FC2ブログ










悲しいね 

アジア女性資料センター『被害少女が告訴取り下げ、米兵を釈放』経由。

asahi.com 2008年02月29日22時08分より
海兵隊員を釈放 少女側が告訴取り下げ 那覇地検

 那覇地検は29日、女子中学生に乱暴したとして逮捕された在沖縄米海兵隊員のタイロン・ルーサー・ハドナット2等軍曹(38)について、生徒が同日付で告訴を取り下げたとして不起訴処分とし、釈放した。

 刑法は強姦(ごうかん)や強制わいせつなどについて、性犯罪被害者のプライバシー保護などの観点から、犯罪事実の有無にかかわらず被害者の告訴がなければ起訴できない「親告罪」と定めている。

 地検によると、女子生徒は29日、事情を聴いていた検事に対し「(事件に)これ以上かかわりたくない。そっとしておいて欲しい」と述べ、告訴を取り下げたという。これにより、海兵隊員は同日午後8時40分ごろ釈放され、米軍に身柄を引き渡された。(後略)

…改めて、産経系セカンドレイパーに怒りが湧いてくる。
岩国の件と同じように、アメリカ軍が自ら裁くことに期待するしかないようだ。「慰安婦」謝罪要求決議を通すアメリカになら、もしかしたら期待できるのかもしれない。

「慰安婦」被害者への謝罪から逃げ回る政府をもち、セカンドレイパーが大量発生する日本では、性犯罪者は相応の罰を受けずにすむものらしい。
ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2008/03/01 12:45 ] ジェンダー関連? | TB(12) | CM(13)

沖縄米兵による未成年性的暴行事件に関し、これまでの怒りを激増させるとんでもない話 

かめ?』さんの2008年02月21日付エントリ『ビミョーにお客様が多いと思ったら・・・ 』コメント欄に寄せられた常連さんによる情報。

その常連さんは在沖縄で基地反対運動にかかわる方ですが、メディア関係者を含む複数の人物が、例の中学生が被害者となった事件について、その事件が起こったから「反基地運動全般が盛り上がり、基地反対派が喜んでいる」という視点をもち、それをその常連さん相手に発言した、と。

当ブログのお客様で(上記ブログはまだ御覧になって無くて)ご興味をおもちくださった方におかれましては、上記にリンクを貼ったコメント欄(2008年02月22日 16:31投稿の25)、あるいは、それを受けての新エントリ『沖縄少女暴行事件を政争の具にしているのは、誰だ!?』にて詳細をご確認下さい。
話を要約しているだけで、みぞおちのあたりが重苦しくなります。
なんですか、この薄汚い発想は?

産経の花岡記者やクライン孝子氏のセカンドレイプ言説には激怒したけど、そういった意見はどうせ出てくるだろう的な予想はありました。
でも、こっちは。
「基地反対派が喜んでいるだろう」と発想する第三者(多分)の存在には、本当に嫌になった。
それを発言したのは、反「基地反対派」でしょう。
何故、真に受ける? どうして、こんな下衆な発想が、当たり前に共有されていると発想できる?
それが「あなたたちには」共有されている価値観だからなのか?
人間として終わっているというか、もし、これが普通の人間の発想なんだったら、私の方が人間をやめる事に異存はありません。

そして、これもついでに書いておきますけど。
もし、
日本にアメリカ軍基地がある事に反対する発想をもちながら、こういった意見が出ることを怖れて、暴行を受けた中学生を犯罪被害者として救済される立場におかずに、話を小さくしたいと望む人がいるのなら。
もし、そう発想する人がいるのなら。
私はその人も軽蔑します。



このエントリは、この件に関する秀逸なエントリをあげていらっしゃいます、以下のブログさんにトラックバックします。


ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2008/02/23 18:54 ] 四方山話 | TB(12) | CM(12)

『産経の感覚は独創的』 

gegenga師匠の2008年02月20日付エントリ『NHKは反日放送局だキイキイ』コメント欄でdebyu-bo師姉が『ニュースバリューについての感覚が独創的過ぎます』とご指摘だったが、このニュースにも驚いたのでお持ち帰りで保存。

[ 2008/02/21 07:46 ] 四方山話 | TB(2) | CM(12)

『2月17日まで 沖縄性暴力事件への抗議声明賛同募集』(追記有) 

少し追加(@080215)

みんななかよく」さま経由。当方でもご紹介。
実は、呼びかけ文の一節(自前で強調してある後の方)に激怒しましたので。

文章は、「アジア女性資料センター」さまから頂いてきました。
「続きを読む」以下には、「アジア女性資料センター」様から頂いてきた『沖縄の女性団体「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」が12日に出した声明』を貼ります。ついでにその後、もう一つの引用を貼りつけ。

以下、下線+強調字体は引用者によります。
沖縄で起きた米兵による女子中学生性暴力事件について、アジア女性資料センターアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)ふぇみん婦人民主クラブは、以下の抗議声明を発表しました。19日に、日本とアメリカ政府関係機関に提出する予定です。

★団体・個人のみなさまの賛同を募ります。
お名前(団体名)を日本語とアルファベットで、17日(日)までにお送りください。
送り先:ajwrc.shomei@gmail.com

★沖縄と連帯するスタンディング・デモを行います。
沖縄北谷町で行われる抗議集会とあわせて、東京でも連帯のスタンディングを行います。
日時:2月19日(火)18:00~ 1時間くらい
場所:衆議院議員会館前(予定)
--------------------------------------------------

内閣総理大臣  福田康夫 様
外務大臣    高村正彦 様
防衛大臣    石破 茂 様

アメリカ合衆国大統領 ジョージ・W・ブッシュ 様 
アメリカ合衆国特命全権大使 ジョン・トーマス・シーファー 様 
在日米軍司令官 ブルース・A・ライト 様

在沖米兵による女子中学生性暴力事件に抗議し、
公正な事件解決と根本的防止策を要求します。



私たちは、昨年の沖縄、広島における性暴力事件に続いて、2月10日、またもや米軍人・軍属による悪質な性暴力事件が繰り返されたことに、やりきれない怒りを覚えています。

過去60年以上、米軍基地周辺では、女性・少女に対するさまざまな性暴力事件が繰り返されてきました。その多くは通報もかなわず、また、たとえ被害者が勇気をふりしぼって届けても、起訴されなかったり、日米地位協定に阻まれて正当な取調べや処罰が行われないまま葬られてきました日本政府は被害防止のための適切な措置をとるどころか、補助金交付などを利用して、不満の声を押さえつけようとするばかりです。

もうたくさんです。これ以上、女性・少女の人権と地域の安全を無視したまま、日米軍事同盟を強化する在日米軍再編を私たちは容認できません。私たちは、再び被害を招いた日米両政府に抗議し、次の2点を要求します。

1.当事件の解決にあたっては、性暴力という犯罪の性質を適切に考慮しながら、公正な捜査と処罰がなされることを確保すること。

私たちは、被害者の少女の行動を責めるような言説が今回も流通していることに強い懸念を抱いています。
性暴力被害者の「落ち度」を理由に加害者を免罪するような事件処理は、二度と繰り返されてはなりません
適切な知識と経験をもつ専門家による暴力を受けた少女の心身のケアと、家族への適切なサポートがなされること、公正な捜査と加害者への厳重な処罰、被害者への真摯な謝罪と補償が行われること、また被害者のプライバシーに配慮しつつ、透明性と説明責任が確保されることを求めます。

2.基地周辺における性犯罪その他の暴力を防止するために必要なあらゆる措置を、地域政府・住民・女性団体・市民団体との協議の上でとること。

高村外務大臣は、今回の事件について「国民感情からみて、日米同盟に決してよいことではないので、影響をできるだけ小さく抑えるようにしたい」と、なお女性の人権よりも日米軍事同盟を優先する発言を行っています。しかし、軍事同盟こそが女性の安全を危うくしているのです。私たちは、日本政府が今後の再発防止のために、日米地位協定の再交渉や行動計画策定を含め、必要なあらゆる措置をとること、基地周辺地域の自治体・住民、および市民団体や女性団体と十分な協議を行うことを要求します。


よびかけ団体

アジア女性資料センター
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
ふぇみん婦人民主クラブ
ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2008/02/14 18:25 ] ジェンダー関連? | TB(16) | CM(25)

岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明に賛同します 

遅くなりましたが、アジア女性資料センターからの下記声明に賛同し、署名メールを送りました。
多くの人の目に触れるように、当方でも転載させていただきます。

広島で起きた岩国基地所属米兵による集団レイプ事件について、広島検察庁が不起訴を決定したことに対し、アジア女性資料センターは本日、以下の抗議声明を発表しました。
この声明にご賛同いただける団体・個人の方は、11月25日(日)までに、お名前と公表の可/不可を、ajwrc.shomei@gmail.comまで、お知らせください。週明け26日に、広島検察庁および広島県警に送付する予定です。



岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に関する抗議声明

10 月14日に広島市中区で岩国基地所属の海兵隊員4人が女性をレイプした事件について、広島地方検察庁は11月15日、不起訴を決定しました。事件の公正な裁きを希望してこの間の経過を注視してきた私たちは、この決定に重大な疑問と懸念を表明し、広島地方検察庁および広島県警察本部に対し、不起訴処分取り消しと市民に対する説明責任を果たすよう要求します。

当初、日米地位協定に基づいて身柄引き渡しを要求するとしていた広島県警が、その後方針を転換し、身柄引き渡しを要求しないまま任意捜査とした経過を見るに、この間に性暴力の性質を適正に考慮し、犯罪性を立証するための十分な捜査が行われたのか、疑念を持たざるを得ません。加害米兵4人は、「合意の上」と主張していると報道されていますが、被害女性は、事件直後にはっきりと集団レイプの被害を訴え、告訴を行っています。女性は車の中で知り合ったばかりの外国人男性4人に囲まれ、助けを求めることのできない孤立した状況でした。強盗行為も行われています。このような被害女性の置かれた状況を考慮したとき、「状況にあいまいな点がある」として身柄を要求せず任意捜査にとどめた広島県警の判断、犯罪性はないとした検察の判断には、重大な疑念を抱かざるを得ません。

私たちがこうした懸念を覚えるのは、これまでにも、米軍基地所属米兵による性暴力事件の多くが適正な処罰を受けずにきたという事実があるからです。日米地位協定を盾に、多くの加害米兵がいかなる処罰も免れてきました。私たちはさらに、日本の警察・検察当局が、性暴力の適切な捜査と起訴を怠ってきたことが、こうした受け容れがたい不処罰の背景にあることを指摘したいと思います。2004年に在日外国人の女性が横須賀基地所属の米兵にレイプ被害を受けたケースでは、今回の広島で起きた事件と同様に、被害者が直後に警察に通報し告訴を行ったにもかかわらず、検察庁は理由を明らかにしないままに起訴を見送りました。この判断に不審を覚えた被害女性は、その後、民事訴訟で勝訴しています。現在、この女性は、事件を扱った神奈川県警の捜査が、性暴力被害者への配慮を欠く不適切なものであったとして、国家賠償請求を起こしています。

広島地方検察庁は、「本件の事案の性質」を理由として、不起訴とした根拠の説明を拒みましたが、被害者のプライバシーに配慮しながらも、説明責任を果たすことは可能なはずです。市民に対する説明責任が果たされないまま、このような凶悪犯罪を犯した米兵が処罰を免れるとすれば、日本の司法の信頼性を大きく損ない、将来にわたって、女性の人権保障に重大な影響を及ぼすことになります。私たちは、広島地方検察庁および広島県警察本部が、この疑念に応え、不起訴処分を取り消して刑事裁判事案として取り扱うこと、および事件処理に関する説明責任を果たすように要求します。

アジア女性資料センター



そして、以下は水葉団長によるエントリーからの引用

週末に、沖縄でカウンセラーをやっている女性と話をする機会があったのだけれど、米軍基地のある沖縄中部のカウンセリングセンターでは、米兵によるレイプの被害相談がものすごく多いとのこと。この広島の事件のことも「氷山のほんの一角」だと、顔を曇らせたのが印象的でした。

ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/11/24 12:30 ] ジェンダー関連? | TB(3) | CM(0)

学校にも熊 

学生時代以来、時々のぞいている「全国国公私立大学の事件情報」というサイトがある。この前、何の気無しに、その問題種別カテゴリーそれぞれの記事数を見て呆れた。2007年5月以降、その他をのぞけば、「君が代」・「日の丸」問題が12件、アカハラ問題5件、イラク戦争1件、セクハラ問題 35件、フリーター・ニート問題 1件、ポスドク問題 7件、不正経理 4件、不正論文問題 6件、任期制 2件、、入試関連 6件。
というわけで、おめでとう!セクハラ問題がダントツの一位ですっorz

まぁ、このセクハラ問題に分類されている中には、大学教員による痴漢逮捕事件も収録されているので、数として正確かどうかは、、、痴漢行為ならセクハラじゃないからOK~という問題でもないし、判断に迷うところではあるが、、、もごもご。
しかし、15日、16日と、でかいのが来ました(思わず魚拓を撮ってしまった)。引用されている報道そのものは14日以降。ワイドショーなどでも結構取り上げられている様子、、、かな(見ないからよく知らないけど、ネット上の反応からして)

asahi.com 2007年11月14日13時22分より「大学など45校のグループ総長 強制わいせつ容疑で逮捕(強調は引用者による、以降も同じく)

(略)
学校法人・都築学園グループ総長、都築泰寿容疑者(71)=福岡市南区玉川町=を強制わいせつの疑いで逮捕した。「絶対にしていない」と容疑を否認しているという。他の女性職員からも被害の相談があるといい、県警は都築容疑者が常習的にわいせつ行為を繰り返していた疑いもあるとみて、調べを進める。
 調べでは、都築容疑者は昨年10月14日午後6時半ごろ、自身が学長を務める福岡県太宰府市にある大学の校舎内で、エレベーターの前まで見送りに来た女性職員(23)を無理やりエレベーターに押し込み、両肩をつかむなどして暴行を加え、胸を触るなどのわいせつな行為をした疑い。女性職員が今年10月に被害届を出し、県警が捜査していた。
 県警によると、女性職員らは都築容疑者の前では1人で歩かないように申し合わせたり、今年に入って制服をスカートからズボンに変えたりしていたという。被害者の職員も事件当時、他の職員と手をつないで身を守ろうとしていたとされる。都築容疑者や上司らは、この職員らに「我慢しておいた方がいい」などと口止めしていたらしい。
 学校法人・都築学園広報室の諸井和樹室長は「寝耳に水だった。被害者が誰なのかも学校としては把握できていない。今後、事実関係を調べるとともに、動揺した学生のケアなど対策をとっていきたい」と話した。
 第一薬科大では同日、通常通りに講義が行われた。女子学生(22)は「(都築容疑者は)学内で会って会釈すると、にこにこと手を振ってくれた。優しそうなおじいちゃんと思っていたのでショックです」と話した。
 広報室によると、都築学園グループは9学校法人、1財団法人で構成され、第一薬科大や日本薬科大学(埼玉県伊奈町)、福岡第一高校(福岡市南区)などの大学や高校、専門学校など45校を全国に展開している。都築容疑者は創立者の次男で、グループ傘下の各法人の代表も都築容疑者や家族が占めている。 (後略)


ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/11/16 12:30 ] ジェンダー関連? | TB(5) | CM(17)

危険な動物は管理が必要です 

 去年(2006年)6月1日、「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)の一部改正されたものが施行されました。この動物愛護管理法というのは、環境省が所轄している法律で、人と関わりのある動物を対象として、動物の虐待防止や適正な取り扱い方、人に対する危害や迷惑の防止などを図るための、動物の管理に関する事項を定めた法律です。昨年施行された改正では、動物取扱業の規制に主眼がおかれていましたが、特定動物の飼養等規制の全国一律化もはかられました。
 要するに、ペットショップとかブリーダー業が野放しで酷い状態だったのをもうちょっとなんとかするように、と、特定動物を飼うにあたっての規則が全国で一律化されたのです。今までは、特定動物の飼育は各都道府県の条例によって規制されていたのですね。

 この特定動物というのは「人の生命等に害を加えるおそれがあるとして政令で定める」動物、つまり、いわゆる猛獣です。法律ですから適応される動物も具体的にあげられています(リンク先はpdfです)。
 哺乳類、鳥類、爬虫類でそれぞれ定められていますが、哺乳類の場合は霊長目、食肉目、長鼻目、奇蹄目、偶蹄目がふくまれます。また、この食肉目には、いぬ科、くま科、ハイエナ科、ねこ科が含まれます。
くま科の場合は分類される種が全部、ねこ科の場合はヒョウ属の全種が定められています。

 特定動物には、どのような取り扱いが必要かといいますと、逃亡しないような厳重な施設で飼育することが義務づけられますし、マイクロチップによる個体識別も義務づけになりました

クロヒョウとか、って、思いっきり特定動物なんですよね。日本の町中でその辺をうろうろしてちゃいけない動物であると、法律で決まっているのです。もしそいつらが人間に危害を加えるなら、管理責任を問われるのが当然です。そもそもどうして、そんな危険な動物を閉じこめて飼育していないんだという問題です。

ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/10/23 18:36 ] ジェンダー関連? | TB(9) | CM(45)

ネタでもきつい… 

 「ヘイトコメントを哂え!」と名付けられた、現時点で8人の方が共同で運営してらっしゃるブログがある。こちらの開設後の比較的早い時期に存在に気づいて、エントリーには大いに注目してきた。このブログを運営している方達は、いずれも知識の豊富さや着眼の鋭さ等が素晴らしい、深く尊敬しているブロガーさん達だ。

ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/04/25 19:35 ] 他所様のブログ関連 | TB(5) | CM(36)

昨日付の記事に関連したような体験談 

昨日付の記事に続けて、私の体験談を一つ。

ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/04/16 00:00 ] 体験談 | TB(2) | CM(6)












無料カウンター