FC2ブログ










産経、予想通りの報道をする 

 タイトルは「黙然日記」さん風のつもりでつけてみました。
 あちらでも取り上げていただける予定なので、期待しつつ待ちながらも、これはちょっとうちでも展示しておきたくなったので、魚拓保存がてらのエントリ。

 MSN産経2008.9.18 22:57付
さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった…1
さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった…2
 阿比留瑠比記者の署名報道。
タイトルでいきなりつっこめてしまう。引退するのは河野洋平衆議院議長であって、「河野談話」が議長引退に伴って撤回されるわけではないのだが、いくら願望とはいえ面白すぎる(*)
 なぜ、「さらば“河野談話”」?

 河野氏に関し指摘しておかねばらないのは、宮沢喜一内閣総辞職のわずか5日前の5年8月4日、駆け込むように発表した「河野官房長官談話」の影響だ。

 この談話が世界で独り歩きした結果、日本は「性奴隷(セックス・スレイブ)の国」と決めつけられるようになった。日本が、事実と異なると反論しても「談話という形でコメントが出ているではないか」(マイク・ホンダ米下院議員)と言い返されるありさまだ。

 国連人権委員会には河野談話を根拠の一つとして1996年(平成8年)にクマラスワミ報告書が、98年にはマクドガル報告書が提出された。それぞれ、慰安婦を軍事的性奴隷とか、奴隷狩り同様の強制連行と指摘したりした内容だ。米下院が昨年7月、慰安婦問題に関する対日非難決議を行ったのも記憶に新しい。

 だが、河野談話は、行政文書など具体的な証拠に基づく談話ではない。(中略)

 河野氏自身も、9年に自民党の議連会合で行った講演で「『本人の意思にかかわらず連れてこい』というような命令書があったかといえば、そんなものは存在しなかった」と述べていた。(後略)

[ 2008/09/19 18:08 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(21)

『産経の感覚は独創的』 パート2 

 ニュースタイトルをチェックしていると、『老齢加算廃止は合憲 生存権訴訟で東京地裁』や、これ関連のニュースが目に飛び込んできた。大変に気になるし心配ではあるのだが、現時点の私には背景にある情報が解らない上に、本業が立て込んでいて自力で調べてみるのもままならいので、とてもじゃないがエントリで取り上げられない。思わず、このエントリを師匠にトラックバックしたりして(そして、こう書いておいて、心当たりの人が教えてくれると嬉しいという目論見もあったり)




 そんなこんなで、いろいろと気ぜわしく、うっかりすると妙なものをネット通販で買ってしまうような困った精神状態なので(また何かやったらしい)、これはいっそ、毒を以て毒を制す方針が有効かも、と思ってMSN産経を読みに行く。
 もっとも毒気の強いのは、やはり、『正論』だろう。
 最新の2008.6.26付、「ノンフィクション作家」上坂冬子氏による『漁船隠蔽また無視された外務省
…冒頭の「ヒエッ」で、思わず頭が拒否してしまい、読むのを中止した。

 バックナンバーの2008.6.24付、なぜかタイトルが執筆者名そのもので『ノンフィクション作家(ドイツ在住) クライン孝子
…冒頭の『「日本」の溶解』で、これまた読むのを中止してしまった。

 我ながら、しみじみ我が儘ではあるが、つっこみの意欲に駆られる記事がない。


 毒気に当たりに行くのは中止して、和み系に切り替えて「毎日動物園」でも見に行こうかと思った時、ふと、まだ開いていたMSN産経のウィンドウで気になる文字列が目に飛び込んできた。

アニマル大集合

いくら産経でも、こっち路線なら外しようがあるまい。
クリックしてみた。

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/06/26 17:45 ] 小ネタ | TB(2) | CM(16)

「小細工で指導させなきゃ愛されない国」、某新聞によるキャンペーン(追記有) 

 映画「靖国 YASUKUNI」上映中止で唖然として英語報道を拾って反響の大きさに驚きながら、チベットの再度のデモアパ州の僧侶拘束カトマンズでの話も気になるものの、話が広がりすぎて報道を追うのがせい一杯。
結局、違った話に目が向いてしまう。

 レイバーネットニュース2008-04-02 14:28:00付きの記事で知った話。
 大阪府門真市の戸田市議発のメール転載だったのだが、2008/03/27 8:00付産経関西版に掲載された『国家斉唱 起立1人 卒業生170人 教員が指導か 門真の第三中』の報道により、門真市役所前には右翼の街宣車が一台押しかけて大音量の街宣を実行し、門真三中には3/27以来、罵声電話や無言電話が相次いでいるとのことだ。

上記リンク先、および、戸田市議が自身の開設している掲示板(すみません、リンクミスってました。修正済み)にレポートを投稿しているが、、、感情を害されている様子が推察できる表現手法をお使いなので、市議の指摘する事実・疑問をこちらで内容を多少の編集付きで引用させてもらおう(内容は変えませんが <- 当然…表現は微修正しています(^^;)。

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/04/03 00:00 ] 四方山話 | TB(12) | CM(9)

産経症、歴史学研究者や沖縄戦被害者に喧嘩を売る 

【産経抄】3月2日付より。

 湯川秀樹博士が「中間子論」の論文を書いたのは昭和10(1935)年、28歳のときだった。原子核の中性子と陽子の間に何か粒子があるに違いないと「予言」したものだった。中間子の存在は12年後に英国のセシル・パウエルの実験で確認される。

 ▼その功績で湯川氏は昭和24年にノーベル物理学賞を受賞する。このとき、他人には「びっくりしました」と驚いてみせながら、スミ夫人との間では「遅かったな」と話していたというエピソードがある。自らの「予言」に絶対的自信を持っていたということだろう。

 ▼この中間子論を彷彿(ほうふつ)させる宇宙の「予言」が発表された。太陽系の8つの惑星の外に、もうひとつ別の惑星があるはずだという神戸大の向井正教授らの研究だ。(中略)さっそく新惑星探しが始まっている。5年から10年で発見されるとの見方もあるようだ。

 ▼そうなればむろん、歴史に残る大予言となる。(中略)

 ▼ただ「予言」や「理論」は立証されて初めて価値を持つものだ。歴史の世界などでは、沖縄の集団自決をめぐる「軍の強制」のように、何ら実証されない「理論」がしばしば独り歩きする。そこは自然科学の厳しさに学ぶべきだ。

…何故、最終段落前まで「予言」としか書かないのか、この表現をあえて使う事にどういう意図をこめていると読解すればいいのか、首をかしげてしまったが。。。まさか、科学に呪術的な信仰でも持っているわけではあるまいに。
また、『スミ夫人との間では「遅かったな」と話していた』というが、まず、この文章では「何が」「何に対して」「遅かった」かが明確に述べられていない。『「中間子論」の論文を書いたのは昭和10年』で、中間子の存在が実験確認されたのが12年後、そして『その功績で湯川氏は昭和24年にノーベル物理学賞を受賞』で14年後では、最初の論文発表から実験確認とノーベル賞受賞は、すなおに「遅い」ように見えるのだが。どうして『自らの「予言」に絶対的自信を持っていた』という話になるのだろう? 

まぁ、それはともかく(「産経抄筆者は日本人ではないらしい」とか「産経、漢字も読めず常識もなく」ときくし)。とにもかくにも、産経さんときたら、
歴史学者と、沖縄戦の被害者によほど喧嘩を売りたいらしい。

そこで、自ブログに沖縄からのアクセスが多い事、歴史学の研究者のうち少なくともお二方のご訪問を頂いている事を確認している、親切な私はお持ち帰りして展示することにしたのであった。

セカンドレイパーを雇い、その人物によるものを初めとするセカンドレイプ言説を積極的に誌面やネット上に公開する産経新聞さまに関する理解を、ご訪問の皆様とともに深めることができれば望外の幸せである。

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/03/02 12:59 ] 四方山話 | TB(2) | CM(5)

『産経の感覚は独創的』 

gegenga師匠の2008年02月20日付エントリ『NHKは反日放送局だキイキイ』コメント欄でdebyu-bo師姉が『ニュースバリューについての感覚が独創的過ぎます』とご指摘だったが、このニュースにも驚いたのでお持ち帰りで保存。

[ 2008/02/21 07:46 ] 四方山話 | TB(2) | CM(12)

ついうっかり撮ってしまった魚拓が二点 

暫定アップの料理に手間取っているうちに(メモっておきたいネタはありますので、後ほどまとめます(^^;)、産経が楽しい記事をリリースしてくれるもので。

MSN産経2008.1.20 02:52より
【土・日曜日に書く】ワシントン支局長・山本秀也 覚悟問われる日本の捕鯨
捕鯨問題を語れる程の背景情報の持ちあわせはないものの、この一節は見逃せない(^^;
(以下、強調などは引用者による、以降も同じく)

(略)
 ≪慰安婦問題との類似性≫
 捕鯨問題への賛否議論を見渡すと、慰安婦問題に関する米下院の対日非難決議といった歴史責任の議論にも似た構図がみえてくる。論争のキーワードを「史実」(慰安婦の実態)から(調査捕鯨の)「科学的根拠」に置き換えると、浮かび上がるのはかみ合わない議論と不信に満ちた感情論だ。
 まして対日非難の出所は、近隣の中韓ではなく、米豪や英国などだ。高飛車に来られると、日本人の体内時計は昭和20年に針が戻り、敗戦の古傷が痛む。日米豪の3首脳が、シドニーでの会談(昨年9月8日)で、アジア・太平洋地域での安保協力を誓ってわずか4カ月でこの捕鯨問題騒動である。ああ、寒い光景だ。

 鯨料理も食文化の一つととらえる日本に対し、米豪の捕鯨反対論の根底には、クジラという高等動物を食べること自体が野蛮だという思いがある。

 南極海を航行中だった日本の調査捕鯨船には先日、反捕鯨派の米環境保護団体のメンバー2人が侵入し、激しい妨害行為を行い、波紋を広げた。

 たかが、クジラ。されど、クジラ。日本が「国家の意思」として捕鯨を維持する覚悟なら、「科学」と「法理」を武器に、対日包囲網の中でも堂々と主張し続けるしかあるまい

…産経がこんな論陣を張ると、捕鯨存続を希望する人の足を引っ張りそうな気がするなぁ(^^; 
折しも、Apemanさんが捕鯨に関するエントリで「自国の主張を通したいのならなおさら、国際社会がなぜ反対しているのかをきっちり理解しないと」とご指摘なんですが。


もう一件、MSN産経2008.1.20 08:52より
【週末読む、観る】『これでも朝日新聞を読みますか?』山際澄夫著(ワック・1470円)
以下の記事は恐らく、山際澄夫氏の文章を抜粋したのではなく、産経記者による紹介記事なんだろうとは思うのだが…。

 世間の動きを追っているうちに、政治家や役人も悪いが「マスメディアが一番悪い」と感じることがある。とくに、学校の先生が生徒たちに読むよう勧める朝日新聞がそれだと、弊害はいよいよ大きい。

…熱苦しい思いの告白にしか見えない(^^;

 「アサヒる」という造語が、平成19年のインターネット掲示板の流行語大賞に輝いた。ニュースや歴史的な事実をねじ曲げ、間違いと分かっても居直るその偏向姿勢を揶揄(やゆ)しているのだという。

…「だという」なんて、伝聞型で書いちゃいけません(^^;

 著者は集団自決をめぐる教科書の書き換えをはじめ「南京大虐殺」「慰安婦」など歴史問題はどれも朝日の捏造(ねつぞう)から始まっていると具体例を引いて論じる。安倍政権の崩壊も、客観報道を隠れみのにした朝日の意図的な報道と無縁ではないようだ。朝日の非購読者にも読んでもらいたい

…朝日新聞が、安倍政権の崩壊をもたらしたのか。そんなに強力だったとは寡聞にして知らなかった。
で、最初の前振りからして、この本は、(朝日の弊害を訴えてるという話だから)「朝日の購読者」に読ませたいのかと思ってたのだが、「非購読者にも読んでもらいたい」のか(^^;
まぁ、どっちかというと、「朝日の購読者」はまず読まないで、産経読者だけで喜んで読みそうな気が。
[ 2008/01/22 01:09 ] 四方山話 | TB(4) | CM(15)

沖縄「集団自決」記述の教科書検定問題、気になる報道を 追加 保存 

沖縄戦「集団自決」記述教科書検定に関し、その後でた脱力報道、及び社説で興味を惹いたものの保存、およびつっこみ。

1,MSN産経 2007.12.29 00:46より
「11万人」集会 誤報指摘の公開質問状にマスコミ7社が回答(以下、強調などは引用者による、以降も同じく、途中の変な表現は原文まま)

(略)沖縄県民大会の参加者について、誇大な「11万人」説が独り歩きしている問題を憂慮する「マスコミの誤報を正す会」(加瀬英明代表)は28日、国会内で記者会見を開いた。(略)公開質問状への回答結果を公表。それによると回答したのは産経、朝日、毎日、読売、東京の各紙と共同通信、NHKの7社。日経新聞や時事通信、沖縄の地元2紙、在京の民放各社は回答しなかった。

 質問内容は東京の警備会社による調査で、実際の参加者が2万人以下との結果が出たことを踏まえたものでね(1)警備会社の調査に関する見解(2)11万人参加報道の訂正をする意思の有無-など。これに対し、産経と読売はコラムや検証記事で警備会社の調査を紹介し、11万人説への疑問や問題性を指摘したと回答した。一方、残る5社は主催者発表を基に参加者を「11万人」と報じたとしただけで、個別の質問項目に回答しなかった。

 メンバーの藤岡信勝拓殖大教授は会見で「11万人報道がなければ、今回の教科書の『再検定』はなかった」と指摘。会では1月中にホームページを設置、マスコミの誤報を検証していく方針だ。

11/9時点でpr3さんがとっくに指摘済みなので今さらながら、「主催者が県民大会に11万人の参加者があったと発表した」と報じても誤報ではないが…?
それにしても、どうしてこの手の記者会見が「国会内」で開かれるのか、大変不思議だ。そういえば、11/14の報道で「つくる会」の藤岡信勝会長が「(訂正申請が認められれば)文科相と教科書会社に損害賠償を求めることになる」との記者会見を文部科学省でやっていた時も、不思議だなぁと話題になっていた事が思い起こされる。
[ 2007/12/29 08:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(14)

南京大虐殺記念館改修終了を、産経が報じると 

当方、産経オチ特化ブログというわけではないのだが。。。

私の目の前に、思わず拾ってもっていきたくなるものを落とさないでほしい。
そんなところをうろつくなというツッコミは無しの方向で。

MSN産経2007.12.2 19:29報道で「南京大虐殺記念館改修終了 13日開館へ (強調は引用者による)

【上海=前田徹】南京事件70周年を記念して拡張改修工事を行っていた「南京大虐殺記念館」が13日に完工、同時に開館することが1日付南京日報の報道で明らかになった。展示内容が以前のように日本軍の残虐性を特に強調したものになっているかどうかなどは明らかでない。(中略)
中国当局は今回の拡張に特に力を入れており、敷地面積は2.2ヘクタールから7.4ヘクタールに拡大、展示面積も800平方メートルから一気に6000平方メートルに拡張する。工事費は5億4000万元(80億円余)
 今夏、産経新聞とのインタビューに応じた朱成山館長は「(事件の)歴史的事実について中日両国が共通認識を持たなければならない」と述べた上で、「両国の未来志向を強調したい」と話していた。ただし展示についての具体内容については明確にしなかった
(中略)
 事件は1937(昭和12)年12月13日に旧日本軍の南京攻略で捕虜や市民に多くの犠牲者が出たとされ、記念館入り口付近の石壁には犠牲者数が「30万人」と刻まれていた。しかし、「30万人虐殺」説についてはこれまでも日本側の実証的な研究によって何度も否定されている

…「そこをわざわざ報じるのか?」というあたりに一生懸命になるところが、とてもある種のツボ(一般的な意味とは逆の)を刺激されると言おうか。
そして、数字を否定できたら、事実を糊塗できると思い込んでいるのが産経クォリティか?

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2007/12/03 12:30 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(6)

ぶれない報道姿勢 

なんでも、今年から18日が「家族の日」というのになったのだそうで、内閣府がそれにあわせ「少子化対策と家族・地域のきずなに関する意識調査」なるものを、今年1ー2月に全国の18歳以上の男女4000人を対象に面接方式で実施し、2409人から回答を得たのだとか(面接方式なのに1591人は回答を拒否したのだろうか…?)。で、その結果を17日に発表したのだそうだ。
これの各社報道にウケた。

毎日新聞 2007年11月18日より「きずなの強さ:家族と87% 地域と45% 内閣府調査

(略)
同居家族とのつながりが「強い方だ」と考える人は87.8%で、「弱い方だ」の6%を大きく上回った。一方、地域とのつながりは「弱い方だ」が52.5%で、「強い方だ」(45.7%)より多かった。内閣府は「家族を大切にする半面、地域とのかかわりは薄くなっているのではないか」と分析している。(後略)

 

中日新聞(共同) 2007年11月18日より「地域とつながり弱い52% 人間関係の希薄化浮き彫り

(略)自分と地域の人たちのつながりが「弱い方だと思う」と答えた人が、「どちらかといえば」も含め計52・5%と過半数に上った。その一方で、同居している家族のつながりについては、「強い方だと思う」との回答が「どちらかといえば」を含め計87・8%に達した。
 核家族化や少子高齢化が進行する中で、人間関係が家庭内にとどまり、地域社会との交流が希薄になっている実態をうかがわせる結果となった。
 地域で参加している活動(複数回答)では「町内会・自治会」が47・6%で最多だったが、「特に参加していない」も42・8%に上った。(後略)



読売新聞 2007年11月18日より「家族で大切なのは「一緒に食事」が6割…内閣府調査

(略)家族間で大切にしていることとして約6割の人が「一緒に家で食事をする」を挙げ、一番多かった。
 また、今後大切にしていきたいこととしては「親の面倒をみる」がトップだった。
(中略)
 内閣府では、「家族間の対話を深めてもらうため、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)をもっと進展させたい」としている。

…同じ調査結果から、どういうタイトルをつけ、どういう内容を強調して報道するかに各社の個性が鮮明にでるものだ、と、とても感心する。

そして、お待ちかねの産経新聞(笑)だとこうなる。

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2007/11/19 18:56 ] ジェンダー関連? | TB(2) | CM(9)

産経&歴史議連&日本会議の共同作業 

MSN産経ニュース2007.10.17 11:44付より「沖縄県民大会参加者「約1万8000人」 自民歴史教育議連」と題された記事をgegengaさんがご紹介で、、、あまりにあまりだったので、うちでも展示することに。ちなみに『このニュースのトピックス:論争「朝日vs産経」』と明記してあるんですけど…(^^; あくまで、朝日の主催者発表11万人に対抗する記事なのでしょうか?

 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は17日、沖縄戦の「集団自決」をめぐる高校日本史教科書検定の見直しを求める動きについて党本部で協議した。その結果、検定制度の堅持を近く政府に申し入れるとともに、「議員の会」に沖縄戦検証のための小委員会を立ち上げ、史実の調査を開始することを決めた。

引用中断。
…歴史議連で沖縄戦検証の小委員会を立ち上げ、史実の調査?(絶句)
それよりも今年6月29日に、歴史議連で「検証・整理した慰安婦問題に関する事実関係を訴え」る、アメリカ下院宛の「従軍慰安婦問題に関する決議案に反論する声明」が提出予定との報道がでて、一体何時どんな反論声明が出るか思いっきり楽しみに待っていたのに提出されたとの報道がでていないのですが、あれはどうなったのでしょうか。そっちが先決じゃないですか。やると言ったっきりほったくるのは良くないと思います。

また、会長の中川成彬氏は9/27時点に、沖縄タイムスの記者に対し

 (略)沖縄については私は何度も足を運んでいる場所で、このまま放っておけない思いがあった。沖縄戦をよく知っている仲村正治、嘉数知賢の両衆院議員らに声を掛け、文科省に検定の経緯を説明させた

と語り、「『集団自決』に関する検定後の記述をどう受け止めるか。」の質問に対し

日本の検定制度は中国や韓国など外に弱く、沖縄など内に強い。私は委員会で文科省の担当官に『沖縄県民という国内の人への思いやりがないじゃないか』と相当、怒った。(略)

とお答えになっていたものですが、あの頃と心境が変化なさっているのでしょうか?

 また、検定撤回を求めた沖縄県民大会の参加者数(主催者発表11万人)が、実際には約1万8000人だったとする調査結果も報告された。
 沖縄県民大会の参加者数の調査は、都内の警備会社が、9月30日付「琉球新報」掲載の航空写真を拡大し、1人ずつ数え上げたもの。その結果、参加者は視認可能部分で1万8179人、建物や木陰に隠れている人数を推定しても1万9000~2万人に過ぎないことが判明した。

…うわぁ、一の位まで、数えてるよ。
いや、だから、県民大会参加者=航空写真撮影時に会場内にいた人数という前提に疑問はもたないのか、と。。。

 参加者数をめぐっては日本会議熊本が、同様に琉球新報の写真をもとに1万3037人だったとする調査をまとめている。

…はぁ、日本会議熊本、ですか。で、「同様に琉球新報の写真をもとに」と記述するからには同じ写真を使っているようですが、5142人も誤差があるんですね。

 また、沖縄県警は4万人程度との見解を示しており、主催者発表の11万人という数字が誇大である可能性がさらに高まったといえる。

あのう、産経新聞さんってば10/6日の報道では

 沖縄県警は、参加者の概数を把握しているが、「警察活動の必要な範囲で実態把握を行っているが、発表する必要はない」(警備部)として、公式発表を控えている。

としつつ、匿名希望の県警幹部が4万人程度と発言したと報じたわけですが。。。公式発表が控えられている数字を「沖縄県警の見解」としてしまうことに問題を感じない報道機関の感覚ってすごいですね。

なお、歴史議連では『議論の中心メンバーによるこの日の会合では、教科書記述の見直しについて「政治介入は避けるべきだ」との意見が相次いだ』模様。

以下、追記。
[ 2007/10/18 00:00 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(16)












無料カウンター