FC2ブログ










『産経の感覚は独創的』 パート5;DVへの感覚 

 はてなブックマーク経由で、こんなエントリを拝見した。
kei999の日記」さんの2009-04-04 付「で夫から妻へのDVは「多発」してないの?

 MSN産経の2009.4.4 19:54付記事『「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発』;『東京都が男性からの相談内容を分析したところ、4割が女性から「暴力を受けた」と回答していることが4日、分かった』との記事を紹介してらして、

おぃ! 「配偶者暴力相談支援センター」だよ。 男性の配偶者は同性婚が禁じられた日本では女性だろうし、「暴力相談支援センター」だから暴力を受けて相談するのは当然だろうて。 

相談件数は56件で、このうち22件(39・3%)が女性から「暴力を受けた」と回答。えーと、この数字で「妻から夫へのDV多発」と言うからには、夫から妻へのDVの件数を出して比較すればいいのに。 なぜ書かない?

と批判し、
 MSN産経の2009.3.12 10:22付記事『DV認知件数が過去最高 殺人も77件』を引用して、

1年間で警察が認知したDV件数の被害の98・4%、2万4808人は女性だけど、これは「多発」じゃないんだ。 産経的に。

と、的確なツッコミを入れてらっしゃるエントリだ。

 東京都の配偶者暴力相談支援センターに相談を寄せた男性の4割は暴力の被害相談というのが産経の報道だ。産経の報道では男性の被害内容は詳述されるが、残りの6割はどんな相談なのかが一切触れられていない。では、元情報を確認。

 記事にあったキーワードで検索するとすぐにわかった。
東京ウィメンズプラザ:相談室案内」からリンクが貼ってある「東京都の配偶者等暴力対策」のコンテンツ内に資料があった。どうやら2009年3月31日付で公開されたらしい「「配偶者暴力被害の実態と関係機関の現状に関する調査報告書」について (Pdf)」が、それ。
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/04/05 13:30 ] 四方山話 | TB(3) | CM(10)

中国遺棄化学兵器処理事業に関する産経報道と中国紙報道の食い違い 

 産経新聞発の情報で、同様の報道が産経配信のYahooやGoo等でしか確認できない場合、その情報の信頼度はどれぐらいだと感じるだろう? 私なら、もはや習慣で保留印をとりあえずつけてしまっている。

 いつも(こちらが一方的に)情報を頂いている(けど、こちらから言及リンクのお知らせにお送りしているトラックバックは全然通らない…orz)調査会情報』さんの24日付記事によると、23日付で産経新聞からこんな報道が出たらしい。

 MSN産経 2009.1.23 01:30
遺棄化学兵器処理「ハルバ嶺」凍結 政府方針、事業費を大幅削減 (1/2ページ)
遺棄化学兵器処理「ハルバ嶺」凍結 政府方針、事業費を大幅削減 (2/2ページ)

 旧日本軍が中国に遺棄したとされる遺棄化学兵器の処理事業をめぐり、政府は、砲弾の大部分が埋まっている吉林(きつりん)省・ハルバ嶺(れい)でのプラント建設事業を今後3年間凍結し、事業規模を大幅に縮小する方針を固めた。複数の政府筋が22日までに明らかにした。ハルバ嶺の事業凍結に伴い、中国各地に散在する小規模発掘事業での砲弾回収・無害化作業を先行実施する。これにより事業費は10分の1ほどに縮小される可能性もあり、実態が不透明だとの批判が出ていた処理事業は大きな転換点を迎えた。
(中略)
 処理事業は平成11年度から始まり、19年度までに約540億円が投入されている。(略)施設建設費だけで2000億円以上の出費が見込まれていた。
(中略)
 与党内などから今後、日本側の負担がどこまで膨らむのか分からないという批判が出たことを受けて、政府は20年3月で処理機構との契約を打ち切るとともに事業計画を再検討。「ハルバ嶺の巨大施設建設には合理性がない」と判断し、当面の事業凍結と事業規模の縮小方針を決めた。

 この記事は、この問題に取り組んでいるらしい戸井田とおる衆議院議員のブログ;1月23日付エントリによると、一面トップだったとのこと。

ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/01/24 12:48 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)

『ま・た・産・経・か』タグ追加祝(推定)を受け取りました 

 猫まっしぐら(^^; …こほん、『ま・た・産・経・か』というタグを、つい一昨日追加したのだが、早速新たなエントリを追加できる運びとなった。「正論」に「八木秀次氏」、最強の取り合わせである。

 MSN産経 2009.1.14 02:40『【正論】高崎経済大学教授・八木秀次 村山談話に乗っ取られる日本
笑劇 衝撃のタイトルだけで笑いをとる高度な芸が、相変わらずだ(^^;
以下、強調している部分は引用者による。

 田母神俊雄前航空幕僚長の論文問題は、同氏が校長時代に設置した統合幕僚学校の「歴史観・国家観」講座の講師人選の見直しに発展している。この講座は自衛隊の幹部研修機関である同校の課外講座だが、講師の人選が保守派に偏っていると『しんぶん赤旗』などが執拗(しつよう)に問題にしていた。

…保守派だから問題なのではないのだが。。。
ちなみに、
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/01/15 00:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(6)

誤報なのか恣意的曲解報道なのか捏造報道と表現すべきか 

1;
 2008年12月17日 21:04付で、MSN産経が「南京大虐殺記念館、信憑性乏しい写真3枚を撤去」と報じ、19日 03:59付でMSN産経が『【主張】南京大虐殺記念館 問題写真撤去を第一歩に』との社説を公表し、記念館側から、記念館の新館オープン以来写真の撤去は行っていないとの抗議を受ける(当ブログ12月20日付「産経の報道を信じるか、産経に報じられた側が報道を捏造と指摘した抗議を信じるか 」および21日付「産経新聞19日付「主張」欄における南京大虐殺記念館の三枚の写真撤去報道に対する記念館側の言い分」)

 その後、南京大虐殺記念館に挙げられた続報は12月30日付の「日本南京大屠杀60周年全国联络会对产经新闻社不实报道提出严正抗议 (日本の南京大虐殺60周年全国連絡会は産経新聞社の事実と異なる報道に厳正な抗議を提出する)」という、住田良能・産経新聞社長宛の抗議文で、産経からレスポンスがあった情報は、記念館にも産経の報道でも見当たらない。
 産経側が、自分たちの出した報道が事実に基づく正確なものであると、そう判断できる根拠を添えて、記念館側に反論している様子が見当たらないのは不思議でならない。

 いわゆる「だんまり」というやつだろうか?



2;
 MSN産経 2009年1月1日 2009.1.1 01:20 『桂三枝さん、師匠の名跡「桂文枝」襲名へ きん枝さんも「小文枝」に
 MSN産経 2009年1月1日 2009.1.1 01:20 『文枝、小文枝 “ダブル襲名”が落語ブームを盛り上げる
…ところが。





 日刊サイゾー 2009年1月7日 『産経新聞の大誤報! 桂三枝の「文枝」襲名は事実無根だった
 さらに、(前後するが)三枝師匠ご本人のブログ、1月1日14:59付のエントリ;『ビックリ』によると、

 確かに記者さんに会って襲名について聞かれましたが、(中略)所属のよしもとの同意も得ていないし、相談もしていないし、まったく話のすすんでいないことです。と申し上げたのですがあのような記事が出てビックリしています。(後略)



3;
dj19の日記」さんの1月9日付エントリ「「韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発 NYT紙」と産経が捏造」が公開。

ニューヨークタイムズ紙の原文ではEx-Prostitutes(元売春婦)となっているのに産経が勝手に慰安婦(Comfort Woman)と誤訳して捏造、誤誘導をしています。
(中略)
原文に1カ所「comfort women」が使われている箇所がありますが「彼女たちは従軍慰安婦と自分達を比較し補償と謝罪を求めている。」という文脈で使われています。(後略)


 「慰安婦」という言葉が一般に当時の娼妓を指すとの意見を目にすることは、あるにはある。しかし、私の見てきた範囲では、わずかな例外が存在するにはするものの、「従軍慰安婦」と比較する意図を持ってそういう用法になっていることがほとんどだった。この内容であえて「慰安婦」と表現するのは、恣意的だろう。やっしゃんも指摘しているとおりNYTの記事の表現は「Ex-Prostitutes」(元売春婦)であり、「comfort women」(慰安婦)ではない。
 いろいろと前歴のある新聞社だし。

 さて、このNYTの報道魚拓の1ページ目魚拓の2ページ目。韓国や中国でも反響が大きいようだ。

[ 2009/01/09 20:00 ] 四方山話 | TB(4) | CM(9)

産経新聞19日付「主張」欄における南京大虐殺記念館の三枚の写真撤去報道に対する記念館側の言い分 

(22日、加筆有り)

 南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)が、産経新聞19日付「主張」欄にて、報じられた内容が捏造だと抗議している件について、メモ(の続き)。

 産経の「主張」(2008.12.19 03:59)では、「連行される慰安婦たち」とされる写真をはじめ3枚の写真について

日本の外務省は同記念館が南京事件から70年にあたる昨年12月に再オープンして以降、この3枚を含む複数の写真について、史実に反するなどとする日本の学問状況を非公式に中国に伝えてきた。

「連行される慰安婦たち」以外の二枚について、19日の主張内では明記がないが、これに先立つ17日の報道で「連行される慰安婦たち」「日本兵に惨殺された幼児たち」「置き去りにされ泣く赤ん坊」と明記されている。

 19日夜に、記念館側が産経「主張」の内容が捏造だとして抗議声明(2008年12月19日 19时50分)を出し、日本語の情報としては、サーチナニュース『南京大虐殺記念館が産経新聞に反発「写真撤去はない」』(2008/12/20(土) 11:09配信)とレコードチャイナ『記念館が「信ぴょう性乏しい写真撤去」報道に反論―中国』(2008-12-20 11:28:55 配信)が伝わる。

 20日夜になって、記念館の朱成山館長の見解を、中国語紙が2社報じている。
中国新闻网 2008年12月20日 20:23付
朱成山驳日媒:三历史照片从未纳入南京大屠杀展
内容を、自動翻訳複数にかけて、原文と見比べて、表現を調整したメモとして保存。

 産経報道と、記念館の抗議声明を紹介した後で、
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/12/21 16:06 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(10)

産経の報道を信じるか、産経に報じられた側が報道を捏造と指摘した抗議を信じるか 

(21日、1:45追記有り)

 メモ(^^;

17日。
 21:04付で、MSN産経が、「南京大虐殺記念館、信憑性乏しい写真3枚を撤去」として、

 中国・南京市にある南京大虐殺記念館が、信憑(しんぴょう)性が乏しいと指摘されていた写真3枚の展示を取りやめたことが17日、政府関係者の話で明らかになった。「連行される慰安婦たち」「日本兵に惨殺された幼児たち」「置き去りにされ泣く赤ん坊」の3枚で、日本の研究者らは南京事件と無関係だと指摘していた。(後略)

と報じていた。(強調は引用者による)

 いきなり、少し脱線してしまうが、この記事にに付いた「はてな」のブクマコメで、「はてなリング ー 歴史修正主義に反対します」に言及する人がいたり等々で、こそっと(でもなく?)興味深く見ていた(^^;

 一方、なんだか不可解なコメントもついてたので、どういう意味だろうと不思議に思っていた。産経新聞記事に共感を持っていると覚しき立場から「修正主義」云々書いている人が結構いて、何を意図したコメントか解らなかったのだ。すると、

D_Amon [歴史], [南京事件] 歴史修正主義批判は歴史の修正に対する批判ではなく、歴史の捏造・歪曲・否定に対する批判であって、学術的手順を踏まえた修正は当然のことなのに、それを理解していない人が存外多いことがブクマコメから分かる。 2008/12/18

hokusyu [歴史認識], [南京事件], [歴史] ↓研究の進展による「修正」は「歴史修正主義」とは呼ばないの。/ていうか、南京事件に無関係だから撤去したわけであって、信憑性関係ないじゃん!何だこのタイトル。http://www.nextftp.com/tarari/nanshi/nanshibakugeki1.htm 2008/12/18

…そういう「修正主義」に対する理解をしている人がいるとはそもそも思っていなかったので、なんのこっちゃと不可解だった点がようやく腑に落ちた(^^;
「研究が進展した成果による修正」と「歴史修正主義」を混同する人もいるのか、と。
 D_Amonさん、hokusyuさん、ありがとうございました、と秘かに感謝しつつ。
と書いておきたかったのが脱線の目的だった(^^;

 18日。
Apes! Not Monkeys! はてな別館」さんの「産経新聞の「捏造」」が公開。
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/12/20 12:54 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(5)

『産経の感覚は独創的』 パート4 

 MSN産経2008.12.18 08:22付『【紙面批評】関西大学教授・木村洋二「田母神論文、メディアは多角的議論を」』の一節。

 常識の欠落といえば、いちばん大切な常識を欠いているのは、日本のメディアではないだろうか。なにしろ、この国はよい国だ、誇りをもって守りにつこう、と主張した「航空幕僚長」、他国なら「空軍司令官」に相当する人物が解任されても、平気というより当然という顔をしている。

…いや、「この国はよい国だ、誇りをもって守りにつこう」とだけ、主張したのなら更迭されないから。それを主張するために、コミンテルンの陰謀とか、常識の欠落した根拠をもってきたからだから。

 と、取り急ぎ突っ込まずにはいられない文章でした。

 なお、この文章の冒頭にはこうある。

 昔から、医者と坊さんと先生は人格ができない、といわれてきた。「先生」たちは、ヨイショはされても本当のところは言ってもらえないので、自分の欠点を学習しにくいのであろう。

執筆者は、関大社会学部の教授だそうな。そして、日本笑い学会の副会長のお一人のようだ(参考)。
 …あ~、「先生」でいらっしゃいますね。

 なんで、こんな後頭部直撃ブーメランの記事をわざわざのせるのだろう? 産経って。
独創的な感覚だ。
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/12/18 17:54 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(6)

台湾立法院にて採択された「慰安婦」謝罪要求決議文 

 しばしば参考にさせていただいている「中国女性・ジェンダーニュース+」の遠山日出也様より、決議文の在処を御教授いただいたので、掲載。
 決議文の在処は台湾立法院のトップページの比較的下の方にある、「各單位」の「議事處」の「第7屆第2會期通過議案(リンク先はPDF)」とのことだった。

 この「中華民國 97年11月 11日」付の「立法院第7屆第2會期通過之議案」では、

一、法律案 8件
二、決算案 2件
三、同意權行使事項 1 件
四、其他議案 3件

と列挙されている「四」の三番目にあるものが、それ。

 以下に引用して、遠山日出也様に頂いた訳を元に、これまでの報道の紹介で使った文章にあわせて表現を微調整した訳を添えて保存。

3、委員黃淑英、楊麗環、清、潘孟安等28人,建請本院作出如下決議:「要求日本政府以清楚且不曖昧的態度,正式地承認、道歉且接受戰時日軍性奴隸制度的歷史責任,對受害倖存者進行直接謝罪和賠償,以利早日回復慰安婦受害者的名譽和尊嚴,遵守聯合國人權委員會建議,且教育這一代和下一代有關這段正確史實」,請公決案。

 3,委員の黃淑英、楊麗環、清、潘孟安等28人は、以下の決議案を作製して本院に上程した;「(略、通過決議と同じ」、そして採択を求めた。

97.11.11.第8次會議

決議:日本政府應以清楚且不曖昧的態度,正式地承認、道歉且接受戰時日軍性奴隸制度的歷史責任,對受害倖存者進行直接謝罪和賠償,以利早日回復慰安婦受害者的名譽和尊嚴,遵守聯合國人權委員會建議,且教育這一代和下一代有關這段正確史實。

 決議:日本政府は、はっきりとした曖昧でない態度でもって、戦時日本軍性奴隷制度の歴史的責任を公式に承認して謝罪し、責任を引き受け、被害を受けた生存者に直接の謝罪と賠償を行い、一日も早く「慰安婦」被害者の名誉と尊厳を回復し、国連の人権委員会の勧告に従い、今の世代と次の世代に正確な史実を教育するべきである。



[ 2008/11/16 16:40 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

教科書検定関係、最新の動向(2008年10月15日) 

 昨年の今頃は、高校教科書への沖縄戦「集団自決」で軍強制の言及を削除した教科書検定に関したエントリをたくさん上げていた。その後、検定意見は撤回しないままで、「軍強制」の記述そのものは復活させない記述修正があって、その後の話はほぼ膠着状態であると認識していたので、エントリにはしてこなかった。
 本日、二件ほど気になるところが出ていたので、久々に教科書検定関係のエントリ。
 沖縄タイムス 2008年10月15日【朝刊】『1社、再訂正を検討/「集団自決」記述/執筆者間で方針確認』より、

教科書執筆者らでつくる「社会科教科書懇談会」は十四日、都内で第六回会合を開き、沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」をめぐる記述の再訂正申請について協議した。
(中略)
 会合には五社のうち四社の関係者が参加。執筆者で方針を確認した一社も会社側は「検討中」との考えで、再訂正申請の最終的な合意は得られていないという。

 同社の執筆者は「強制性を明確にするようあらためたい。少なくとも『強制集団死』を注釈に入れたい」とし、「昨年九月の県民大会などで抗議の声が上がったことも盛り込みたい」と話した。そのほかの三社は(略)現状が報告されたほか、他社が申請するのであれば同調したいとする考えもあった。(後略)

 その他、検定制度の改革における執筆者の守秘義務を容認しないことを確認し、31日に出る「集団自決」訴訟控訴審の判決内容を踏まえて次回11/15日会合で対応を協議するとか。

 そして、見て思わず「はぁ?」となったもう一件。
…(ニュアンスはともかく)こういう報道をきちんとしてくれる産経に、ある種の感謝はしている次第である。
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/10/15 12:30 ] 四方山話 | TB(2) | CM(12)

「慰安婦」問題に関連した情報二つ(2008年9月23日分) 

 タイトルをみると一見、「慰安婦」問題関連に見えなかったが、レイバーネットに興味深い記事があったのでお持ち帰り。

2008-09-22付『死ぬな!辞めるな!闘おう!通信~プレ企画開催される

 略さず書くと「日本と世界 10/19反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 9・20プレ企画」という企画だそうで、「人事交流=強制配転に反対する近畿郵政労働者の会」という組織が主催して9月20日に開催されたそうだ。ここで、戸塚悦朗氏による「『戦後責任を問う』-日本軍『慰安婦』問題」と題された講演が行われたとのこと。
 当エントリでは、上記の記事で紹介のあった「非正規労働者を抜きにして立ち行かない郵政4会社の実態と劣悪な労働条件・賃金体系に押し込められている非正規労働者の実態」報告は、上記にアクセスしていただくとして、戸塚氏の講演だけ引用させていただくこととする。

 「慰安婦」被害者らが声を上げた当初、日本政府はじめ旧軍関係者らは「単に朝鮮を始めとする国々の女性が日本軍を相手に自発的に売春を行ったものである」と主張し責任から逃れようとしたものの、まっとうな歴史研究者や市民運動家らの尽力によって、『被害者の証言を裏付け日本軍自らが「慰安所」を経営していた事実を明らかに』なってきた。そして、それらの事実が知れ渡るにつれ(ついでにそれを無かったことにしようとする言説が裏目に出まくったこともあって)日本政府が責任をとるべきとの国際世論の圧力が強まり、各国で「慰安婦」謝罪要求決議が相次いで成立した言及の後にこう続く、
[ 2008/09/23 20:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(12)












無料カウンター