FC2ブログ










「クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)」の署名式が3日オスロにて 

 クラスター爆弾を正当化する軍事思想がある。多数の子爆弾を広い範囲にばらまき、その地域を制圧する。市民をも標的とする無差別攻撃が戦勝に役立つという戦略だ。市民に恐怖感を広げ、戦意を失わせるテロリズムである。敵国を「文明化されていない劣った人々」と蔑視する差別意識が背景にある。

 米軍が日本空襲で使った焼夷弾もクラスター型の兵器だった。ベトナムからアフガニスタン、イラクと世界中で使われた。不発弾にさわっただけで手足をもがれ、命を失う。爆撃を命じる将軍や政治家は、子供の苦痛は想像しない。(中略)高空から見えない地上の人々を破壊する将軍の視点を否定し、名もなき死者が最後に見た家族やふるさとの緑、空の青さを想像する。それが、爆弾を禁止する市民の視点だ。

 20世紀は、戦争を制限する国際法に取り組んだ世紀でもある。戦闘の手段や方法はもはや国家が勝手に選べない。たとえば、発効から30年たつジュネーブ条約第1追加議定書は住民と軍事目標を区別しない無差別攻撃を禁止した。
 この国際法の原則をクラスター爆弾に適用し禁止する。
(略)
 人間は愚かな戦争を繰り返した。だが、誤りを防ぐ意志も持つ。「共同の意識」と死者の側に立つ想像力が21世紀の平和をつくる。


 田母神問題の報道を見て回っていた折に、田母神前空幕長が日本本土防衛のために必要と主張していたクラスター爆弾に関して、日本は福田首相の元で禁止条約に同意していたことを知った。その禁止条約の署名式が、3日からオスロで行われたそうだ。
 3日の夜までに日本を含む92カ国が署名し、続く4日にも署名式は行われて、最終的には100ヶ国以上が署名したという。

 有志国と非政府組織(NGO)が主導する軍縮条約としては、対人地雷禁止条約(99年発効)に続き2例目。「市民主導の軍縮外交」が新たな地平を切り開いた。
(略)主催国ノルウェーのストルテンベルグ首相が「クラスター爆弾が永久に禁止されることを確認する日になる」と開会を宣言。同国に続き、条約作りに尽力したニュージーランド、アイルランド、オーストリアなどが署名。中曽根外相も署名した。
(略)
 ノルウェーとアイルランド、バチカン市国の3カ国は3日の署名式で、同条約の批准書を国連に手渡した。対人地雷禁止条約は発効まで1年3カ月かかったが、今回は来年にも発効するとの見方が出ている。


 条約に参加していないのは、アメリカ、ロシア、中国、イスラエル、韓国、北朝鮮、ポーランドなど。「署名式参加国でもロシアに対する安全保障上の懸念を持つフィンランド」も署名を見送ったという(上記の二つめに引用した毎日新聞報道より)。中国も「解決に努力する」とは発言しているらしい(サーチナニュース 2008年12月4日『クラスター爆弾禁止:中国「解決に努力」も署名はせず』より)

 米国務省は「同爆弾の製造・保管・使用を包括的に禁止する条約は、米国や同盟国の兵士の生命を危険にさらす」として改めて不参加の方針を表明した。
(略)
非政府組織「クラスター爆弾連合(CMC)」のメッテ・エリスッセンさん(43)は本紙に電話で「同爆弾は依然として使用されている。条約の署名国を増やすことで“非人道兵器”という烙印(らくいん)を押したい」と語った

(MSN産経2008.12.3 19:02『クラスター爆弾禁止条約、オスロで署名式 (2/2ページ)』より一部)
一方、

 3日の署名式では、米軍主体の国際治安部隊(ISAF)が展開中のため、被害国でありながら署名しないと見られていたアフガニスタンが方針を転換して署名した。また、シエラレオネが即日批准の手続きを取ったと表明し、これで批准は4カ国となった。

(毎日新聞 2008年12月4日 11時10分『クラスター:禁止条約署名92カ国に』より一部)
日本の場合は、
[ 2008/12/04 17:26 ] 四方山話 | TB(3) | CM(4)

田母神氏@外国特派員協会、その後(追記有) 

 魚拓その他保存w
後で、整理できれば、、、いいなぁ (<-無理(^^;)

 中国新聞ニュース12/2付
「この人が空自トップ?」 驚き、あきれる外国人記者
 外国特派員協会での田母神氏の講演には200人以上出席者があって、外国人特派員や日本人ジャーナリスト20人ほどとの…「あなたの考え方は、自衛隊内で多数派なのか」等を初めとする質疑があったとか。

(略)田母神氏は自衛隊を「言論弾圧社会」と表現。「(隊員は意見を)表明できないが、多数は支持していると思う」と胸を張った。

 講演後、取材に応じた、香港のフェニックス・テレビの記者李〓り・びょうさん(33)は「このような人が、自衛隊のトップにいたこと自体が驚き。日本で本当にシビリアンコントロール(文民統制)が機能しているのか疑問だ」と感想を述べた。

 「論文も引用が多く素人の文章で(懸賞で)なぜ高く評価されたのかわからない。自衛隊員の多くがこうした考え方を持っているならば、驚きだ」とした上で「日中の信頼醸成に悪影響を及ぼす」と強調した。

 「シンガポールビジネスタイムズ」特派員の英国人記者アンソニー・ローリーさん(69)は「正しい歴史の知識を持っているとは思えなかった」と首をかしげた。

 米国人ジャーナリストのサム・ジェームソンさん(72)は「集団的自衛権の行使容認など、賛成できる部分もあるが、戦前の日本の行動がすべて正当だったかのように述べる彼の議論は、あまりに一面的。米国人は、相手にしていないだろう」と突き放した。


 田母神氏の発言は、JCASTニュース12月1日付『核攻撃「やられれば、やる」 田母神氏持論を改めて主張』に詳細。MSN産経 2008.12.1 21:03『間違った歴史観、自衛隊行動の制約に 田母神氏が講演』も、一応、面白いのでURLを保存。

で。

[ 2008/12/02 20:00 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(8)

朝まで生テレビ、テーマは「田母神問題と自衛隊」 

 井上さとし議員がメルマガで、既に話題になっている28日深夜に放映される朝生の出演者情報を流してくださったので、急いで広報(?)(^^;

というのは、共産党の井上議員がパネリストとして出演するのだそうで(期待^^)。
他には、国会議員では、自民党から平沢勝栄議員、民主党から浅尾慶一郎議員、社民党から辻元清美議員。

そして、「東大大学院教授の小森陽一氏、姜 尚中氏、軍事評論家の田岡俊次氏、拓殖大の森本敏氏、文芸評論家の西尾幹二氏、ジャーナリストの花岡伸昭氏、元防衛庁広報の潮匡人氏、元自衛官でシンガーソングライターの沙織氏など」とのこと。

 最後に「など」があるところを見ると、他にも出演者がいるのかな?
なかなか豪華なメンバーのようで。




追記; コメント欄でグリフィンさんからチャンネル桜の水島氏も出演と御教授いただきました。
ありがとうございます。

[ 2008/11/27 12:53 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(6)

田母神問題、その後 

 「しんぶん赤旗」 2008年11月22日(土)付
自衛隊統幕学校 「歴史観」講師見直し 防衛相表明 “適切でなかった”』によると、21日の記者会見で(田母神前航空幕僚長更迭で、どこかの人達から罷免要求署名活動をされているらしい)浜田靖一防衛相は、

田母神俊雄前航空幕僚長が統合幕僚学校長時代に新設した「歴史観・国家観」講義の講師選定について「適切であったと判断することはなかなか難しいのではないか」との認識を示しました。(略)
 防衛省は、日本共産党の井上哲士参院議員の再三にわたる追及を受け、「歴史観・国家観」講義の講師名を一人を除き公表。(略)井上議員は国会質問で「第二、第三の田母神氏をつくる仕組みは残っている」と批判。幹部教育の是正を強く求めていました。

(強調等は引用者による、以降も同じく)
と、「より幅広くバランスのとれた適切な教育を実施し得るように、講師の選定も含めて、課目『歴史観・国家観』の見直しについて検討していきたい」と述べたそうだ。

 では、その浜田防衛相が「適切であったと判断することはなかなか難しい」と表現せざるをえなかった講師陣とは?

 毎日新聞 2008年11月20日 東京朝刊 『防衛省:幕僚学校「歴史観」講座、「つくる会」関係者3人』によると、防衛省が19日に公表した『田母神・前航空幕僚長が統合幕僚学校長時代に新設した同校講座「歴史観・国家観」の講師名と講義の概要』は、

08年度の講義には「現在の日本の歴史認識は歪曲(わいきょく)」など田母神氏の論文に近い内容が含まれており、主な講師4人のうち3人は「新しい歴史教科書をつくる会」関係者だった。

 同省は03年度から今年度までの講師のうち同意を得られた人の名前を公表。「つくる会」副会長の福地惇・大正大教授▽同会理事の高森明勅・日本文化総合研究所代表▽同会ホームページで賛同者と紹介された作家の井沢元彦氏▽坂川隆人・元同学校教育課長--の4人で、ほとんどの講義を担当していた。


[ 2008/11/22 08:47 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(18)

(続)魚拓その他資料保存;田母神「論文」問題  

 11月12日付の共同通信「米紙、田母神氏の国会招致を報道 真珠湾攻撃謀略説を紹介」にて、ワシントンポストがこう報じていたと記事にしていた。

田母神氏が論文に「日本はルーズベルト(米大統領)の仕掛けたわなにはまり(1941年の)真珠湾攻撃を決行することになる」と記したことを紹介した。
(略)日本が安倍晋三元首相の下で「従軍慰安婦に対する従来の謝罪を取り下げた」などと伝えた。

…驚いた。前半はともかく、後半は誤解だろう。安倍元首相は、かなり不本意そうにしか見えなかったが、一応、河野談話を堅持する立場はとっていたはずだ(その周囲に問題があっても)

 そこで、元情報を確認してみた。
Washingtonpostの11月11日付「Japanese General Defends Revised Version of WWII」の、該当箇所はここだろう。

Under Prime Minister Shinzo Abe, who served one year before abruptly quitting in September 2007, Japan backed away from its previous apologies to the "comfort women," the term used for the 50,000 to 200,000 Asian women forced by the Japanese government into brothels before and during World War II.
 約1年前の2007年9月まで着任していた安倍晋三元首相の政権下で、日本は、「慰安婦」に対する従来の謝罪から立場を後退させた。「慰安婦」とは第二次世界大戦前と大戦中に、日本政府によって売春宿での勤務を強いられた50,000から200,000人ものアジア女性たちを指す語だ。

Abe, who had strong support in the nationalist wing of the ruling party, said there was no documentation proving that the Japanese military coerced Asian women into becoming prostitutes. His statements pushed the U.S. House of Representatives to pass a resolution calling on Japan to apologize for its treatment of the sex slaves.
ad_icon
 与党内の国家主義者達から強く支持されていた安倍首相は、日本軍がアジアの女性たちに売春婦になることを強制した事を証明する文書はないと発言した。彼の発言は、アメリカ下院による、日本に対する、性奴隷制への謝罪を求める決議を可決させる後押しになった。

Studies by the Japanese government itself have uncovered more than 100 documents showing Japanese military involvement in the building of brothels and the recruitment of women, according to a 2006 report by the Congressional Research Service.
 議会調査局による2006年レポートによると、日本政府自身による調査によって、売春宿の建設と女性の徴発への日本軍関与を示す100以上の文献が発見されている。

Also under Abe, the government tried to whitewash the history of the war as taught in Japanese public schools. In 2007, the Education Ministry deleted references in textbooks to orders by the Japanese military in 1944 that civilians in Okinawa commit mass suicide rather than surrender to invading U.S. forces.
 安倍政権下でも、日本の公立学校で、戦争についての歴史教育を取り繕おうとする試みがあった。1944年にアメリカ軍が沖縄に侵攻した際、日本軍により発せられた、沖縄の市民は降伏するより集団自殺するようにという命令があったという記述を、2007年に文部科学省は教科書から削除した。

Courts here have since recognized the military's role in wartime mass suicides on the island, and textbooks have been rewritten to acknowledge that fact.
 裁判所は、戦時の集団自殺における軍隊の役割を認め、教科書はその事実を認識するために書き直された。

[ 2008/11/15 00:00 ] 自爆史観 | TB(5) | CM(6)

台湾立法院にて、「慰安婦」謝罪要求決議採択 

(11/11午後に暫定アップ、12日に加筆等有り)

 台湾の国会にあたる立法院にて、「日本軍慰安婦」被害者への謝罪と賠償を求める決議案が、11日午前9時55分に、全会一致で採択とのこと。エントリを暫定アップした時点から、決議文のそのものを探しているが、未だネット上では見つけることができない。しかし、報道から推して、歴史教育まで要求した、かなり厳しい内容だったようだ。
 …今のタイミングということは、田母神前航空幕僚長の論文や、実は自衛隊で靖国史観教育をしていたような報道も出ていたわけで、田母神しの後押しによる「全会一致採択」かもしれないという推測は、あり得るかもしれない。

 そして、この度の台湾立法院決議の注目度が高くて、各国決議の度ごとに報道を探して回る私としては、かなり驚いている。主要国内紙はほぼ全て報じているし、非常にたくさんの地方紙も共同配信記事を報じている。ちなみに、MSN産経は、少なくとも今のところ報じていないようだが、こう徹底されると微笑ましい気分すらしてくるけど、多分勘違いだから控えなくてはと思ってしまった

 以下、気付いて拾った順で、国内報道を列挙。
 共同通信 2008/11/11 13:50 
台湾、慰安婦で日本に謝罪要求 立法院が決議」より、元もと短い報道だけど一部引用。

決議案は超党派の立法委員(国会議員)らが提出。同委員の1人は「決議が現在の日台関係に影響するとは思わない。慰安婦だった女性はいずれも高齢で、1日も早く日本政府に謝罪してほしい」と述べた。



 時事ドットコム2008/11/11-12:24 
慰安婦問題で日本は賠償を=台湾立法院、決議採択」より一部。

(略) 超党派の女性議員や元慰安婦の台湾女性らが立法院に提出した決議文は、台湾の旧日本軍が大戦中、慰安婦を従軍させたことを「性奴隷制度」と批判するとともに、元慰安婦の名誉と尊厳を回復するよう要求。「日本政府はきっぱりとした態度で歴史的責任を認めるべきで、謝罪と賠償を求める」としている。
 元慰安婦の女性(92)は同日、台北市内で記者会見し「決議が採択されて安心した。立法委員(議員)の努力に感謝する」と述べた。



 asahi.com 2008年11月11日19時4分 
元慰安婦への謝罪・賠償求める決議採択 台湾立法院」より一部。

(略)
 決議案は、与党国民党と野党民進党の議員らが共同で提出。旧日本軍が台湾の慰安婦を従軍させたことを批判したうえで、「年齢が80~90歳に達しており、彼女らの生存中に名誉と尊厳を取り戻して問題を徹底的に解決するため、日本政府は補償措置を取るべきだ」としている。(後略)



 読売新聞2008年11月11日20時43分
台湾の立法院、慰安婦問題で日本に謝罪要求決議」より一部。

(略) 
 決議案は、与党・国民党、野党・民進党の女性議員らが提出。決議は慰安婦問題を「性奴隷制度」として批判、日本政府に対し史実として教育していくことも求めた。

 決議に法的拘束力はないが、日台関係に微妙な影響を与えることも予想される。

短い記事だが、最後の1行を入れずにいられないところが、読売らしいといえるかもしれない。そして説明なしに、『「性奴隷制度」として批判』とわざわざ書いているところが、らしい、ような。

 毎日新聞 2008年11月11日 22時03分
台湾:従軍慰安婦問題、賠償求める決議 立法院が採択」より一部。

(略)
決議案は与党・国民党と野党・民進党の立法委員(国会議員)が共同で提出した。日本政府に対し「従軍慰安婦問題についてあいまいな態度をとらず、謝罪し、日本軍の性的な奴隷制度の歴史的責任を認めるべきだ」と主張、「正確な史実」を後世に教育するよう求めている。

 台湾ではこれまでも、従軍慰安婦だったと名乗る女性や支援者が抗議行動を続けてきた。(後略)

他に表現の仕様もあるだろうに、「従軍慰安婦だったと名乗る女性」とは微妙な底意を感じさせる表現を使うものだ。

 国内紙の各報道を読み比べると、決議が要求するアウトラインはおぼろげに見えるが、日本語で読める報道で一番情報がまとまっているのは、2008-11-11 21:21:37 配信のレコードチャイナ、
<慰安婦>日本に公式謝罪と賠償を要求、議会が決議―台湾」より一部。

(略) 台湾立法院は、日本政府がはっきりとした態度で公式にこれを認め、大戦中の日本軍に「性の奴隷」として扱われた元慰安婦への直接謝罪と歴史的責任を全うするよう求めている。今回、提案書を提出したのは、党派を超えて集まった女性立法委員(議員)ら23人。提案書は、第2次大戦中に日本軍が植民地や占領地で若い女性や少女を強制または騙して召集し、軍の性的奴隷として性的サービスを強要したと指摘。だが、日本政府はいまだに政府名義の謝罪と賠償を拒んでおり、被害者は心の傷を抱えたままだ、と批判した。 (後略)



 ちなみに、今回の決議に先だって出ていた報道。
The Taipei Times, Nov 08, 2008「Rights group urges Japan to apologize to comfort women

Taiwan News「Taiwan Legislative Yuan expected to approve resolution on comfort
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/11/12 00:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(4)

魚拓保存;田母神「論文」問題 

 本日午前中に、田母神・前航空幕僚長が国会に参考人招致されているときく。
田母神氏本人も気合い十分で臨んでいるやりとり、MSN産経が、せっせと記事に上げていたので、これは保存して置こうとおもったら。。。まぁ、魚拓保存一番乗りしたといって、何か勝ち誇るような話で無し(<-何で、わざわざ書いているんだろう?)。他人様のおとりになった魚拓だろうが何だろうが、ありがたく頂いてきた。

 MSN産経2008.11.11 11:21付で
『「後世の歴史の検証に耐えうる質疑をお願いする」委員長冒頭発言で』と題されているもの。
【田母神氏招致・詳報】(1)1/7ページ
【田母神氏招致・詳報】(1)2/7ページ
【田母神氏招致・詳報】(1)3/7ページ
【田母神氏招致・詳報】(1)4/7ページ
【田母神氏招致・詳報】(1)5/7ページ
【田母神氏招致・詳報】(1)6/7ページ
【田母神氏招致・詳報】(1)7/7ページ

『「論文いささかも間違っていない」』と題されているもの。
【田母神氏招致・詳報】(2)


…前置きの見事なブーメラン芸に始まる、フルアクセルの見事な芸を見せていただきました。
自力で突っ込むのが面倒になりましたので、魚拓の保存だけにしてしまおう(^^;

 参考;東京新聞2008年11月1日 朝刊
 「『小学校から勉強を』 「低レベル」論文内容 識者らあきれ顔」より
[ 2008/11/11 17:43 ] 自爆史観 | TB(10) | CM(12)

自爆史観の面目躍如たる出来事が二件 

  「日本が侵略国家だったとはぬれぎぬだ」等を主張する論文で、アパグループ第一回「真の近現代史観」懸賞論文に応募し、渡辺昇一・審査委員長や花岡信昭氏を含む審査員による、(推定)厳正な審査の結果、最優秀賞を受賞したことが31日に明らかになり、その日の21:20頃には、浜田靖一防衛大臣により更迭が公表された田母神俊雄航空幕僚長(当時)といえば。

 不発弾による深刻な人道被害が問題となっているクラスター爆弾の禁止を目指した「クラスター爆弾禁止リマ会議」会期中に、日本国民が被害を受けようが、国土が占領されないためにクラスター爆弾を海岸線に設置して敵の上陸を防ぐべきという発言をし、

 空自の准曹士先任制度スタートの挨拶で「東京裁判やいわゆる南京大虐殺にも触れながら戦後教育の危うさや自虐史観を指摘」し、

 名古屋高裁から、航空自衛隊のイラク空輸活動を違憲とした判決が出た際には、「そんなの関係ねえ」と発言した人物ではあり、

 林博史先生の「日本の現代史と戦争責任についてのホームページ」、「南京から― 虐殺の現場にて」の一節、

 有名な『防衛白書』一九九一年版は、「国を守る」ことについて「守るべきもの」は「国民であり、国土であると同時に、多様な価値観を有する国民にそれを実現するため、最大限の自由を与え得る国家体制であると考えるべきではなかろうか」とたいへんな内容をさらりと書いている。(略)『防衛白書』の発想は、有事立法の研究や自衛隊の戦争・作戦計画の中にも貫かれている。(略)自衛隊の頭の中には、国民を戦力としてどのように利用するのか、国民の財産(土地建物等)をどのように利用するのか、その利用に応じない“非国民”を処罰してやろう、という発想はあっても、国民の生命や生活をどのように守るのか、特に戦力にならない弱い人々(老人や婦女子など)をどのようにして保護するのか、というような発想はおよそ皆無である。

(強調は引用者による)
という記述を、ひたすら想起させる言動をとる人物ではあったが。


 この度のはさすがに、アホかと思っていたものの。
別に驚くことでもないが(という表現もどうかと思えるが)、元々そういう人物だったらしい。

ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2008/11/04 17:25 ] 自爆史観 | TB(9) | CM(10)

自衛官の皆様って、ああいう訓話を聞かされるのかと驚いてしまった 

 なんだか、また、普段見慣れないあたりに迷い込んで、拾いものをしてしまった(^^;

 私が知らないだけで有名どころなのかもしれないが、朝雲ニュースなるウェブマガジン。「『朝雲』は 自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です」なんだとか。ここのトップページからは、朝雲WEBショップなるサイトへのリンクがあり、そこでは自衛隊関連グッズ、ミリタリーグッズ、防災グッズの通販をやっているようだ。自衛隊グッズと防災グッズが並んでいるところにウケてしまったり、売っているものを物珍しく眺めたりしてしまった。
…でも、拾いものはそういうのじゃなく。


2008/4/3付の朝雲ニュースより
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/04/10 00:00 ] 自爆史観 | TB(5) | CM(22)












無料カウンター
FC2 Management