂いた報道をしているのを見かけた。

 海外資本による森林買収が北海道などで相次ぐ中、山形県を縦断する最上川の源流の森林をシンガポール在住の外国人男性が購入したことが、県の調べで分かった。購入目的は不明で、住民らからは「乱開発されると水源が危ない」と不安の声が上がっている。

 関係者によると、男性は米沢市の市民が所有していた私有林約10ヘクタールを購入し、別荘用として平成22年7月、県に届けた。(後略)


ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2011/02/20 19:08 ] 四方山話 | TB(0) | CM(4)

1東京都民として、口を開かないでいただきたいと切望する(その4) 

 昨日公開したエントリに追記するつもり満々にもかかわらず立て込んでいて、その割にはこんな報道が目についてしまっては、このガックリ感を気の毒なこのブログ読者諸賢にも強制的に押しつけたく表明したく、お持ち帰り。

 都青少年健全育成条例改正案がらみの動きがいろいろとある今日この頃であるが、昨日(3日)、都内PTA団体等が都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出し、石原慎太郎都知事閣下が受け取ってこうのたもうたと報じられていたのだ。

「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」


 この発言、朝日新聞は「(規制対象の漫画などを)是とするのは100人のうち2、3人だろう。現状は野放図になりすぎている」、東京新聞は「日本は野放図になりすぎている。使命感をもって取り組みます」として報じているので、肝心な部分のソースは上記毎日報道だけではあるが、まぁ、石原"息をするようにヘイトスピーチを垂れ流す"都知事閣下のことだから実際にこう発言したのだろうなぁ。
…こんなのを都知事としてのさばらせてしまっていてごめんなさいごめんなさいごめんなさいorz

 ↓ついにその4まで来てしまったが、最近さらに暴言が増えているのではないだろうか。。。
2008/02/15 「1東京都民として、口を開かないでいただきたいと切望する
2010/04/18 「1東京都民として、口を開かないでいただきたいと切望する(その2)
2010/06/24 「1東京都民として、口を開かないでいただきたいと切望する(その3)
ユーザータグ:  『痴事もしくは恥事』
[ 2010/12/04 14:18 ] 四方山話 | TB(6) | CM(8)

自衛隊関係人材リスト(2010年暫定版) 

(リスト追加有り、最終@12/05 16:00)

 ご本人のメルマガによると、かの池田整治氏は2010年12月1日付で定年退官されたそうである。そして、ちょうど実はネタの宝庫、日本ビジネスプレスですごい記事を見かけたついでに、自衛隊の主にOBで目を惹く人材をまとめてメモっておこうと考えた。別のどこかで見かけた時に、嗚呼あの人かorzと納得する役に立つだろう。

 以下、登場順は大まかな注目順なだけで、それ以上の深い意味はない。


[ 2010/12/03 18:32 ] 四方山話 | TB(1) | CM(5)

ある国連人権理事会・理事国における出来事 

 私の父が仕事で借りていた建物の家主さんは、在日の人だった。そのご家族のアボジとオモニがそれぞれ北の方と南の方だったそうで、(当時、耳で聞いて覚えた単語なので、さっきささっと検索して確認するとどうも仮名にすると不正確のようなのだが)ハボジとハンメが故郷に帰れないと嘆いておられた、というような話を親経由で聞いた記憶がある。また、北の出身の方と南の出身の方が日本で結婚してらっしゃる場合も多いと、その折に聞いた記憶もある。
 だから、今回の北朝鮮の武力行使に対しては、もちろん命を落とされた方はお気の毒だし、北の出身の方やそのご家族、南の出身の方やそのご家族、それぞれに、分断された祖国間の武力行使に心を痛めてらっしゃるだろうと思うのだ。

 なのに、なんでこうなるのだ?
[ 2010/11/29 18:14 ] 四方山話 | TB(1) | CM(0)

11月10日付の防衛省事務次官通達までをおさらい 

 今年、2010年の春頃の話。あまり注目度が高くなかったようではあるが、気になる報道があった。

 宮城県で行われた日米共同訓練での訓示にて、陸自連隊長である1佐が、日米からの多数参加者の前で鳩山首相(当時)の発言を揶揄し文書で注意を受けた、と。しかも、この処分に対し、自衛隊内から防衛省の副大臣と政務官宛に批判メールが送られていたそうである。自衛隊内から批判した人は、陸自第11旅団(札幌)中隊長の3等陸佐で、正規の手続きを経ずに直接意見具申したことが規則違反に当たると判断され内規に基づき口頭注意処分を受けたそうで、この人も連隊長と同じ事を発言したとメール中には記されていたという。そして他にも第2特科連隊(名寄)中隊長の1等陸尉も朝礼の際に連隊長発言は間違ってないといった発言をしていたそうで、引用した北海道新聞の社説は、

 思い出すのは、田母神俊雄前航空幕僚長のことだ。一昨年、戦前の侵略を否定し植民地支配を正当化した論文を発表して更迭された。

 にもかかわらず今回のような発言が繰り返された。実力組織の中に政治を軽んじる空気が広がっているのではないか。一連の発言が「氷山の一角」だとすれば事態は深刻だ。
(中略)

 まず取り組むべきは文民統制を徹底させる仕組みづくりだ。教育のあり方を見直し、隊内に規律意識を根付かせる。それが急務だ。(後略)


[ 2010/11/21 16:34 ] 四方山話 | TB(1) | CM(2)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。